新郎が着るタキシード レンタルと購入それぞれの費用相場はいくら?

結婚式で新郎さんが着るタキシードは、レンタルか購入のどちらかで手配することになります。

この記事ではタキシードのレンタルと購入で、それぞれ「どれくらい費用がかかるか」と「どんなメリットがあるか」をご紹介します。

費用をおさえるコツも合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

タキシードのレンタルと購入それぞれの費用相場は?

タキシードを手配する時の費用の一般的な相場はこちらです。

  • レンタルした場合…5万~10万円前後
  • 購入した場合  …5万~15万円前後+持ち込み料

レンタルでも購入でも、タキシード自体は5万円から10万円前後の費用で手配できます。

しかし、購入した場合は費用の中に「持ち込み料」がプラスされます。

結婚式場の提携先以外のショップや個人的なお譲りなどで手配した引き出物などのアイテムにかかる持ち込み料は、衣装にもかかります。

例えば、同じ5万円のタキシードを手配しても、

  • レンタル…5万円(衣装代のみ)
  • 購入  …5万円(衣装代)+10万円(持ち込み料)で15万円

など、10万円もの差が出てしまうことがあるのです。

衣装の持ち込み料は結婚式場によって異なりますので、1着10万円のところもあれば1万円のところもあって幅広いので、結婚式場に問い合わせて確認しましょう。

タキシードのレンタルと購入それぞれのメリット・デメリットは何?

レンタルする場合のメリット

購入より安く済むことが多い

式場の提携先でレンタルすると、持ち込み料がかかりません。

購入と同じ値段でレンタルしても、持ち込み料の分だけ費用がおさえられるのです。

また衣装代も入ったお得な結婚式のプランなら、結婚式場の提携先でレンタルしたほうがお得なことが多いです。

式場への持ち込みなどの手間がかからない

外部ショップで手配した衣装は、式場へ持ち込んだり、配達したりする手間がかかります。

「配達先を間違えて、結婚式の衣装が届いていない」などのトラブルも防止できすのです。

結婚式場の提携先で衣装をレンタルすれば、式場が責任を持って衣装を渡してくれるので安心できます。

当サイトを運営しているルクリアモーレでも、素敵なタキシードや上質なウエディングドレスのレンタル費用が含まれたお得なプランをご用意しています。

お二人で挙式のみをするプランや50名のゲストを招待して披露宴を行うプランまで揃えておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

ルクリアモーレのサイトへはこちらから

レンタルする場合のデメリット

サイズがピッタリのものが見つかるとは限らない

レンタルできるタキシードは、体型にピッタリのサイズがあるとは限りません。

レンタル品はお直しができないこともあり、少し体型に合わないままでも妥協することもあります。

レンタル品は大きめに作られていることが多いので、すそや腰回りが余ってしまうことも。

特にネットでレンタルするときは注意が必要です。

試着用の衣装を送ってくれるショップもあるので、そういったお店を選ぶといいでしょう。

衣装を手元に残せない

レンタルしたタキシードは、結婚式が終わったらショップに返しますよね。

思い出の衣装を手元に残せないのはさみしいですし、別の日には着られないということでもあります。

挙式と結婚報告会を別の日に行う場合などは衣装を2回レンタルすることになるので、レンタル費用が2倍かかってしまうのです。

デザインにトレンド感がないケースがある

レンタル品の衣装は「一般的」「基本的」というデザインを意識していることが多いので、トレンドとは違った雰囲気のタキシードになることがほとんど。

流行に敏感なカップルやゲストから見ると、少し物足りないかもしれません。

購入する場合のメリット

何度も着ることができる

海外挙式のあとに国内で結婚報告会や食事会をする場合や、フォトウエディングでも結婚式と同じ衣装を着て撮影したいという場合がありますよね。

同じ衣装を2回以上着たいときは、レンタルより購入のほうが費用がおさえられてお得。

結婚式のタキシードを日常で着るスーツに作り変えることもできるので、思い出の衣装を手元に残したい人にも購入がおすすめです。

こだわりの衣装が選べる

タキシードをレンタルする場合は小物などもセットになっていることが多く、こだわりの組み合わせを選びにくいのが悩みどころ。

全て購入してそろえることで、こだわりのタキシードと小物の組み合わせで結婚式をむかえられます。

式場のレンタルでは体型にあったタキシードが見つからない…なんてときでも、購入したタキシードならお直しもできるのも嬉しいポイント。

体型にぴったり合ったタキシードを着て、いつも以上にスマートな花婿姿を花嫁さんやゲストに見てもらえますよ!

購入する場合のデメリット

外部で手配すると持ち込み料がかかる

外部ショップや個人的なお譲りなどで購入したタキシードには、結婚式場で保管してもらうために持ち込み料がかかります。

持ち込み料は式場や衣装によって1万円~10万円までさまざまです。

購入の費用をおさえても持ち込み料が高くなってしまうと合計の費用は高くなるので、タキシードを購入する前に結婚式場に持ち込み料について問い合わせておきましょう。

式場へ持ち込むまでに少し手間がかかる

外部で手配した衣装を結婚式場へ持ち込むまでには、

  • ショップに衣装の注文をする
  • 式場に持ち込みの申し込みをする
  • 式場に衣装を配送する
  • 持ち込み料を支払う

などの手続きがあり、式場提携先でのレンタルに比べて少し手間がかかります。

式場へ衣装を配送する時に、送り先の宛名や住所を間違えないように気をつけましょう。

オーダーメイドのタキシードを着る場合は注文から納品までにも時間がかかるので、余裕を持って3か月前までには注文を済ませておきましょう。

レンタルするときに費用をおさえるコツはこの2つ!

格安のショップでレンタルする

インターネットで検索してみると、タキシードを格安でレンタルしているショップが見つかります。

ショップや衣装のデザインにもよりますが、レンタル料3万円の衣装もあれば、なんと1万円でレンタルできる衣装もあるのです。

外部ショップなら持ち込み料はかかりますが、持ち込み料の負担をしてくれるショップもあるので問い合わせてみるといいでしょう。

ほかにも新婦さんのドレスを手配するショップでタキシードもセットで手配すると、割引価格にしてくれることもあります。

衣装の費用もセットになった格安プランを利用する

結婚式場のプランの中に、衣装もセットのお得なプランやキャンペーンがあればぜひ利用しましょう。

プランによってはお食事会や記念写真まで入れてもまだお得なものもあるので、結婚式場に相談してみるのが大切です。

当サイトを運営しているルクリアモーレでも、素敵なタキシードやウエディングドレスのレンタル費用が含まれたお得なプランをご用意しています。

挙式のみや少人数のお食事会付きのプランもございますので、ぜひ一度ご相談ください。

ルクリアモーレのサイトへはこちらから

購入する場合に費用をおさえるコツも2つある

小物は知人から借りるか格安ショップなどでそろえる

結婚式場の提携先で小物を全てレンタルすると、1万円以上かかってしまいます。

必ず使う小物以外もセットになっていることが多く、余分な出費と感じるカップルもいるようです。

タキシードに合わせるために最低限必要な小物は以下の4つ。

  • 胸元のポケットに入れるポケットチーフ
  • 白いグローブ
  • ネクタイ
  • 正装用のウイングカラーシャツ

この4つをセットにして、ネット通販や百貨店のフェアなどで7,000円くらいで売られていることもあります。

挙式のときだけ手に持つグローブは目立ちにくいので、100円ショップで購入しても大丈夫。

もし小物をセットで貸してくれる知人がいればありがたくレンタルして、費用をおさえさせてもらいましょう。

結婚式が終わったらフリマアプリやネットオークションでお譲り

ウエディング用のタキシードは、結婚式が終わったら着る機会もほとんどありません。

後日フォトウエディングや食事会を計画しているのでなければ、「お譲り」としてフリマアプリやネットオークションで販売してみましょう。

タキシードと靴や小物、全て合わせて1万円や2万円で売れた嬉しいケースもありますよ。

新郎のお色直しは小物だけにすると費用はぐっと格安に

披露宴で一般的な「お色直し」の演出。

新婦さんはお色直しで、ウエディングドレスや白無垢から、華やかなカラードレスや色打掛に着替えます。

  • ウエディングドレスからカラードレス
  • 白無垢から色打掛

この2つのパターンのように洋装同士や和装同士のお色直しなら、新郎さんは挙式で着ていた衣装を披露宴でも着て大丈夫。

ポケットチーフやネクタイなどの小物だけをお色直しすると、お色直しの演出と費用の節約の両方ができるのでおすすめです。

まとめ

タキシードを手配するための費用は、レンタルした場合は5万~10万円前後、購入した場合5万~15万円前後+持ち込み料が相場。

持ち込み料の相場は1万円~10万円とさまざまなので、タキシードの購入前に結婚式場に問い合わせて確認することが大切です。

レンタルなら外部のレンタルショップを利用する方法もありますが、衣装のレンタルも含まれたお得な結婚式のプランがある結婚式場なら、式場の提携先でレンタルするとお得なのでおすすめ。

結婚式場に問い合わせをして、どんなタキシードがレンタルできるのか確認してみましょう。

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!