親族の結婚式にお呼ばれした50代女性必見♡上品な髪型・ヘアアレンジ

50代ともなると、昔から可愛がっていた甥や姪など親族の結婚式にお呼ばれする機会も増えてきます。親族として結婚式に参列する50代女性に求められる髪型のポイントは「上品さ」です。

今回は親族の結婚式にお呼ばれした50代女性におすすめの髪型・ヘアアレンジについて、髪型マナーやヘアスタイルを選ぶときのコツとあわせてご紹介します。

結婚式に参列するときの髪型マナーとは

訪問着 女性
画像素材:PIXTA

新郎新婦の親族として結婚式に参列するときは「関係者」という立ち位置になります。親族の身だしなみは、めでたい結婚式の場の印象に影響するでしょう。

新郎新婦の関係者として結婚式に参列するなら、髪型についての3つのマナーを守りましょう。

マナー1:清潔感のあるアップヘアスタイル

結婚式はフォーマルな場面です。一般ゲストの方や相手の親族の方が不快な思いをしないよう、カジュアルに感じさせない身だしなみが求められます。

親族として結婚式に参列するときには清潔感のあるアップヘアスタイルにしましょう。

  • 髪をさらっとした綺麗な状態に保っていて、アップでまとめている
  • 肩に髪がかかっていない
  • 目元を出し、前髪の影が顔に出ない

ぼさぼさで梳かされていない髪、てかてかしたウェットな印象の髪は論外ですが、肩に髪がかかるほど長すぎたり、前髪が目にかかって影ができていたりしても、ぱっと見で不衛生な印象を与えます。

流行の髪型であったとしても、他の人に不快感を与える髪型であればマナー違反です。客観的な視点で改めて髪型をチェックしましょう。

マナー2:フォーマル感を出す

近頃ではピンクや青など、カラフルな髪色に染めている方も珍しくありません。日常生活ではおしゃれな髪型ですが、結婚式の場ではフォーマル感を意識し、おとなしめの髪色が上品さを演出できるため、望ましいです。

必ずしも黒髪である必要はなく、染めるにしてもブラウンベースであれば許容範囲です。

なお、染めずにやり過ごしたいなら、不自然さのないウィッグを活用しましょう。特に50代女性であれば、ミセス向けのショートヘアのフルウィッグが扱いやすく、おすすめです。カジュアルなパーティー向けの安価なコスプレ用ウィッグは不自然に見え、フォーマルな結婚式では不適当なので避けましょう。

新婦の和装で当たり前にかつらが使われているので、ウィッグ(かつら)の使用は自然に馴染んでいるのであれば失礼には当たりません。

マナー3:新郎新婦より目立たない

「結婚式では主役の新郎新婦よりも服装が目立たってはいけない」原則がありますが、これは髪型にも当てはまります。参列する親族は、新郎新婦やその両親、兄弟姉妹よりも目立つ髪型をしてはいけません。派手な髪飾りはつけず、参加者として控えめな髪型を心がけましょう。

結婚式にお呼ばれの50代が結婚式にしていくべき髪型・ヘアアレンジ

肌見せドレス 女性
画像素材:PIXTA

親族として結婚式に参列するときは、年齢に即した髪型をする必要があります。20〜30代であれば高さを出した華やかな髪型もいいですが、50代となると目を引く華やかさよりも上品さが求められます。

ロングヘアのおすすめ髪型・ヘアアレンジ

50代女性におすすめの上品な髪型は数多くあります。そこで今回はロングヘア・ショートヘアで一般的でおすすめのヘアアレンジをご紹介します。

まずはロングヘアから見ていきましょう。

おすすめ1:夜巻きでアップスタイル

50代女性 夜巻き
画像素材:PIXTA

まず大人っぽく、上品な髪型と言えば夜会巻きのアップスタイルでしょう(画像の中央の方のヘアスタイル)。洋装でも、和装でも対応できます。

毛先をカールして編み込みなどの華やかスタイルが若者ならではのお呼ばれスタイルであるなら、夜会巻きは50代だからこそ醸し出せる上品なスタイルです。夜会巻きは髪をねじり上げて夜会巻き用のコームで留めて作ります。

夜会巻きのねじり方を工夫すると、ヘアアクセサリーがなくとも、バラのような形を作ることもできますよ。

50代女性 夜巻き ねじり
画像素材:PIXTA

おすすめ2:ポンパドールのシニョンスタイル

歳を重ねると、トップが物足りなくなるため、中央の髪をポンパドールにしてボリュームアップするのがおすすめです。和装であればパールの簪を使って、シニョンスタイルにアクセントをつけるのも華やかですね(注:中央の方は夜会巻きです)。

他の髪は毛先をカールさせておき、ねじってヘアピンで留めるようにすると、立体的なアップスタイルに仕上がります。

また、アレンジが苦手な方は、お団子にしてゴムでまとめたうえに、地毛と同じ色のお団子ウィッグをかぶせるのもおすすめです。

50代女性 ポンパドール
画像素材:PIXTA

ショートヘア〜ミディアムのおすすめの髪型・ヘアアレンジ

次にショートヘア〜ミディアムでおすすめの髪型・ヘアアレンジです。

おすすめ1:シルエットがきれいな内巻きスタイル

50代女性 内巻き
画像素材:PIXTA

毛束を内巻きに整えたショートボブのヘアアレンジは50代らしい落ち着き感とともに、結婚式らしい華やかさも演出してくれています。

おすすめ2:華やかさアップのゆるふわパーマスタイル

50代女性 パーマースタイル
画像素材:PIXTA

パーマをかけると印象ががらりと変わるというのはよくあることです。ゆるふわにパーマをかけ、髪型に軽さを持たせると毛束同士が重なり合い、全体的に華やかな雰囲気になり、結婚式の場にもぴったりです♡

髪が短くてヘアアクセサリーが難しくても、両耳を出してピアスやイヤリングをつければ、華やかな印象になりますよ。

50代女性が上品な髪型にする3つコツ

50代女性が上品さな髪型にする3つのコツをご紹介します。

コツ1:髪型は面立ちで選ぶ

髪型は人の顔立ちによっても印象が変わります。

顔立ちには面長、丸顔など、それぞれの特徴があります。ポイントは顔立ちや輪郭と髪型のバランスを意識することです。

丸顔な方は縦にボリュームを持たせる

丸顔とは顔の縦幅と横幅がほぼ等しい顔立ちのことです。また、頬に張りがあって丸みをもっているため瞳が大きく見えやすい特徴があります。

丸顔な方は童顔に見られがちで、可愛らしい印象を与える一歩、子どもっぽくなりやすく、フォーマルな印象に仕上げるのが難しいと悩む方もいます。

そんな丸顔の方には、縦の高さを意識した髪型がおすすめです。トップにボリュームを持たせたヘアアレンジや、あえておでこを出したヘアスタイルなど、上品な大人っぽさを演出できるでしょう。

面長な方はサイドにボリュームを持たせる

面長とは顔の縦幅の比率が横幅よりも大きい顔立ちのことです。面長は日本人に最も多い顔立ちだと言われ、丸顔の方とは反対に、普段から大人っぽく見られがちです。

面長な方は全体的にシャープな輪郭で「クール」や「かっこいい」という印象になる反面。老け顔に見られやすい悩みもあります。

そんな面長の方は、サイドにボリュームを持たせた髪型がおすすめです。前髪を片方に流してアシンメトリーにしたヘアアレンジ、イヤリングやヘアアクセサリーで横幅を出したスタイルなど、横を意識させる演出をしましょう。

コツ2:洋装・和装で選ぶ

「当日の服装とマッチするかどうか」で髪型を選ぶのもおすすめです。

50代となると、洋装よりも和装の方が体型カバーも兼ねて大人の上品さを演出しやすく、フォーマルな場面で着用される方も目立ちます。

洋装・和装それぞれの特徴にあったヘアアクセサリーも活用すると、さらに上品さにつながるでしょう。

洋装ならリボンやパールのヘアアクセサリーで彩る

リボンやパールのヘアアクセサリーは華やかな結婚式で髪型を彩るのにぴったりです。セミロングなど髪が長い場合、ゆるく編み込んでシニョンヘアにまとめると、簡単に上品なヘアスタイルにできます。

和装なら簪などで上品さをアップさせる

和装の髪飾りとして代表的なのは簪(かんざし)でしょう。ただし、ここでも主役である新婦よりも目立ちすぎないということに気をつけなくてはいけません。真珠やべっ甲など和装の髪飾りとして一般的なものを選びましょう。

お気に入りの簪の柄や装飾が少し華やかすぎるかも?と心配な場合、新婦に配慮し、つける位置を少し低めにしてみましょう。簪の主張が控えめになり、目立ちにくくなります。

コツ3:ヘアアレンジするなら「大人の上品さ」を出すこと

若い頃の結婚式の参列のイメージのまま髪型をセットしてしまうと、落ち着きがない印象を与えてしまいかねません。親族として結婚式に参列するなら、髪を下ろしたダウンヘアはもちろん、後れ毛やハーフアップなど、顔・首周りに髪がかかる髪型はカジュアルな印象を与えるため、考え直した方がよいでしょう。

50代に求められるのは「大人の上品さ」です。顔も首もすっきり見せることで、大人の余裕を感じさせましょう。

結婚式に参加するときの髪型を選ぶときの注意点

人の印象を大きく左右する髪型ですが、50代女性に相応しい上品な髪型を形作るためには次の2つの点に注意しなくてはいけません。

  • NGな髪型にしないこと
  • ヘアアクセサリーには縁起のよいものを品よく控えめにすること

それぞれ詳しく見ていきましょう。

注意点1:NGな髪型にしないこと

すでにお話ししましたが結婚式はフォーマルな場であり、あまりにだらしない髪型をしていると新郎新婦に恥をかかせてしまいます。次の3つの髪型は避けましょう。

NGヘア1:まとまっていないダウンヘア

どんなに丹念に手入れをしていて、美しいロングヘアであっても、結婚式の場面でまとめていないのはフォーマルではないのでNGです。

長い髪は食事をするとき、髪が食事の中に入ってしまったり、いちいち耳に掛けたりしないといけないため、傍から見るとあまり衛生的とはいえません。

また、フォーマルな場面に髪をまとめずに参加すると「髪もろくにまとめられないだらしない人」という目で見られてしまうこともあります。ハーフアップでも、首にかかっていると同様の扱いを受ける可能性があります。

不要なトラブルを避けるためにも、フォーマルな場面では髪はまとめましょう。

NGヘア2:ぼさぼさヘア

パーマと整髪料でつくる無造作ヘアとぼさぼさヘアは別物です。フォーマルな場面で、セットしていない髪型は褒められたものではありません。頭から爪先までTPO(時と場合と状況)にあわせた身だしなみは、結婚式に限らず、社会で生きていくうえで大切なものです。

NGヘア3:プリンヘア

染めむらによるプリンヘアも、フォーマルな場面ではNGです。事前に招待されている結婚式で、日々の生活が忙しくてメンテナンスの時間が無かったという言い訳は通用しません。染めむらはブラウンカラーでも目立つため、結婚式に参列するときは再度染め直しをするか、ウィッグやヘアアレンジでプリンヘアを見せない工夫をしましょう。

注意点2:ヘアアクセサリーには縁起のよいものを品よく控えめに

髪型を選ぶときは服装とのバランスが大切です。特にヘアアクセサリーを活用するなら、服装の色合いに合わせると全体に統一感が出て、センスが光るコーディネートになるので、おすすめです。

ただし、結婚式の場ではいわゆる「縁起の悪い」といわれるヘアアクセサリーを使うことはマナー違反です。ヘアアクセサリーを選ぶときは次の3つの点に注意してください。

毛皮・ファー・革製品はNG

毛皮・ファー・革製品などは、動物の殺生を連想させるため、結婚式では縁起が悪いと敬遠されます。

縁起をという面を差引いても、「毛が抜け落ちやすいものは衛生的ではない」と気にするゲストもいるので、楽しい結婚式をみんなが楽しめるよう、不快な思いをする可能性があるアイテムは身に着けないのが吉です。

黒一色のヘアアクセサリーは死を連想させる

ヘアピンやネット、ゴムなどの髪色にあわせて隠すヘアアクセサリーは別として、装飾が目的の黒一色のヘアアクセサリーは喪を連想させてしまうため、結婚式の場にはふさわしくないとされます。特別な理由がない限りは避けた方がよいでしょう。

例えば、ブラックパール(黒真珠)などは高級アクセサリーの象徴ともいえるもので、結婚式の場に身に着けていくのにはふさわしい格ですが、近年では「ブラックパールは葬式で使うもの」というイメージが定着しつつあり、人によっては「ブラックパール=縁起が悪い」と捉える方もいます。みんなが楽しめるよう、誤解を招く可能性の高いヘアアクセサリーは結婚式で使わない方がよいでしょう。

新婦と被るヘアアクセサリーは避ける

結婚式のマナーとして「新婦と被るヘアアクセサリー」は避けるようにするのが一般的です。例えば、白のレースや大きなホワイトパール、リアルに見える花のヘアアクセサリーは新婦がよく身に着けるアイテムなので、避けましょう。親族であれば、主張しすぎない大きさの、上品なヘアアクセサリーを心がけましょう。

まとめ

50代女性が親族の結婚式に参列するときのおすすめの髪型・ヘアアレンジを見てきました。

親族の結婚式に参列するときは大人の上品さを最優先で♡

洋装にしても、和装にしても、50代女性のヘアスタイルはアップが基本です。新郎新婦とその家族という花に寄り添って咲くように、場に馴染む上品な髪型で参列しましょう。

  • 素敵なチャペルで挙式をしたい!
  • アクセスの良い会場がいい!
  • ゲストも自分たちも満足できる内容で!
  • しっかりした設備やサービスがいい!!

ルクリアモーレが、おふたりの理想の結婚式を叶えます。

通常、結婚式にかかる費用の標準は176万円程度。
ルクリアモーレなら、4つの割引で最大132万円OFF。
選べるチャペルと結婚式場ならではの設備、料理、おもてなし。

準備機関は最短1か月。まずはお気軽にお問い合わせください。