こだわりのウェルカムボードを手作りしよう!

ウェルカムボードは、結婚式に来場したゲストをお迎えする大切なアイテム。

せっかくなら印象的なウェルカムボードにして、ゲストに「素敵な結婚式になりそう!」とわくわくしてほしいですよね。

今回の記事ではこだわりのウェルカムボードを手作りする手順をご紹介しますので、ぜひ参考にしておふたりだけのウェルカムボードを作ってくださいね。

ウェルカムボードを手作りする手順は?

Step1.デザインのイメージやコンセプトを決める

ウェルカムボードの材料を買ったり作りはじめたりする前に、どんなウェルカムボードを作るか決めておきましょう。

たとえば和モダンな結婚式を挙げるなら、和柄を描いた絵のウェルカムボードの中に、漢字などを取り入れてみると会場の雰囲気と合っていて◎。

ボタニカルウエディングを挙げようと考えているカップルならウェルカムボードもリースや植物などで飾りつけして「自然」をイメージしたものを作ると、ゲストが来場したときに印象に残ります。

また、前撮りで撮ったお写真を使ってボードの周りを飾りつけするのもおすすめです。

Step.2ウェルカムボードに使える予算を決める

ウェルカムボードに使える予算はどれくらいにするかを決めます。

ウェルカムボードの用意を結婚式場にたのむ場合は5,000円~15,000円前後が相場ですが、手作りする場合、材料は100円ショップの素材を使って、1,000円以下で作る方も多いです。

予算をおさえながらも、こだわりのウェルカムボードを演出しましょう。

Step.3ウェルカムボードを飾る場所とサイズを考える

結婚式場のどこにウェルカムボードを置くか、サイズはどれくらいにするかを考えましょう。

一般的なウェルカムボードの設置場所とサイズの組み合わせは以下の通り。

  • 会場への入り口…A2サイズ以上

A4の4倍の大きさなので遠くからでも見え、お越しになるゲストへ印象的なウェルカムボードになります。

会場の入り口や受付のテーブル横にウェルカムボードを飾る場合、「イーゼル」という台に乗せて飾るのがおすすめ。

イーゼルを貸してもらえるか結婚式場に問い合わせ、場合によっては購入やレンタルしておきましょう。

  • 受付のテーブルの上…B5~A4くらいのサイズ

受付のテーブルの上なら、ゲストや受付の人がぶつからないように小さめのB5~A4サイズにするのがおすすめです。

  • 受付のテーブルの横…A4サイズ以上

受付のテーブルの横にイーゼルを置いて飾るなら、A4サイズ以上がおすすめ。

当日の進行の流れに沿って、ウエルカムボードを飾る場所を会場側で移動させてくれるので、プランナーさんに相談してみて。

Step.4どんなメッセージを書くか決める

ウェルカムボードに入れるメッセージは、ふたりの名前やゲストへの歓迎の言葉、結婚を喜ぶ言葉などが一般的。

名前以外のメッセージなら、

「Welcome!」

「Happy Wedding」

「ありがとう」

などが多いです。

英語や日本語、カタカナやひらがな、漢字も使ってOKなので、ふたりにピッタリのメッセージを考えてください。

Step.5ウェルカムボードの素材を探す

ウェルカムボードを手作りするために素材は以下の3つ。

①ふたりのメッセージをプリントした紙や木の板

メッセージボードの主役になる、ゲストをお迎えするメッセージを書いたベースになるものです。

②フレーム

A4のウェルカムボードを作る場合、フレームには一回り大きいA3のフレームを使うと、装飾で写真や文字が隠れてしまうことがないでしょう。

こだわるなら画材屋さんやウェブ通販などで探すのも1つの手です。

木を思わせる自然な色のフレームや白と金で彩られたリッチなイメージのフレームなど、いろいろな種類があるので自分たちの結婚式のイメージに合わせて選びましょう。

③リボンや花など飾りつけのアイテム

リボンや花などのアイテムは、100円ショップや雑貨屋さんで購入することができます。

好みでスパンコールやシール、ビーズなどを用意してもいいですね。

Step.6実際にウェルカムボードを手作りする!

①メッセージを書いたボードを用意

メッセージは自分たちで考えても、インターネットで公開されているテンプレートを使っても大丈夫。

メッセージを手書きした紙をそのままウエルカムボードに使うと、万が一雨に濡れてしまった場合などインクがにじんでしまうことがあるので要注意。

一度スキャンしてからプリントした紙を使うと、会場でインクがにじまないのでおすすめです。

幸せそうな新郎新婦の写真やイラストを取り入れてももちろんOK。

②メッセージボードをフレームに入れる

メッセージボードをフレームに入れてみましょう。

リボンなどの飾りをつける前によく確認して、フレームにも線やメッセージなどのデザインをしてみてもいいですね。

③フレームのまわりに飾りつけをする

フレームに花やリボンを飾りつけるときは、接着剤を使います。

手芸やDIYでよく見る「グルーガン」を使うと、飾りを強力に接着することができます。

手芸やDIYでは一般的な道具なので、ホームセンターや100円ショップでも探せるアイテムです。

リースを飾るときはリースベースを100円ショップで購入して、グルーガンで造花や植物をつけると、手軽に素敵なリースが作れますよ。

手作りウェルカムボードのアイデア5選

写真を使った手作りウェルカムボード

おふたりの写真を使ったウェルカムボードはとってもおしゃれ。

フォトフレームの中に新郎新婦の写真を入れ、アクリル板の上からメッセージを書くデザインは手作りしやすく、人気があります。

ポスターやフィルムのようにデザインすると、映画のワンシーンのようにドラマチックなウェルカムボードになって素敵ですよ!

似顔絵を描いた手作りウェルカムボード

おふたりで、自分たちの似顔絵を描いたウェルカムボードはアットホームなイメージの結婚式にぴったり。

似顔絵のまわりにリボンや布でドレスやタキシードをデザインしてもおもしろいです!

フォトフレームの裏にペンキを塗ってみるとおしゃれなウェルカムボードに!

フォトフレームの裏側にペンキやマーカーを広く塗り、表にはメッセージを書くというデザイン。

リゾートをイメージした結婚式では裏側を青く塗って表には白いマーカーでメッセージを書くと、海と砂浜や貝殻のイメージに似合いますよ!

刺繍のウェルカムボード

手芸が得意なカップルなら、布に刺繍でイラストやメッセージをあしらったウエルカムボードがおすすめ。

刺繍する時に使う「刺繍枠」をそのままフレームに利用すると、手芸が好きなことやこだわりが伝わりやすいです!

黒板のウェルカムボードにはゲストにもメッセージを書いてもらえる

黒板のウェルカムボードに、マーカーなどで消えないようにメッセージやイラストを書いて用意するというアイデア。

結婚式当日にはチョークを用意しておくと、ゲストにもイラストやメッセージを書き足してもらえます。

ウエディングツリーを描いておいて、ゲストに名前やメッセージを書き込んでもらうのも素敵ですよ。

まとめ

ウェルカムボードを作るときは、結婚式のテーマをもとにイメージを考えるのがポイント。

ボタニカルウエディングでは本物の植物で飾りつけをする、和モダンの結婚式なら毛筆書体を使用するなど、「どんなテーマの結婚式か」が分かるウェルカムボードにすると会場との統一感が出ます。

手作りの素敵なウェルカムボードで来場したゲストの目を引いて、「素敵な結婚式に呼ばれた!」と感じてもらいましょう!

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!