似顔絵を使ったウェルカムボードの相場とおすすめショップを4つご紹介

結婚式に来てくれたゲストをお迎えするウェルカムボードは、印象的なアイテムにしたいですよね。

おすすめは「似顔絵」を使ったウェルカムボード。

新郎新婦の似顔絵を描いてもらったウェルカムボードはアットホームな結婚式を思わせてくれる、素敵なウエディングアイテムです。

今回はウェルカムボードに似顔絵を描いてもらうメリットや似顔絵の相場、おすすめのショップをご紹介します。

似顔絵ウェルカムボードのメリット

アットホームな雰囲気を演出できる

似顔絵が描かれたウェルカムボードの特徴は、アットホームであたたかい雰囲気。

思い出や結婚式の衣装の似顔絵だけでなく、絵本の世界のようなデザインも、似顔絵なら実現できます。

結婚式の思い出の中でも世界でひとつだけの印象深いアイテムとして、新居に飾って楽しむことができるのも嬉しいです。

ウェルカムボードの見た目が華やか

筆記体のウェルカムメッセージでまとめたシンプルなボードはとてもおしゃれで人気がありますが、ひと目で「ウエディングアイテムだな」「結婚式のウェルカムボードだな」と分かりにくいことがあります。

新郎新婦の似顔絵が描かれたウェルカムボードはゲストの目を引きますし、ひと目でウェルカムボードであることを分かってもらえます。

挙式後の食事会場がカジュアルなレストランやカフェなどの場合は場所が分かりにくいこともありますが、似顔絵のウェルカムボードでゲストを誘導すれば「ウェルカムボードがあるからここが結婚式の食事会場だな」と分かってもらいやすいです。

ゲストに似顔絵のことを話題にしてもらえる

友人や親族ゲストなど、新郎新婦をよく知っているゲストは「似顔絵すごく素敵!」「とっても似てるしあったかいイラストでいいね!」と話題にしてくれたり、ウェルカムボードの写真を撮ってくれたりします。

似顔絵のあたたかい雰囲気は年配のゲストにも評判がいいので、年上の親族ゲストが多いときにはおすすめですよ。

似顔絵ウェルカムボードのデメリット

作家さんによっては納期が3か月以上先のこともある

人気のある作家さんだと納期が3か月以上先のこともありますし、受付を一時的に停止していることもあります。

ショップや個人の作家さんに問い合わせて、納期を確認しておきましょう。

ウェルカムボードの費用が高めになってしまう

世界で1つだけの絵を注文するので、ウェルカムボードの費用が少し高めになってしまいやすいのもデメリットと言えるでしょう。

一般的な相場は2万~3万円前後ですが、ショップや作家さん、オーダーの内容によっても価格は変わるので、人気の作家さんやこだわりのオプションを選ぶと費用が高額になることもあります。

ショップなどで名称が違いますが、「お楽しみ」「おまかせ」など、オプションやオーダーを簡単にすると価格をおさえやすいのでおすすめですよ。

似顔絵ウェルカムボードを注文する時の流れ

似顔絵は目の前で描いてもらうこともありますが、インターネットで注文して、送った写真やイメージを元に制作してもらうケースが多いです。

ネットで似顔絵ウェルカムボードを注文してから届くまでの流れは一般的に以下のとおり。

Step.1ウェブ上でお気に入りの似顔絵イラストレーターさんやショップに問い合わせをする

Step.2似顔絵を注文し、郵送やメールなどで写真を送る

Step.3イラストレーターさんの作画を待つ

Step.4似顔絵ウェルカムボードが届くので、結婚式当日まで大切に保管する

おすすめの似顔絵ウェルカムボードショップ4選

WORLD1

WORLD1には13人の作家さんがいます。

どなたの作風もあたたかみがあり、アットホームな結婚式に似合います。

ホームページでは似顔絵と一緒にウエディングツリーを描いたウェルカムボードをおすすめしているので、ゲストが来場した時にウエディングツリーを作ってもらう予定ならぴったりのショップです。

ウェルカムボードに使いやすいLサイズにふたりの似顔絵を描いてもらう場合、29,000円+税から注文できます。

WORLD1 ※公式サイトに移動します

WONDER PAINT

WONDER PAINTには11人の作家さんがいます。

はっきりした色使いやコミカルな作風から、水彩の透明感とあたたかさを大切にした作風まで選べるのが嬉しいポイント。

ウェルカムボードに使いやすいLサイズにふたりの似顔絵を描いてもらう基本料金では、29,800円+税から注文できます。

WONDER PAINT ※公式サイトに移動します

オレンジスマイル

オレンジスマイルの特徴は、20名以上の作家さんがいること。

くっきりとした作風も、ややリアル寄りの作風も選べます。

ウェルカムボードに使いやすいA3サイズにふたりの似顔絵を描いてもらう場合、18,000円+税から注文できます。

オレンジスマイル ※公式サイトに移動します

nigaoe piroppy

nigaoe piroppyは新郎新婦の顔写真を送り、描いてもらう衣装や小物を選んでオーダーするのが特徴。

洋装も和装も選べて、オプションでペットや赤ちゃんのイラストも追加できます。

基本料金は15,000円(税込)なので、費用をおさえたいカップルにおすすめです。

nigaoe piroppy ※公式サイトに移動します

費用をおさえたいなら似顔絵アプリを使って自作もアリ!

費用をおさえながらウェルカムボードを作る場合、似顔絵アプリを使って自作するのもアリ!

ここでは写真から似顔絵を簡単に作れる3つのアプリをご紹介します。

写真を加工して、リアルタッチで厚みのある油絵のようにできるアプリで、写真らしさやリアルさを大切にしたいカップルにおすすめ。

加工の強度を簡単に変えられるので、「絵画と写真の良さを両方取り入れたい!」と考えている場合にもおすすめです。

写真をイラスト風に加工したあと、髪型や眉毛などをあとから変更したり、追加したりできます。

写真を使ったことが分からないくらいやわらかな印象やかわいらしい印象のイラストにできるので、あたたかみのある似顔絵を使いたいカップルにおすすめです。

こちらは写真をスケッチ風やクレヨン風、黒板イラスト風などさまざまなタッチのイラストに変換できるアプリ。

鉛筆でのシンプルなスケッチにグラデーションを加えたような、おしゃれな似顔絵イラストも作れちゃいます。

まとめ

似顔絵の描かれたウェルカムボードは、世界でひとつだけのウエディングアイテム。

来てくれたゲストにも「似顔絵だとこんな風になるんだ!」「幸せそうな雰囲気がよく分かる絵で素敵!」と思ってもらえます。

似顔絵は作家さんの描き方やスケジュール、注文の内容によって納期が変わってくるので、先に納期の問い合わせなどをしてから注文を確定しましょう。

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!