家族だけの結婚式で引き出物は必要?ご祝儀制か会費制かが重要!

結婚式では、参列者に引き出物を渡すのが一般的です。

しかし、家族だけの結婚式では、「引き出物を贈るなんて他人行儀?」「大げさと思われてしまう?」「渡さないでガッカリされるのも嫌だな…」と判断に迷ってしまうカップルもいるみたいです。

この記事ではご祝儀制と会費制での引き出物の扱いの違いと、引き出物の内訳、贈り方のポイントなどをご紹介します。

家族だけの結婚式でも引き出物や手土産は用意する

ご祝儀制の結婚式では引き出物を準備

引き出物を渡すかどうかは、結婚式に招待する人数で判断するのではなく、ご祝儀の有無で決めます。

そのため、家族だけで行う結婚式でもご祝儀制の結婚式であれば、引き出物は必要です。

料理や演出だけでおもてなしとするのは基本的にNGなので、引き出物は必ず用意してください。

会費制の結婚式では事前案内をした上で手土産を

会費制の結婚式では引き出物は基本的に必要ありません。

その代わりにプチギフトなどを手土産に用意したり、引き菓子などを贈ったりしましょう。

会費制の結婚式の場合、事前にご祝儀は不要ということをゲストに案内しておくことが大切です。

ただし、「ご祝儀はご遠慮させていただきます」と案内をしていても「お祝いだから」とご祝儀を包んでくれるゲストに対して、断るのはかえって失礼なこともあります。

お祝いの気持ちとしてありがたくいただき、後日に「内祝い」の品物を贈りましょう。

家族だけの結婚式でも引き出物は「料理」と合わせて半額が目安

引き出物は、メインの引き出物・引き菓子・料理と合わせて「ご祝儀の半額ほど」になるよう品物を選びます。

これは一般的な結婚式でも、家族だけの結婚式でも変わりません。

「引き出物だけでご祝儀の半額」ではないので、無理をして予算オーバーしないようにしましょう。

引き出物・引き菓子などの組み合わせ

引き出物は1つの品物ではなく、2種類以上組み合わせるのが基本です。

下の表に基本的な引き出物の組み合わせを紹介しているので、引き出物の予算と内容を考えてください。

参考までに、

  • ご祝儀3万円…引き出物総額5千円~7千円
  • ご祝儀5万円…引き出物総額8千円~1万円

ぐらいを目安にすると、料理のグレードとのバランスが取りやすいです。

メインの引き出物、記念品 必ず用意する。

組み合わせた品の中では一番高級なものを選ぶ。

引き菓子 必ず用意する。

ゲストの家族なども楽しめるものを選ぶ。

縁起物 必須ではないが、家庭や地域によって習慣が違うので要確認。

価格よりも意味を重視する傾向も。

プチギフト 必須ではない。

「メインの引き出物・引き菓子・縁起物」と別にしておいて、披露宴で新郎新婦から手渡しすると演出にもなる。

ご祝儀をはずんでもらった時などは「半額」にこだわりすぎない

一般的な結婚式でも、目上のゲストはご祝儀をはずんでくれることがあります。

家族だけの結婚式でも、祖父母や両親、兄姉などから多くのご祝儀をもらうケースが考えられます。

その場合は「半額」にこだわりすぎると、引き出物が高価になってしまう可能性も。あまり高価な引き出物だと、ゲストも「気を使わせてしまったな」と思ってしまうことがありますので、「半額」の条件を満たすことより、お礼の気持ちが伝わるようにと考えながら引き出物を選ぶことが大切です。

家族だけの結婚式の引き出物は、持ち込みか宅配を利用しよう

家族だけの結婚式なら持ち込み料も低価格

引き出物の持ち込みは、持ち込み料がかかる結婚式場でも1点につき300~500円ぐらいです。

一般的な結婚式ではゲストの人数が多いために持ち込み料も高額になるので、会場が提携している業者から引き出物を購入することが多いです。

しかし家族だけの結婚式では、ゲストの人数も少ないので持ち込み料の総額も低価格。

ひとりひとりのことを考えたこだわりの引き出物で、ゲストに喜んでもらいましょう。

もちろん持ち込み料がかからない会場であればなお良いですが、持ち込み料の有無を理由に会場を決める必要がないのは大きなメリットです。

少人数なので宅配の手間もコストも少ない

品物が食器などの重さのあるものだったり、ゲストが遠方から来ていたりすると引き出物の持ち帰りが大変。

軽く持ち運びやすいものに限定してしまうと、どうしても引き出物の種類は限定されてしまいます。

しかし後日ゲストの自宅に届くように宅配で送れば、重さや持ち運びの大変さという問題から解放されます。

当日に引き出物が無いと盛り上がりが不安…という場合は、商品の写真や商品名のリストを用意して「こんな品物をお届けします!」と伝えてもいいですね。

anicrit Gift Storeは記念品専門ショップとして、引き出物や内祝いにぴったりな食品や雑貨をたくさん取り扱っています。

注文する時に複数の贈り先を指定することができるので、自分で発送手続きをする手間から解放されます。

カタログギフトも扱っていて、「雑貨+食品のMistral」「食品に特化したGourmet」「日本をテーマにした雑貨+食品の日本を贈る」という3つのカテゴリがあり、カテゴリごとにさまざまな価格帯に対応しています。

まとめ

家族のみの結婚式でもご祝儀制なら引き出物は必須で、会費制の場合でも手土産がある方が印象は良くなります。

少人数の結婚式でも、引き出物の相場をふまえて品物を選べば、大げさや派手なイメージにはなりません。

家族だけの結婚式なら相手の好みも知っているので、引き出物として定番の品物にこだわらず、本当に喜ばれる品物を選んで引き出物を贈ることができます。

日頃の感謝を込めて選んだことが伝われば、家族の絆もさらに深くなるので絶好のチャンスと捉えてください!

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!