お車代の相場っていくらなの?渡す相手別5パターンを紹介!

結婚式に遠方から参列してくれたゲストや主賓のゲストへ、新郎新婦からのお礼として渡すお車代。

ゲストにお礼の気持ちが伝わって、気を使わせることもないくらいの相場が知りたいですよね。

この記事ではお車代の相場について、渡す相手別に5つのパターンを例にご紹介します。

ぜひ参考にして、感謝の気持ちを伝えてください!

お車代を渡すゲストと相場のパターンは大きく5つ

遠方からのゲスト…交通費の「半額」から「全額」

遠方からのゲストには、交通費の半額から全額をお車代としてお渡しします。

お渡しするタイミングは、ゲストが受付をしたときか、披露宴が始まる前に新郎新婦のご両親から挨拶をかねて手渡しするのが一般的です。

北海道や沖縄から東京に来てくれるゲストは飛行機のチケットが必要になり、往復で10万円くらいかかってしまうこともあるので、できたら交通費の全額をお渡ししましょう。

宿泊予定のゲストには、宿泊費も入れてお渡しするとさらに親切ですよ。

新幹線のチケットやホテルの手配も新郎新婦がやっておくと◎

現金でお車代を渡すのではなく、事前に新幹線や飛行機のチケットを新郎新婦が購入して、ゲストに郵送する方法もあります。

ゲストが宿泊するホテルの手配も、予約と支払いを新郎新婦が済ませておくと心配りとして完璧です!

親族でも遠方の方にはお車代を渡そう

家族や親族などの身内ゲストでも、遠方からきてくれる場合の負担はほかのゲストと一緒です。

身内だからと甘えずに、お車代を渡しましょう。

主賓のゲストや挨拶をお願いしたゲスト…1万円以上

主賓のゲストや乾杯の挨拶などをお願いしたゲストには、1万円以上のお車代をお渡しします。

お渡しするときは、披露宴でのご挨拶をかねてほかのゲストから目立たないように渡しましょう。

主賓の方や目上の方などへは2万円や3万円など、少し多めにお渡しするとお礼の気持ちが伝わります。

主賓やスピーチをお願いしたゲストが遠方からきてくれた場合

遠方からきてくれた他のゲストと同じく、交通費の半額から全額をお車代としてお渡しします。

この場合は交通費が往復で1万円よりも低くても、1万円以上をお車代とするのがマナーです。

受付をお願いしたゲスト…5,000円前後かお礼のギフト

結婚式の受付をお願いする人は、多くの場合は新郎新婦と仲のいい友人ゲストです。

そのため気を使わずに受け取ってもらえる金額か、同じくらいの値段の品物をお礼のギフトとして贈ります。

お渡しするのは受付の開始前に、新郎新婦のうちお願いした人のご両親から手渡しするといいでしょう。

披露宴の余興やスピーチをお願いしたゲスト…5,000円前後かお礼のギフト

余興やスピーチをお願いするゲストも、新郎新婦と仲良しの友人ゲストが多いです。

受付をお願いしたゲストと同じく、そのため気を使わずに受け取ってもらえる金額か、同じくらいの値段の品物をお礼のギフトとして贈りましょう。

こちらはお開きになったあとか後日に、新郎新婦からお渡しするのがベターです。

司会をお願いしたゲスト…2万円~3万円

披露宴の司会をお願いしたゲストは、内容の打ち合わせやリハーサルなどが必要なので少し負担が大きくなります。

少し多めの2万円から3万円を、御礼としてお渡ししましょう。

お渡しするタイミングは披露宴がはじまる前かお開きのあと、どちらでも大丈夫。

新郎新婦のご両親から、ご挨拶をかねて手渡しをしてもらいましょう。

お車代の金額を決めるときの4つのポイント

キリのいい金額でお渡しする

お車代は、1万円や2万円、3万円など、キリのいい金額をお渡しします。

11,000円や12,000円など1,000円単位までの端数が出ても、切り上げて2万円をお渡しするのが一般的なマナーです。

お車代の金額は2万円などの割り切れる数でも大丈夫

ご祝儀はゲストから新郎新婦へ贈るお祝いなので、「割れない」数が縁起がいいとして3万円や5万円などを包むことが多いですよね。

お車代はゲストへのお礼なので、「割れない数の縁起のよさ」を気にしなくても大丈夫。

2万円や4万円など、割り切れる金額をお渡ししてもOKです。

多すぎや少なすぎのお車代はNG

お車代は、新郎新婦から遠方のゲストへのお礼としてお渡しするもの。

金額が少ないと、せっかくお祝いにきてくれたゲストの気持ちをもやもやさせてしまいます。

少ない金額でも、往復の交通費の半額はお渡ししましょう。

しかし交通費や宿泊費よりも多すぎるお車代を渡すと、「お祝いにかけつけたことで新郎新婦の負担になってしまったかな?」と気を使ってしまうゲストもいます。

ゲストの交通費を全額負担する場合でも、往復で13,000円かかる方に4万円などの多すぎる金額をお渡ししないようにしましょう。

ゲスト間で公平な金額を用意する

往復の交通費が変わらないゲスト同士には、同じ金額をお渡ししましょう。

たとえば大阪から東京の結婚式に参列してくれるゲスト同士には、全員にお車代として2万円をお渡しします。

ゲストの間で不公平な気持ちにならないように、公平に同じ金額をお渡しするのが大切です。

お車代を準備するときは2つのマナーを守ろう

ゲストの交通費は自分で調べる

交通費を直接ゲストにたずねるのは、マナーを守れているとは言えません。

ゲストには会場までの移動手段や、ホテルなどに宿泊するかを聞き、どれくらいの交通費や宿泊費がかかるのか自分で調べましょう。

宿泊予定のゲストには、手配するホテルや予約の予定も聞いておくとベター。

「新郎新婦が手配してくれると思っていた!」「ゲストが自分で手配して、宿泊費などをお車代として渡せばいいと思っていた…」というすれ違いを防げます。

お車代を用意することはゲストに伝えておこう

お車代を用意することは、結婚式当日より前にゲストに伝えておきましょう。

「お車代として、せめて片道分の交通費をお渡しさせてください」

「宿泊費と交通費、全て私たちに負担させてください」

というように、お車代の内容もお伝えするとゲストも予定が立てやすいので親切です。

予算が分かるようにリストを作ると便利!

お車代を準備するときは、ゲストのお名前とお車代の金額を組み合わせたリストを作りましょう。

全員分のお車代の合計を計算するときや、誰にいくらお渡しするかを確認するのに便利です。

お車代の渡し忘れを防ぐチェックリストとしても使えるので、トラブル防止になります。

お車代を渡さないのはどんなケース?

ゲストからお車代をご遠慮いただいたとき

お車代を渡すといっても、「お祝いの席だから」「新郎新婦の負担を少なくしたい」と遠慮してくれるゲストもいます。

ゲストの人柄や新郎新婦との関係などによっては、お言葉に甘えてお渡ししないケースもあります。

基本的には、ゲストにご遠慮いただいてもお礼の気持ちとしてお渡しするのがマナーです。

親族の慣習や友人の間のルールでお車代を出さないことになっているとき

親族や友人などの間では、「親しい仲だから」「お互いの結婚式に出席するのでお金を贈りあうことになるから」という理由で、お互いにお車代を渡さないことを決めていることがあります。

移動手段や宿泊施設の手配を新郎新婦が行ったとき

バスやタクシー、飛行機、新幹線のチケットと宿泊先のホテルなど、全てを新郎新婦が手配した場合は、費用の振り込みなども新郎新婦が行いますよね。

そのためお車代は渡さないのが一般的です。

特に年配の親族など、移動手段や宿泊の手配を負担と感じるゲストにはとても喜んでもらえる心配りです。

予算オーバーなどで渡せないときはゲストに伝えよう

結婚式の費用をがんばっておさえても、予算オーバーになってしまうこともありますよね。

そんなときは、

「お車代はお渡しできないのですが、ご出席くだされば嬉しいです」

とゲストに伝えておきましょう。

遠方からのゲストにお車代を渡さないときはご祝儀も遠慮するのがマナー

宿泊が必須となるような遠方からのゲストにお車代をお渡ししないケースでは、ゲストからのご祝儀もご遠慮するのがマナーです。

個別にお伝えするか、招待状に手紙を添えて「結婚式に参列していただけたらとても嬉しいです」という気持ちとともに文章にして伝えましょう。

◯伝え方の例

恐縮ながらお車代のご用意ができないため、ご祝儀はご遠慮させていただきます。

結婚式の良き日にご出席いただけることが、私たちにとってなによりの喜びです。

結婚式の当日、お目にかかれれば幸いです。

まとめ

遠方のゲストや結婚式での役割をお願いしたゲストへ、お車代を渡すのは新郎新婦からのお礼として大切なことです。

予算を考える新郎新婦も準備は大変ですが、記事を参考にして相場の確認と、具体的な金額の決め方を知っておけば大丈夫。

ゲストへのお礼の気持ちが伝わるように、マナーを守ってお車代をお渡ししましょう。

ゲストとの関係や地域の慣習によってお車代の相場が違うこともあるので、ご両親やウエディングプランナーさんにも相談してみると安心ですね。

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!