1.5次会に参加するのにふさわしい服装と守るべきマナーを紹介

若い方を中心に人気の結婚式スタイルである「1.5次会」に馴染むのはどんな服装でしょうか。披露宴のような正装にした方がいいのか、あるいは2次会のように少しカジュアルダウンした方がいいのか悩みますよね。

この記事では1.5次会における新郎新婦の衣裳選びとコーディネート例、ゲストの服装選びとマナーについてご紹介します。

1.5次会における新郎新婦の衣裳選び

通常の披露宴であれば、タキシードやウェディングドレスなどが一般的ですよね。

披露宴ほど格式張らず、2次会ほどくだけすぎないのが特徴である1.5次会においては、「これを着なくてはいけない」という決まりは基本的にはありません。

新郎新婦が1.5次会の雰囲気に合わせてドレスコードを決めることになります。

ここではフォーマルな1.5次会とカジュアルな1.5次会の服装コーディネート例をご紹介します。

フォーマルな1.5次会♡新婦のコーディネート例

新婦 ウエディングドレス
出典:PIXTA

結婚式の雰囲気が色濃く出るフォーマルな1.5次会においては、新婦はやはり王道のウエディングドレスがおすすめです。もちろん1.5次会らしく、少しカジュアルダウンさせてみるのもよいでしょう。ネックレスなど、大切にしている思い出のアイテムを身に着けるのもいいですね。

また、シンプル過ぎてゲストに溶け込んでしまうなど、選ぶ衣裳によっては、「主役感」が損なわれてしまうこともあります。髪型や小物などを工夫して、花嫁としての姿をゲストに魅せることも大切です。

フォーマルな1.5次会♡新郎のコーディネート例

新郎 フォーマル
出典:PIXTA

フォーマルな1.5次会では、新郎は基本のタキシード、色は白や黒、ライトグレー、ネイビーが王道でしょう。王道すぎる白や黒よりも、「ネイビー」や「ライトグレー」の方が、洗練された印象をゲストに与えつつも1.5次会感も出せるのでおすすめです。

カジュアルな1.5次会♡新婦のコーディネート例

新婦 カラードレス
出典:PIXTA

カジュアルな1.5次会において、衣裳を考えるときは当日の会場の雰囲気やテーマに合わせましょう

例えば、活動的で移動も多いプログラムがある場合には、小回りのきく「ボリュームの少ないスレンダーラインやエンパイアライン、ミモレ丈のドレス」などがいいでしょう。

また、ウェディングドレスに合わせる小物も、当日の会場の雰囲気やテーマを元に選ぶと、まとまりがよく見えます。

カジュアルタイプの1.5次会には、ウェディングドレスにGジャンや革ジャンなどを羽織るスタイルや、新郎とリンクコーデするのもおすすめです♡

カジュアルな1.5次会♡新郎のコーディネート例

新郎 カジュアル
出典:PIXTA

カジュアルな1.5次会では、チェックの柄のタキシードや、花柄のシャツや蝶ネクタイなど、遊び心を取り入れるのもよいでしょう!

夏場は半袖のシャツにベストとストローハット、冬場は温かみのある素材でコーディネートするなどで、格式張らないコーディネートで季節感を出せるのも1.5次会ならではです!

フォーマルな1.5次会、カジュアルな1.5次会、いずれの場合にせよ、ゲストの顔ぶれによって、失礼のないコーディネートにするよう心がけることが最も大切なポイントです。

1.5次会にふさわしいゲストの服装とは

1.5次会の服装選びに頭を悩ませるのは、新郎新婦だけではありません。ここでは1.5次会のゲストの服装選びのコツと注意点についてご説明します。

1.5次会の服装選びのコツ

1.5次会ではゲストの服装に結婚披露宴のようなドレスコードはありません。どの様な服装でも基本的に自由でいいとされています。ただし、おめでたい日を祝うというスタンスのため、カジュアル過ぎてはマナー違反です。

1.5次会においても、通常の結婚披露宴同様、女性ならワンピース、男性ならスーツが基本の服装と考えましょう。

1.5次会は、ホテルやゲストハウスのような格式高い場所で行われるフォーマルなケースもあれば、逆にカジュアルなレストランやカフェを貸し切って行われるカジュアルなケースもあります。それぞれのケースに合わせて、その場にふさわしい服装を選ぶのがコツです。

フォーマルな1.5次会なら、ゲストもきっちりとしたファッションで参加するのがマナーと考えましょう。ただし、髪型や羽織ものをドレスダウンさせるなど、フォーマルになりすぎないカジュアルアレンジで着くずすなどのバランスはあってもよいでしょう。

カジュアルな1.5次会なら、一般的な結婚式の二次会と同程度のカジュアルなファッションで構いません。とはいえ、普段着はいけません。パーティードレスやジャケットを基本として、ヘアスタイルやアクセサリー、シャツに柄物などでオシャレ度を一段上げてみましょう。

ただし、和装はこういった場所では周りから浮いてしまう恐れがあるため、避けた方がよいでしょう。

ゲストの顔ぶれも服装選びのヒントになる

ゲストの顔ぶれも服装選びのヒントになります。例えば両親や親族、上司の方々がゲストとして参加する場合、少しかしこまった会になることが考えられるので、会場を問わずフォーマル寄りの服装にしましょう。

一方、ゲストが新郎新婦の友人たちのみである場合は、カジュアルな装いでも問題ないでしょう。

1.5次会の服装選びの注意点

自由なスタイルで開催される1.5次会ですが、服装に関するマナーやタブーは一般的な結婚式や披露宴などと変わりません。1.5次会もあくまでお祝いの席であり、主役は新郎新婦であるということを忘れない服装選びにしましょう。

1.5次会に招待される際に、「カジュアルで」「平服で」というドレスコードの指定があるかもしれませんが、Tシャツやジーンズのような、いわゆる私服での参加はNGです!この場合の平服とは私服のことではなく略礼装のことですので注意しましょう。

1.5次会に招待されたゲストの服装選び

画像素材:PIXTA

ここまでご説明したように、1.5次会の服装選びの基本は「フォーマルな服装をほんの少しだけカジュアルダウンさせること」です。

女性・男性別にゲストの服装マナーをご紹介します。

女性ゲストの服装マナー

服装

ベースはキレイめで上品なワンピースを選ぶとよいでしょう。

ただし、1.5次会が朝から昼間に行われるときは、肌の露出を抑えるのがマナーです。2次会なら許される肩や背中の露出も、1.5次会では控えた方がよいでしょう。ノースリーブドレスは肩や腕の露出が多くなるので、ショールやボレロなどを羽織りましょう。

なお、ホテルやゲストハウスで開催される場合など格式高い会場でおこなわれる1.5次会の場合には、和装で参加するのも不自然ではありません。

ただし、選ぶ色や柄によっては目立ってしまうこともあります。和装で参加する場合には、比較的落ち着いた色味をチョイスしましょう。また花嫁が和装をする場合は、色や模様が被らないように配慮することも必要です。

和装選びの際には、自身で持っているものを着ていくほかに、レンタルを利用するのもひとつの手です。式場や季節などに合わせて、1.5次会に適した着物を選んでもらえるので心強いでしょう。

色合い

服装の色合いとしては、基本的に白と黒以外の服を選ぶようにしましょう。一般的に「白」は新婦が着るものであるとされているため、色が被ってしまうことは望ましくありません。同時に喪服を連想させる「黒」も控えるとよいでしょう。ただし、全身真っ黒のコーディネートにならないよう、羽織ものやバッグなど差し色を入れるなどすれば、黒のドレスもNGではありません。

生地

動物を生地に使用している服装はやめましょう。アニマル柄やファー、毛皮は殺生のイメージを抱かせるため結婚式というお祝いの場にはふさわしくないと言われています。

足元

カジュアルな1.5次会においても、素足はマナー違反です。必ず肌馴染みの良いベージュ系のストッキングを着用しましょう。喪服を連想させる黒系統のストッキングは避けた方が無難です。

靴はヒールのあるパンプスを履きましょう。爪先が見えるオープントウタイプ、ミュールやサンダルはカジュアルになりすぎてしまうため、控えましょう。

小物・アクセサリー

小物やアクセサリーは、カジュアルさを持たせるワンポイントにとても有効です。

服装と同じく、バッグや小物に関してもアニマル柄やファー、毛皮は殺生のイメージを抱かせるためNGです。

また、女性であればネイルをしている方も多いでしょう。長すぎるネイルや派手すぎるカラーなどやりすぎには気をつけましょう。また、黒やネイビーなど、暗い印象を与えてしまう色味や、反対に真っ赤や濃いピンクなど、新婦より目立ってしまうような華やかすぎる色味は、お祝いの場にはふさわしくありませんので注意しましょう。

男性ゲストの服装マナー

服装

結婚披露宴と同じく、フォーマルスーツがおすすめです。

基本はブラックスーツですが、ビジネススーツとは違います。光沢がなく深い黒のスーツを選び、シルバーやグレーのネクタイを合わせるときれいにまとまって見えるでしょう。着こなしのポイントは糊のきいた無地の白シャツネックや袖丈がしっかり体形にあっているものを選ぶことです。

1.5次会らしさを出したいのなら、ワンポイントとなる蝶ネクタイをつけたり、水色やえんじなど、華やかな色のネクタイを使用するのもおすすめです。スーツに彩りを加えることができます。

色合い

新郎新婦の衣裳と被らないよう白はもちろん、明るいグレーやうすピンクなど、パッと見て白に近いような色のスーツは避けましょう。

黒のスーツはフォーマルな場で着用しがちですが、黒のベストや黒のネクタイのような全身を黒で統一するのは喪服を連想させてしまうため控えましょう。ワンポイント色味を加えることがポイントです。

また、新郎よりも目立ってしまうような派手なコーディネートも避けましょう。

生地

女性ゲストと同様、アニマル柄やファー、毛皮は殺生のイメージを抱かせるため控えましょう。

足元

靴は紐付きの黒のストレートチップが一般的です。「メダリオン」と呼ばれる穴飾りのあるデザインはカジュアル向きのため避けておいた方が安心です。靴下は黒が一般的で、くるぶしの隠れるものにしましょう。

なお、カジュアルスタイルであれば、ちょっとした柄が入っている程度ならOKです。

小物・アクセサリー

男性の1.5次会の装いで、ぜひおすすめしたいのがポケットチーフです。ポケットチーフは、シックな装いの中に華やかさを加えることができます。また、折り方次第で印象がガラリと変わり、コーディネートをワンランクアップさせるアイテムです。基本的には清潔さを連想させる白がおすすめです。

その他、ネクタイピンやカフスボタンなど、スーツの着こなしを彩るアクセサリーは1.5次会らしい華やかさ・個性・男性の色気を演出することができます。

ベルトはスーツスタイルに合った黒・茶色のシンプルなレザーが基本で、ベルトの色と靴の色は統一させるとよいでしょう。

まとめ

1.5次会における、新郎新婦の衣裳選びやコーディネート例、ゲストの服装選びとマナーについてご紹介しました。

1.5次会は、一般的な結婚披露宴のようにこれと決まったドレスコードはありません。とはいえ、服装に関するマナーについて、新郎新婦は一般的な結婚式や披露宴などと変わらず、ゲスト側も男性ゲストはスーツ、女性ゲストはワンピースを着るのが一般的です。

会場の雰囲気や出席するゲストの顔ぶれなどで、フォーマルかカジュアルかを考えながらバランスのとれたコーディネートにしましょう♡

  • 素敵なチャペルで挙式をしたい!
  • アクセスの良い会場がいい!
  • ゲストも自分たちも満足できる内容で!
  • しっかりした設備やサービスがいい!!

ルクリアモーレが、おふたりの理想の結婚式を叶えます。

通常、結婚式にかかる費用の標準は176万円程度。
ルクリアモーレなら、4つの割引で最大132万円OFF。
選べるチャペルと結婚式場ならではの設備、料理、おもてなし。

準備機関は最短1か月。まずはお気軽にお問い合わせください。