フォトウエディング

フォトウェディングや前撮りにおすすめのポーズと構図集

結婚式を挙げる代わりに、ウェディングらしい写真を撮影する「フォトウェディング」や結婚式に先立ち、ドレスや着物で撮影をする「前撮り」の写真は一生ものです。

せっかくなら、新郎新婦の個性が光るポーズで撮りたいですよね。

今回の記事では、フォトウェディングを予定している人にフォトウエディングや前撮りでおすすめのポーズをご紹介します。

フォトウェディングや前撮りにおすすめのポーズ・構図

フォトウェディングや前撮りの写真は、一生の宝物になります。

「あのとき、もっとこんな写真を撮ればよかった…」と後悔しないよう、事前にポーズや構図を調べておきましょう。

定番のポーズ

結婚式らしい定番のポーズは、必ず撮っておきましょう。

~洋装編~

おふたりが互いに寄り添い、カメラに目線を向けているポーズ。

新郎新婦がカメラ目線のポーズ

誓いのキスを連想させるポーズや手を繋いで見つめ合うポーズも定番です。

新郎新婦が見つめ合うポーズ

~和装編~

洋装同様、おふたりが互いに寄り添い、カメラに目線を向けているポーズ。

新郎新婦がカメラ目線のポーズ

おふたりで見つめ合うポーズ。

新郎新婦が二人で見つめ合うポーズ

おふたりの横顔をおさめた一枚。

新婦の髪型やヘッドパーツなどは、横からのアングルの方がよく映えます。

フォトウェディングや前撮りの後に見返したときに、当日の雰囲気が思い出せるような写真を残すためにも、新郎新婦を360度、さまざまな方向から撮ってもらうよう、カメラマンにリクエストしておくと良いですね。

新郎新婦二人の横からの構図

おふたりの後ろ姿をおさめた一枚。

表情は見えないものの、雰囲気のある写真に仕上がります。

また、新郎新婦がそのとき見ていた光景を残すことができるため、写真を見返した時に、当時のことを懐かしく思い出すことができます。

新郎新婦二人の後ろからの構図

新婦の衣裳は、バックデザインが凝っているものも多いため、後ろ姿も忘れずに撮り残しておきましょう。

カメラマンによっては、主役となる新郎新婦が目立つよう、あえて背景をぼかして撮影することもあります。好みもありますが、おふたりが引き立つよう、背景をぼかした写真と、当日の撮影場所の雰囲気がわかるように、背景をぼかさない写真と、両方撮ってもらうようお願いしておくのもよいでしょう。

新郎新婦の後ろ姿の構図

自然に囲まれた場所では、ガーデンウエディングの雰囲気を演出することもできますね。

また、家族や友人が同席する場合には、一緒に撮影するのもおすすめです。

おふたりが、特別な日のために選んだ衣裳も写真に残せるよう、全身が映るショットも必ず撮ってもらいましょう。

新郎新婦二人が見つめあい、ゲストが新郎新婦を見守る構図

結婚式の指輪の交換を連想させるようなポーズ。ロマンティックなシーンは新婦憧れのショットですね。

結婚式の指輪の交換を再現したポーズ

指輪やブーケなど、新郎新婦の視線の先にあるものも写真に残しておくことで、当時を懐かしく思い出させる大切な一枚になります。

フォトウェディングや前撮りで持参した指輪や小物も、ぜひ撮影してもらいましょう!

指輪の写真

ふたりらしさが伝わるポーズ

新郎新婦によって、ふたりらしさが異なるように、おふたりの好みに合わせたシーンを撮影することで、よりふたりらしさを演出できます。

ロマンチストなふたりにはシンデレラのワンシーン。

“魔法が解ける前に、舞踏会をあとにしたシンデレラを追いかける王子様”

を想わせる躍動感ある一枚を。

シンデレラを追いかける王子のポーズ

フォトウェディングや前撮りに選んだ撮影地は、おふたりにとって思い入れがある場所、好きな雰囲気の場所なことでしょう。撮影場所に合わせて、設備や小物を最大限に活かすのもひとつです。

ブーケや扇子などの小物で顔を隠し、キスシーンを撮るのも定番です。

ブーケや小物で隠す構図

キスシーンが恥ずかしい方は、ふたりで目を閉じ、顔を寄せ合うだけでも、照れている表情が物語り、おふたりらしい姿を残すことができますよ。

新郎新婦が顔を寄せ合う構図

額縁を使ったウェディングフォトも人気があります。自分で持って撮ることもでき、また、遠近法を使って、おふたりのシルエットを撮影し、絵画作品のような写真を撮ることが可能です。

写真の額やフレームを利用した構図

額縁がなくても、季節のお花や、建物にある窓や柱などでも代用することもできます。

額縁の代わりとなるものの中に新郎新婦を入れることで、フレームの役割がなされ、個性的な写真が撮れますよ。このような写真は、額縁構図と呼ばれています。

花の形の穴をフレームとして利用した構図

気取らずに、はしゃいだ姿やふたりだけのお決まりポーズなども、ふたりらしさを感じる一枚になりますね。

変顔でポップな写真の構図

ダンスやバレエの経験者であれば、写真のような躍動感のあるポーズもおすすめ。

おふたりの趣味など、写真に活かせるものは、小物やポーズを用いて、さまざまな表現を模索してみるのもよいでしょう。

躍動感のある構図

その他にも、遠近法を利用して、新婦の手のひらに新郎が乗っているような、ユーモアのあるショットもおもしろいですよね。

フォトウェディング・前撮りで後悔しないために

フォトウェディングや前撮りで、一番大切なことは、「何のためにどういった写真を残したいか」ということです。

フォトウエディングも結婚式の前撮りも撮影時間は限りがあります。

定番のポーズや構図、そして、ふたりらしさ溢れるポーズをバランスよく撮影してもらえるよう、撮影する目的や、写真の使用用途に合わせて、希望のポーズと構図の優先順位をつけておきましょう。

どうしても撮りたいポーズや構図がある場合には、イメージに近い写真をカメラマンに見せるとスムーズです。

また、撮影当日に家族が同席する場合には、家族のカメラで撮影が可能か、確認しておくとよいでしょう。

最後に、写真を撮ってもらう上で、「視線」はとても重要です。カメラ目線なのか、見つめ合うののか、遠くを見るのかなど、視線によって写真の印象は大きく変わります。

自然体のナチュラルな印象の写真を残したい方は、カメラをあまり意識せずに、おふたりで会話をして笑い合ったり、手を繋いで歩いたりなど、日常の雰囲気を撮ると、イメージに近い写真を残すことができます。

まとめ

フォトウェディング・前撮りでは、定番ポーズのとふたりらしさを感じられるポーズや構図を、バランスよく撮影してもらいましょう。

撮り忘れで後悔することのないよう、「何のためにどういった写真を残したいか」を考え、イメージに近い写真を集めたり、事前に希望をまとめておくのがポイントです。

何より大切なのはふたりの表情です。撮影を楽しみ、大切な思い出を残しましょう。

WEDDING PLACE

式場紹介

全国21会場
ルクリアモーレが理想の結婚式を叶えます。

お近くの会場へ是非お問い合わせください。

  •  
    子供と一緒にフォトウエディング♡魅力・注意点・おすすめ衣装
  • 開放的なロケーションで写真映え♡リゾートフォトウェディング