結婚式スタイル

リアルでもオンラインでも参列できる新しい結婚式サービスとは?特徴とメリットを解説

最近では、ゲストに会場に来て参列してもらう結婚式だけでなく、ゲストが会場に足を運ばなくても参列できるオンライン結婚式が増えています。

株式会社エスクリが提供する「Dimensional -Link- WEDDING」も、新郎新婦とリアルで参列するゲスト、オンラインで参列するゲストを独自のシステムでつなぐ新しいオンライン結婚式サービスです。

今回の記事では「Dimensional -Link- WEDDING」の特徴や通常のオンライン結婚式との違いを紹介します。オンライン結婚式を通じて遠方の親族や今までのお世話になった方を幅広く招待したいという方はぜひ参考にしてみてください。

新しいオンライン結婚式のカタチ「Dimensional -Link- WEDDING」の特徴

「Dimensional -Link- WEDDING」はリアルとオンラインをつなぐ新しい結婚式のサービスです。ゲストはリアルだけではなくオンラインからも参列できるため、新郎新婦はゲストにとって最適な方法で結婚式へ招待することが出来ます。

【「Dimensional -Link- WEDDING」の特徴】

  • 招待状はWeb上で出欠の返信ができる
  • ご祝儀のWeb決済が利用できる
  • プロのビデオカメラマンが撮影する臨場感溢れるLive配信を楽しめる
  • オンライン参列ゲストには料理や飲み物の宅配サービスがある

「Dimensional -Link- WEDDING」では、株式会社エスクリが自社開発したシステムを利用できるため、ゲストの出欠確認からご祝儀の管理、結婚式のLive配信、オンラインで参列するゲストへのおもてなしまで、一括管理が可能になっています。

オンライン結婚式を検討している人は、「Dimensional -Link- WEDDING」の特徴をチェックしてみましょう。

招待状はWeb上で出欠の返信ができる

招待状(WEB返信)のイメ―ジ

招待状自体は結婚式のマナーを重んじて紙で郵送します。ゲストは招待状に記載された独自の二次元コードを読み取り、Web上で出欠の回答ができます。アレルギーの有無やお酒が飲めるかなども登録できます。

ゲストの情報は結婚式準備サイト「アニクリ」に自動で登録されるため、Web上でゲスト情報を管理可能です。

ご祝儀のWeb決済が利用できる

WEB祝儀のイメージ

Web上での出欠確認だけでなくご祝儀のWeb決済も利用できます。

結婚式の前にWeb上でご祝儀の受け渡しが可能なうえ、欠席者やオンライン参列者からもWeb決済でご祝儀を受け取ることが可能です。挙式前にご祝儀を確認できるため、新郎新婦は金額に合わせた引出物の準備が可能になるでしょう。

プロのビデオカメラマンが撮影するLive配信を楽しめる

当日の新郎新婦のイメージ

プロのビデオカメラマンが撮影した本格的な映像を楽しむことができます。

ゲストは高画質な映像をPCやスマホで視聴することができるうえ、Live配信中はコメント機能やプレゼント機能を利用して新郎新婦とオンライン参列のゲストがコミュニケーションをとることも可能です。

オンライン参列ゲストには料理や飲み物の宅配サービスがある

おもてなしギフトのイメージ

オンラインで参列しているゲストも食事や飲み物を宅配するおもてなしサービスを利用できます。

【オンライン参列のゲストに送る食事や飲み物の例】

  • 和食のお重
  • 洋食オードブルのセット
  • ワインと瓶詰のオードブル
  • ノンアルコールスパークリングワインと瓶詰のオードブル
  • コーヒーと洋菓子のセット

ゲストからWeb上で事前に受け取ったご祝儀の金額帯や、ゲストの趣向に合わせて食事や飲み物の種類、ランクを選ぶことができるため、主催者である新郎新婦のおふたりはゲストの顔を思い浮かべながらどんなおもてなしをするかを考えることが可能です。

通常のオンライン結婚式と「Dimensional -Link- WEDDING」の違い

当日オンライン参列ゲストのイメージ

「Dimensional -Link- WEDDING」はオンラインで結婚式に参列するゲストの視点に立ち、「一方向配信」を基本としています。

通常のオンライン結婚式と違い、新郎新婦と結婚式場の様子をオンラインゲストが視聴できるうえ、オンラインゲストの顔が結婚式場のスクリーンに終始映し出されていることはありません。オンラインで参列する方のなかには、「自分の顔がずっと映し出されるのではないか」と不安を感じる方もいますが、そのような心配なく結婚式に参列できます。

そのため、職場の上司やお世話になった恩師など幅広い方にも、安心してオンラインで参列していただくことが可能です。事前にオンライン参列の方には、新郎新婦から事前に顔が映し出されないことを説明すれば、より安心してオンラインで参列していただけるでしょう。

当日一部双方向配信のイメージ

希望があればゲストの顔を結婚式会場で映し出す「部分双方向配信」に切り替え、オンラインゲストからのスピーチや挨拶を配信することも可能なので、当日の配信プランについては担当プランナーへにご相談ください。

また、ご祝儀はゲストが出欠席を返信する段階で事前にお贈りする流れになっており、新郎新婦は欠席者やオンライン参列者からもご祝儀をいただくことが可能です。そのため、オンライン配信の実施費用をご祝儀からまかなえる可能性もあるため、新郎新婦の持出の負担軽減にもつながります。

ご祝儀の金額の確認や管理は結婚式準備サイト「アニクリ」上でできるため、現金を手元で管理する手間もかかりません。ご祝儀の自己管理の手間を省きたい方は、是非「Dimensional -Link- WEDDING」を検討してみてください。

「Dimensional -Link- WEDDING」の利用を検討している方は、メールフォームからお問い合わせください。

「Dimensional -Link- WEDDING」を利用する新郎新婦とゲストのメリット

「Dimensional -Link- WEDDING」を利用して行うリアルとオンラインが融合した結婚式サービスには、さまざまなメリットがあります。

新郎新婦とゲストそれぞれのメリットを紹介するので、オンライン結婚式に興味のある方は参考にしてみてください。

新郎新婦のメリット

「Dimensional -Link- WEDDING」でオンライン結婚式を行う新郎新婦のメリットを紹介します。

【新郎新婦のメリット】

  • Web上の出欠確認でゲストの管理が便利になる
  • ご祝儀をWeb上で受け取れるため事前に金額を把握できる
  • 高画質Live配信を30日間アーカイブ視聴できる

新郎新婦のおふたりがオンライン結婚式を検討する際に気になるメリットについて解説するので、参考にしてみてください。

Web上の出欠確認でゲストの管理が便利になる

ゲストにWeb上で回答してもらった出欠の有無やゲストの登録情報は、結婚式準備サイト「アニクリ」に反映されます。

出欠の有無だけでなく、アレルギーの有無やアルコールが飲めるかなどの情報もあわせて回答してもらうことで、ゲスト情報の管理が便利になるでしょう。

また、Web上で出欠を回答してもらうため、返信ハガキ用の切手の準備が不要になり、費用を抑えることもできます。

ご祝儀をWeb上で受け取れるため事前に金額を把握できる

ゲストからのご祝儀をWeb決済で事前に受け取ることで、結婚式前にご祝儀の金額を把握できます。そのため、新郎新婦はご祝儀の金額に合わせて引出物や宅配の食事のランクを決めることも可能です。

また、結婚式を欠席するゲストからもご祝儀をいただける可能性もあり、事前に受け取ったご祝儀は婚礼費用に当てられるため、結婚式までのキャッシュフローの良化に繋がるでしょう。

その他にも、Web決済で事前にご祝儀を受け取ることで、結婚式会場の受付でご祝儀を受け取る手間や管理の負荷を軽減できるというメリットもあります。

高画質Live配信を30日間アーカイブ視聴できる

プロのビデオカメラマンが撮影した結婚式のLive配信映像は、結婚式が終わった後30日間、新郎新婦のみアーカイブを視聴することができるため、新郎新婦は当日を振り返りながら高画質の結婚式映像を楽しむことができます。

また、結婚式当日は幅広い層のゲストにLive配信を通して参列してもらうことができ、Live配信中もコメント機能を利用して新郎新婦とゲストのコミュニケーションを取ることが可能です。

もちろん、オンラインで参列しているゲストからの主賓挨拶やスピーチを受ける場合は、オンラインゲストの映像を結婚式場で映し出す「部分双方向配信」の機能が利用できます。

ゲストのメリット

「Dimensional -Link- WEDDING」のサービスを利用した結婚式に参列するゲストは、リアルとオンラインのどちらかで参列するかを選ぶことができます。オンラインでも楽しめる工夫が用意されているため、オンライン参列のゲストも結婚式会場の雰囲気を味わえます。

【ゲストのメリット】

  • 招待状をWeb上で返信できるため返信ハガキの投函が不要になる
  • ご祝儀はWeb決済で後日分割払いもできる
  • Live配信中にコメント機能やプレゼント機能が利用できる
  • オンライン参列でも宅配で届いた料理や飲み物を楽しめる

「Dimensional -Link- WEDDING」にゲストとして参列するメリットを紹介するので、ゲストにどのように楽しんでもらえるのか気になっている人はゲストにとってのメリットを確認しておきましょう。

招待状をWeb上で返信できるため返信ハガキの投函が不要になる

ゲストは郵送された紙の招待状に記載されている2次元コードを読み取ることで、Web上で出欠回答が可能です。そのため、手書きをするために返信ハガキの書き方のマナーを調べる手間も省けますし、期限までにポストに投函する必要もありません。

Web上でいつでも出欠の回答ができるため、忙しくなかなか時間がとれない方でも、空いた時間で出欠を回答することができ便利です。

ご祝儀はWeb決済で後日分割払いもできる

ご祝儀のWeb決済を利用することで、クレジットカード会社によってはご祝儀の金額を後日分割払いに設定できます。

また、結婚式当日に現地またはオンラインで参列できなくても、Web決済でご祝儀を送ることができ、お祝いの気持ちを伝えることができるでしょう。

当日、現地で結婚式に参列する場合も事前にWeb決済しておくことで、新札や袱紗を準備する必要がなく、受付でのご祝儀の受け渡しも不要になります。

Live配信中にコメント機能やプレゼント機能が利用できる

どこにいてもPCやスマホから結婚式に参列でき、Live配信中はコメント機能を利用して新郎新婦とコミュニケーションをとることもできます。

また、コメント機能だけでなく、Live配信中にオンライン決済で新郎新婦へプレゼントを贈る機能もあります。Live配信中にフラワーシャワーの演出やお祝いのシャンパンなどを購入しリアルタイムでプレゼントすることができる点も、「Dimensional -Link- WEDDING」ならではのメリットです。

オンライン参列でも宅配で届いた料理や飲み物を楽しめる

オンラインで参列するゲストに食事や食べ物を宅配するサービスがあります。和食のお重や洋風オードブルのセット、ワインと瓶詰オードブル、ノンアルコールスパークリングワイン、珈琲と洋菓子のセットなど、豊富なラインナップが用意されています。

オンラインで参列しているゲストも料理や飲み物のおもてなしを受けることができるため、実際に結婚式会場に参列しているような感覚を味わうことができるでしょう。

「Dimensional -Link- WEDDING」利用の流れと申込方法

当日の新郎新婦のイメージ

リアルとオンラインが融合した「Dimensional -Link- WEDDING」を利用する流れと申込方法を確認しましょう。

まずは全国にあるエスクリの結婚式場からお好きな会場を選び、会場見学の申込をしましょう。会場選びから「Dimensional -Link- WEDDING」を利用した結婚式当日までは、簡単なステップで進めることができます。

STEP1:全国のエスクリが運営する結婚式場からお好きな会場を選ぶ

まずは公式サイトにある「結婚式場一覧」から利用したい結婚式場を選びましょう。利用したい結婚式場が決まったら、見学予約フォームから会場見学の予約をします。

株式会社エスクリは全国に結婚式場を展開しています。見学を通じて実際の会場を見て式場を決められるため、おふたりが挙げたい結婚式のイメージに近い会場をみつけましょう。

STEP2:使用したい結婚式場に式場利用の申込とオンライン結婚式の申込をする

使用したい結婚式場が決まったら、結婚式場利用の申込をします。式場の予約とあわせて、オンライン結婚式「Dimensional -Link- WEDDING」のサービスにも予約が必要なため、オンライン結婚式を検討している方は覚えておきましょう。

経験豊富なウエディングプランナーがおふたりの希望に合わせた結婚式のプランを提案します。オンライン結婚式に関する悩みや疑問がある場合にも、担当のウエディングプランナーに相談しておくとよいでしょう。

STEP3:Web上で出欠回答ができる招待状を送付する

結婚式場とオンライン結婚式の申込をしたら、ウエディングプランナーと共に結婚式に向けての準備を開始します。まずはゲストに招待状を送付しましょう。

「Dimensional -Link- WEDDING」では、結婚式のマナーを重んじて紙で招待状を送付し、招待状に記載された2次元コードからWeb上で出欠の回答をしてもらいます。

ただし、ご高齢などのご事情で、Web上での出欠回答が難しい場合などは、ゲストそれぞれに合わせた招待の方法を利用することもできるので、状況に応じて担当のウエディングプランナーに相談してみましょう。

STEP4:ゲストへのおもてなしギフトの手配やLive配信プランの決定

招待状を送付し、ゲストからの出欠回答やご祝儀の受け取りが終わったら、ゲストへの宅配おもてなしの手配や、結婚式当日の進行やLive配信方法を決めます。

オンライン参列するゲストへ宅配で食事や飲み物を送る場合、事前に受け取ったご祝儀の金額に合わせた内容を送るようにすると良いです。

また、オンラインゲストの顔が披露宴会場で映し出されない「一方向配信」が基本ですが、進行にあわせてオンライン参列ゲストからスピーチなどをもらうこともできる「部分双方向配信」も利用可能です。結婚式の進行内容を担当のウエディングプランナーと相談して、Live配信方法を決めましょう。

STEP5:結婚式当日は結婚式場からLive配信をする

結婚式当日、結婚式場からLive配信をしましょう。結婚式の流れを把握したプロのビデオカメラマンが撮影し専属のオペレーターがLive配信をします。

画面の切り替えや進行も結婚式場のスタッフが行ってくれるので、安心してリアルとオンラインが融合した結婚式を行うことができるでしょう。

STEP6:結婚式後にアーカイブ映像を楽しむ

結婚式が終わった後30日間、Live配信したアーカイブ映像を新郎新婦だけが楽しむことができます。結婚式当日の様子を振り返りながら、おふたりで楽しみましょう。

「Dimensional -Link- WEDDING」に参列するゲストの利用の流れ

主催者としてオンライン結婚式を検討している人は、参列するオンラインゲストの利用の流れも把握しておきましょう。

【「Dimensional -Link- WEDDING」に参列する流れ】

  1. 招待状を受け取る
  2. Web返信機能にて出欠の回答
  3. Web上でご祝儀のお支払い
  4. 事前におもてなしギフトがご自宅へ到着
  5. ライブ&飲食を楽しみながら参列

ゲストは招待状を受け取ったら、Web上で出欠を回答します。ご祝儀もWeb決済を利用して事前に送ることが可能です。そのため、現地で実際に参列するゲストは、ご祝儀をWeb決済した場合には当日披露宴会場でご祝儀を渡す必要はありません。

オンラインで参列するゲストは、結婚式当日までに届く料理や飲み物を受け取り、結婚式当日は披露宴が始まる前までに届けられた料理や飲み物を準備します。

結婚式当日はLive配信の前にインターネットが繋がるか確認し、Live配信が始まったら食事を楽しみながら参列します。実際に参列しているかのようなリアルな体験ができるため、遠方からでも結婚式という特別な一日を新郎新婦とともに過ごすことができるでしょう。

まとめ

株式会社エスクリが提供するリアルとオンラインがリンクした「Dimensional -Link- WEDDING」では、Webを通じて遠方に住んでいるゲストを招待することが可能です。そのため、従来の現地参加のみの結婚式とは異なり、これまでの人生で出会ってきた方々を住んでいる国や地域、環境を問わず幅広く招待できます。

オンライン結婚式システムを活用することで、オンライン参列のゲストにも結婚式場現地で参列しているような感覚をもって楽しんでもらうことができるでしょう。

これまでの人生でつながりのあった方々とこの先もお付き合いを続けていくための絆を深められる特別な機会になるため、結婚式という人生の節目を特別な一日にしたい方はぜひ「Dimensional -Link- WEDDING」を検討してみてください。

WEDDING PLACE

式場紹介

全国21会場
ルクリアモーレが理想の結婚式を叶えます。

お近くの会場へ是非お問い合わせください。

  •  
    リモート結婚式のやり方とは?ご祝儀や参列マナーを紹介