入籍前の両家顔合わせ♡服装のマナーとポイント

ご両親への結婚の挨拶を済ませたあとは、入籍の前に両家顔合わせを行うことが一般的とされています。

結婚前の大事な食事会である両家顔合わせでは、どのような服装が適切なのでしょうか?

結婚をするおふたりと、同席されるご両親や親族の服装のマナーも合わせて確認しておきましょう。

両家の服装の格を合わせましょう!

両家揃っての食事会において、服装選びはとても大切なポイントとなります。

たとえば、相手側の親族が和装を着るのに、自分の親族がカジュアルな服装であった場合、両家で服装の格が異なり、雰囲気が崩れる原因となってしまいます。

こうしたことにならないためにも、おふたりだけでなく、両家の意向を事前に確認しておくのが望ましいです。

食事会の場所や雰囲気に合わせて決めるとよいでしょう。

女性はワンピースが定番!

ワンピースでシンプルに

女性は、シンプルなワンピースが一般的です。

スカートの丈は、膝丈くらいのものを選び、露出の少ないものが良いでしょう。

上品かつ明るい色合いのワンピースがオススメです♪

和装は格に注意して

和装で顔合わせをしたい!という場合には、種類や格に配慮して何を着るかを選びましょう。

両家顔合わせにふさわしい和装として、訪問着や色留袖があります。

色留袖には、一つ紋・三つ紋・五つ紋という種類があり、数が多くなるほど格式が高い着物になります。

五つ紋の色留袖は正礼装となるため、顔合わせでは一つ紋や三つ紋を選ぶとよいでしょう。

振袖もおススメ!

両家顔合わせにおいて、ワンピースを着る方が圧倒的に多いようですが、中には、振袖を選ぶ方もいます。

振袖は、未婚の女性の第一礼装であるため、最も格式が高い和装とされています。振袖を着ていくことで、場が華やかになります。

しかし振袖を着る場合には、格式の高い会場であることや、相手のご家族に振袖を着ることを伝えておくとよいでしょう。

男性は派手すぎないシンプルなスーツを選びましょう!

男性は、落ち着いた雰囲気の黒や紺、グレーのスーツが一般的です。

シャツやネクタイも、派手すぎないデザインが望ましいです。

また、食事会場によっては靴を脱ぐこともあるので、靴下選びまでぬかりなく行い、気を配りましょう。

両親や親族は主役のおふたりに配慮した服装を

これから結婚するふたりが主役となる、両家の顔合わせでは、両親や親族の服装が派手やかになりすぎないよう心がけましょう。

また、両家だけでなく、家族同士においても、格を揃えることが大切です。

主役のふたりに合わせて服装を決める

お父様はスーツ、お母様は上品で落ち着いたワンピースやスーツが一般的といわれています。

主役のふたりが、和装を着る場合には、合わせて和装で参加するのもよいでしょう。

ご兄弟がいる場合は、親御様に合わせてスーツにするなど、きちんと感のある服装がおすすめです。

また、学生の場合は、制服でも問題ありません。

会場の雰囲気も考慮

両家顔合わせの服装に絶対という決まりはありません。

お互いの親族の服装の雰囲気を合わせることはもちろん、利用する食事会場の雰囲気も考慮して、服装を選ぶようにしましょう。

格式の高い料亭で行う顔合わせに、あまりにカジュアルな恰好、というわけにはいきません。

会場が決まったら、事前にご自身のご家族と服装の相談をしておきましょう。

 

大切なご家族や親しい友人に囲まれた思い出に残る結婚式を叶えたい。
わかりやすい料金プランと全国のハイクオリティな結婚式場で
ルクリアモーレがおふたりの結婚式を叶えます。

まずはお近くのルクリアモーレへお問い合わせください。