結婚式のお車代は親族にも渡すべき?

結婚式に招待したゲストへ、交通費や宿泊費の代わりにお渡しするお車代。

でもお車代の相場に悩んでしまうことや、家族や親族など、近しいゲストにもお渡しするのか分からないことがありますよね。

今回の記事では親族へのお車代の相場と、お渡しする時のマナーをご紹介します。

ぜひ参考にして、行き届いた心配りでゲストに喜んでもらいましょう。

親族であっても遠方から来てくれたらお車代をお渡しするのがマナー

お車代は、「遠くからお祝いにきてくれてありがとう」という気持ちとして、新郎新婦からゲストへお出しするお金です。

家族や親族など、身内のゲストでも、遠方から結婚式にきてくれるときにかかる交通費や宿泊費は同じですよね。

お礼の気持ちとして、お車代をお渡しするのがマナーです。

遠方からのゲストへのお車代は交通費の「半額」から「全額」が相場

遠方からのゲストへお渡しするお車代は、往復の交通費の半額から全額くらいが相場です。

できれば全額負担するのがベターですが、費用の関係でむずかしい場合でも半額分はお渡ししましょう。

交通費の全額をお車代として渡すケース

いままでに結婚式を挙げた親族が式に招待してくださったときに、お車代をいただいたことがあるかもしれません。

そのときに交通費の全額を負担してくださったゲストへは、こちらからも交通費の全額をお車代としてお渡ししましょう。

親族へのお車代を渡すタイミングはいつ?

親族へのお車代は、結婚式がはじまる前にご挨拶をかねてお渡しします。

新郎新婦は準備で忙しくしていることが多いので、ご両親からお渡しするのが一般的。

準備の時間に余裕があれば、新郎新婦から直接お渡しできるとベストです。

親族間でお車代のルールがあるケースも!必ず両親に確認しよう

お家によって、お車代は出すか出さないか、金額は交通費の半額か全額か、「全員に1万円」など一定の金額なのか、などの慣習が違うことがあります。

新郎新婦、お二人のご両親に「我が家のお車代についての決まり」を確認しておくと、ゲストにも親族としての意識のあらわれとして伝わりますよ。

トラブルにならないための親族ゲストへの配慮

ゴールデンウイークなど連休の結婚式なら必ずお車代をお渡ししよう

ゴールデンウイークの連休などには、飛行機や新幹線のチケット、宿泊費も含めた旅費が高くなります。

こんなときに遠方から結婚式に参列してくれる親族のゲストにお車代を渡せないと、ご祝儀をご遠慮する場合でもゲストの負担が大きくなってしまいますよね。

「親族同士ではお車代は渡さない、もらわない」というルールがあるときでも、ゲストの負担が大きいときにはお車代をお渡ししましょう。

新幹線のチケットや宿泊先の予約まで新郎新婦の方で手配しておくとベター

新幹線のチケットの手配や宿泊するホテルの予約を負担に思うゲストもいらっしゃいます。

結婚式の準備として、新郎新婦が全て手配しておくと親切です。

「こちらで手配する予定だったけれど、ゲストが自分で手配を済ませていた!」

というすれ違いが起きないように、招待状を送る前に

「親族の移動手段やホテルは、私たちが用意しようと思っています」

と親族ゲストに伝えておくといいでしょう。

ホテルを選ぶときはウェブ上の口コミや実際に泊まった人に話を聞いてみるなど、しっかり下調べをしておくと安心です。

ホテルを手配するなら親族同士を同じフロアにするなどの配慮を

親族同士が交流しながら楽しく過ごせるように、同じフロアの部屋を手配しておくと気遣いとして◎。

ほかにもおいしい朝食がついているなど、ちょっと高めのグレードの部屋を選ぶと「ここまでしてくれるとは思わなかった!」ととても喜んでもらえますよ。

タバコを吸う方のためには、喫煙できる部屋を手配するといいでしょう。

室内でタバコを吸いながらリラックスできるので、喫煙者には嬉しい気遣いなのです。

お車代のお渡しやホテルの手配は忘れずに!

親族であっても遠方からのゲストには、お車代を渡すのが基本的なマナーです。

結婚式当日の新郎新婦はとてもいそがしくなりますが、お車代は忘れずにお渡ししましょう。

  • ホテルの手配をします、とゲストに伝えていたのに、ほかの準備に追われてすっかり忘れていた
  • 結婚式当日になってからゲスト自身がホテルを探すことになった

などのトラブルも絶対にNGです。

結婚式の準備をするうえでやることリストを作ったら、「お車代の準備」「お車代のお渡し」「ホテルの手配」などの項目を必ず入れておきましょう。

まとめ

遠方からきてくれるゲストにとって、交通費や宿泊費は大きな負担。

親族ゲストに対してもマナーを守って、お礼としてお車代をお渡ししましょう。

宿泊先や交通機関の手配まで気づかいが行きとどいていると、ゲストにとても喜んでもらえます。

「今までありがとうございました」「今後ともよろしくおねがいします」という気持ちを込めて、新郎新婦から親族への心配りをしましょう!

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!