結婚式の前撮り写真の撮影費用の相場は?節約ポイントも紹介

結婚式の前撮り撮影の費用相場や節約ポイントについて解説します。

結婚式の前に、ウエディングドレスや白無垢・色打掛などの和装の婚礼衣装を着て写真撮影を行う「前撮り」。

近頃では結婚式ではウエディングドレスだけにして、前撮りで和洋どちらの婚礼衣裳も着る花嫁もいるようです。

そんな結婚式の前撮りで気になる費用相場をおさえて、満足のいく記念写真を残しましょう♡

結婚式の前撮りの費用相場は15万円程度

結婚式の前撮りは、結婚式での撮影は前撮りやフォトウェディング専門の撮影スタジオに依頼して撮影するのが一般的です。

前撮りでは「ロケーション撮影」・「スタジオ撮影」・「洋装」・「和装」と4つが要となり、撮影場所や衣裳によってスタジオには様々なプランが用意されます。

大抵のケースで、撮影スタジオがあらかじめ用意してあるプランに沿う形で撮影が行われますが、プラン内容や料金は撮影スタジオごとによっても違います。

そのため、一概に「前撮りの費用相場は○○万円」とご紹介できませんが、新郎新婦が前撮りに支払う平均的な金額は15万円程度と言われています。

なお、スタジオ撮影よりも外で撮影するロケーション撮影、洋装のウェディングドレスよりも着付けの手間がかかる和装の婚礼衣装の着用で1~2万円ほど料金が高くなる傾向があります。

結婚式の前撮りの料金を決める要素

結婚式の前撮りの費用は様々な要素で変動します。

代表的なのは撮影する季節や曜日です。例えば、人気の高い春と秋、予約の入りやすい休日より、夏や冬、平日の方が、料金は低く設定されています。

前撮りの費用に影響を与える要素をまとめると、次の通りです。

  • 撮影場所(スタジオ撮影orロケーション撮影)
  • 衣裳のクオリティと衣裳の着用点数
  • カメラマンの有無
  • 撮影カット数
  • 撮影データの有無やアルバムの種類
  • ブーケやアクセサリー

その中でも、2つ、料金を大きく左右するのは「スタジオ撮影orロケーション撮影」と「衣裳のクオリティと衣裳の着用点数」です。

スタジオ撮影orロケーション撮影

スタジオ撮影にするかロケーション撮影にするかは費用を大きく左右するポイントです。

ロケーション撮影は一か所で撮影するわけではなく、様々な場所へ移動して撮影します。当然、スタジオで撮影するよりも交通費が発生するので、移動距離が長いほど前撮りの費用に上乗せされます。

ほかにも撮影する場所によっては撮影許可が必要で、申請手続きで費用が余分にかかることもあります。

衣裳のクオリティと衣裳の着用点数

結婚式の前撮りの衣裳にはウエディングドレスにしろ、白無垢や色打掛の和装にしろ、ピンからキリまであるのが現実です。

それなりの衣裳であれば値段も抑えることができますが、クオリティの高い豪華な衣裳ほど、料金は跳ね上がります。

また、ウェディングドレスと和装の両方を着て前撮りするときはその分の衣裳の費用がかかります。衣裳の着用点数によって、費用が加算されることを覚えておきましょう。

結婚式の前撮りの料金はオプションが増えるほど高くなる

結婚式の前撮りは基本的な撮影のみであれば、撮影スタジオが用意しているプランの金額から大きく外れることはないでしょう。

しかし、プランで設定されている点数よりもたくさんの写真撮影を行ったり、家族と一緒に前撮りして撮影人数が増えたりすれば、別途追加料金が発生します。

また、アクセサリーや小道具などセットに含まれているもの以外をオプションでプラスしても、料金は加算されます。

あれもこれもとオプションをプラスしていくうちに、つもり重なって15万ほどだったはずの前撮り費用が請求時に50万円を超えてしまったケースもあるので、注意しましょう。

大切なのは費用とコンセプトのバランスをよく考えること

結婚式の前撮りは、こだわればこだわるだけお金がかかりますが、費用を気にしすぎてしまうと満足いく写真を撮影することはできません。

例えば、本当はロケーション撮影がよいのに、交通費を気にしてスタジオ撮影にすると、「やっぱりあの時ロケーション撮影にしておけばよかった」と後悔してしまうでしょう。

また、お金をかけたら絶対に素晴らしい仕上がりになるのかと言えば、そうでもありません。例えば、豪華な衣裳を着て、素晴らしい撮影スタッフで、高い使用料を払ったロケーション撮影をしても、それぞれのコンセプトがバラバラだと統一感がなく、いまいち満足できない仕上がりになるでしょう。

結局のところ、前撮りで大切なのは、費用とコンセプトのバランスのよさです。

許容できる費用の中で「こだわりたい部分」と「がまんできる部分」をはっきりとさせ、こだわりを追求することです。

こだわりたい部分とは、言い換えれば「おふたりが大切にしたいこと」であり、撮影をするうえでのコンセプトになります。コンセプトをカタチにするうえで重要なものにお金をかけ、それ以外を節約することで、費用とコンセプトでバランスのとれた満足のいく前撮りになるのです。

結婚式の前撮り撮影での節約ポイント

ウエディング イメージ
画像素材:PIXTA

費用をかけて「こだわる部分」を追求することが大切と説明しましたが、結婚式の前撮りの仕上がりを左右する「節約しても構わないもの」と「節約してはいけないもの」があります。

まずは、お金をかけるべきか検討の余地がある節約ポイントを4つ見ていきましょう。

節約ポイント1:撮影日

節約ポイントとして一番挙げられるのが「撮影日」です。

人気がある土日祝日に撮影するのと、予約に余裕が出やすい平日に撮影するのでは、撮影スタジオにもよりますが、平均1万円~3万円程度、費用に差が出ると言われます。

衣裳やアイテムのクオリティを落とすことなく費用を抑えられる方法なので、写真の出来上がりにもっとも影響が少ない節約方法と言えるでしょう。

また、観光地や街中でのロケーション撮影を検討されているときは、平日の方が「人出が少なく撮影しやすい」効果も期待できます。ロケーション撮影で費用を抑えたい方は撮影日を平日に持ってくることをぜひ検討してみてください。

節約ポイント2:衣裳

衣裳にこだわりたい方は別ですが、そうでない方なら、衣裳は費用を節約できる大きなポイントです。

結婚式の前撮りの衣裳の中にはビンテージものや1点ものの貴重な着物が用意されていることもあります。豪華絢爛な衣裳や、繊細な生地の衣裳は当然、費用も高くなります。

実物を実際にゲストに見てもらう機会が多い結婚式では衣裳にこだわり、高い費用をかける選択はありですが、前撮りで高い衣裳を着ても、写真の仕上がりが大幅によくなるわけではありません。

特にロケーション撮影では、衣裳と背景の風景との見栄えのよさが写真の出来上がりを左右します。費用を抑えた衣裳でも、衣裳の魅力と風景の魅力がマッチしていれば、見ごたえのある写真を撮れるでしょう。

豪華絢爛で見目麗しい衣裳を着て前撮りするなら、スタジオ撮影がおすすめです。特別な婚礼衣裳と花嫁を主役にするようなコンセプトで、一生の記念を残しましょう。

節約ポイント3:アルバム

結婚式の前撮りにかかった費用の内訳で、意外に費用を圧迫するのがアルバム代です。前撮りをした記念として、立派な装丁のアルバムを作成してもらう方が多いためです。

アルバムはデータさえあれば自分でも作成できますし、撮影スタジオとは別のところにも依頼できます。節約するなら、撮影スタジオではデータだけを受け取り、アルバムは別途作ることを検討してもよいでしょう。

節約ポイント4:アクセサリーや衣裳小物などのアイテム

結婚式の前撮りに必要なアクセサリーや衣裳小物などのアイテムは、必要最低限のものは撮影スタジオが用意してくれるため、その費用はプランの中に含まれます。

しかし、シチェーションやアイテムにこだわりがあるときは撮影スタジオが用意したアイテムでは不十分なことがあります。別途アイテムを用意しなければなりませんが、撮影スタジオに発注してしまうとやや高めの費用が発生します。

こだわりで用意したいアイテムは、手作りするか、価格が安めのオンラインショップで調達するのがおすすめです。撮影スタジオと打ち合わせするときに「何がサービス内容に含まれているか」を確認すると、スムーズに必要なアイテムを揃えられるでしょう。

結婚式の前撮り撮影で節約してはいけないポイント

和装 結婚式 選ぶ
画像素材:PIXTA

結婚式の前撮りでは、節約してしまうと写真の出来上がりがいまいちになってしまう要素もあります。

今回は結婚式の前撮りで絶対にケチってはいけない節約NGポイントを3つご紹介します。

  • 撮影場所
  • カット数
  • ヘアメイク

節約NGポイント1:撮影場所

「撮影場所」は、結婚式の前撮りでもっとも重要な要素です。

例えば「金閣寺の前で撮影したいけどスタジオのセットで代替を……」と節約してしまうと、こだわり具合によっては、写真を見るたびに後悔する撮影になってしまいがちです。

スタジオ撮影で満足できれば理想的ですが、ロケーション撮影を前提に組み立てた「前撮りのコンセプト」をきちんと実現できるかは難しいところです。

結婚式の前撮りのコンセプトによっては、撮影場所を妥協しないことが大切です。

節約NGポイント2:カット数

結婚式の前撮りの料金は「カット数」によっても大きく左右されます。カット数無制限のプランでもない限り、たくさんの写真を撮影すれば、それだけ金額も加算されます。

節約を意識してカット数を少なくするのは考えものです。

いくらプロのカメラマンでも、撮影環境や条件によって写真の出来上がりが安定しないケースもあります。最初の一発で最高の写真が撮れればいいですが、何度も撮影を繰り返して、その中から納得できる写真を選ぶことがほとんどです。カット数を減らしてしまうと、納得できる写真に出会える確率がぐんと下がってしまいます。

必要以上に撮影することはありませんが、ある程度のカット数は見込んだプランを選んだ方がおすすめです。

節約NGポイント3:ヘアメイク

結婚式の前撮りで衣裳と同じくらいに見栄えを左右するのが「ヘアメイク」です。

ヘアメイクは選んだ衣裳に合わせて、プロのスタイリストにヘアメイクをお願いするのが一般的です。和装であれば、着付け担当もいるでしょう。

当然、ここにも費用が発生しますが「メイクくらい自分でできる」とセルフメイクを選んだり、「着付けは自分でできる」と着付けを断ってしまったりすると写真写りが悪くなってしまうことも。

プロであれば写真撮影に適したメイク、撮影中に着崩れない着付けの仕方を知っているので、写真写りを心配することはありません。

衣裳やアイテムにこだわったのに、ヘアメイクや着付けで台無しになってしまってはもったいないので、ヘアメイクはプロに任せるのがおすすめです。

費用をかけても結婚式の前撮り撮影をおすすめする3つの理由

指輪 交換 結婚式
画像素材:PIXTA

結婚式の前撮りの平均相場は15万円程度で、決して安い値段ではありません。撮影スタイルや依頼するスタジオによっては、さらに高くなることもあり得ます。

それでも結婚式の前撮りは新郎新婦のおよそ半数以上が行っています。

結婚式の前撮りが多くの新郎新婦にとって魅力的に思える、主な理由としては次の3つが挙げられます。

  • 結婚式では着ない衣裳が着られる
  • 結婚式当日よりも綺麗に写真が撮れる
  • 結婚式当日の演出にも活かせる

前撮りのここがおすすめ1:結婚式では着ない衣裳が着られる

一番のおすすめ理由は「結婚式で着られない衣裳を前撮りでは着ることができるから」です。

「結婚式当日はウエディングドレスを着るけど、和装の婚礼衣装も着てみたい」という新婦さんにとって、前撮りはまたとない絶好の機会です。

また、結婚式の前撮りにはゲストがいないので、かしこまったドレスコードは存在せず、自由です。ウエディングドレスにサンダルやスニーカーを合わせたり、ちょっと改造した和装を着てみたり、結婚式当日では絶対に着られないようなユーモア溢れる衣裳での撮影もできます。

「自分たちらしい記念写真を撮りたい」という新郎新婦に人気なのです。

前撮りのここがおすすめ2:結婚式当日よりも綺麗に写真が撮れる

単純に「結婚式当日よりも写真が綺麗に撮れる」という魅力もあります。

結婚式当日はタイムテーブル上では余裕があるように見えても、実際はバタバタすることが多く、落ち着いて写真撮影ができる状況ではありません。加えて、疲れや緊張で顔が強張ってしまって、出来上がりの写真を見てがっかりする失敗談も珍しくありません。

結婚式の前撮りでは写真撮影のためだけに一日使えるため、疲れや緊張なく、笑顔のベストコンディションで撮影できるのです。

前撮りのここがおすすめ3:結婚式当日の演出にも活かせる

前撮りは通常、結婚式の2カ月くらい前の撮影が一般的です。その頃に撮影した写真は結婚式当日にはすでに出来上がっているため、ウエルカムボードや結婚式内での演出に活用できます。

こだわって撮影した写真を沢山のゲストに見てもらえるため、人気が高い前撮り写真の活用方法です。

まとめ

結婚式の前撮り撮影の費用相場や節約ポイントについて解説しました。

結婚式の前撮りは、専門の撮影スタジオなどに依頼しての撮影が一般的です。撮影スタジオごとに料金プランが設定されているため、ばらつきがありますが、平均の費用相場は15万円程度と言われます。

前撮りはむやみやたらの費用をかければいいというわけではなく、撮影コンセプトにあわせた費用をかける部分と抑える部分のバランスが大切です。

結婚式の前撮りでコンセプトを意識し、こだわる部分を整理してみると、必要以上に費用をかけることなく、満足のいく写真が撮れるでしょう。

結婚式の前撮り撮影のポイントをおさえて、人生で最も美しく幸せな瞬間を残しましょう♡

  • 素敵なチャペルで挙式をしたい!
  • アクセスの良い会場がいい!
  • ゲストも自分たちも満足できる内容で!
  • しっかりした設備やサービスがいい!!

ルクリアモーレが、おふたりの理想の結婚式を叶えます。

通常、結婚式にかかる費用の標準は176万円程度。
ルクリアモーレなら、4つの割引で最大132万円OFF。
選べるチャペルと結婚式場ならではの設備、料理、おもてなし。

準備機関は最短1か月。まずはお気軽にお問い合わせください。