マタニティウエディングしよう♡挙式タイミングとポイント3つ

赤ちゃんがお腹にいるときに挙げる「マタニティウエディング」。

マタニティウエディングについて知っておきたいこととして、挙式タイミングや準備のスケジュール、式場探しやドレス選びなどのダンドリの3つのポイントをご紹介します。

マタニティウエディングって?

まずは、マタニティウエディングの意味について見ていきましょう。

「マタニティウエディング」は、赤ちゃんがお腹にいるときに挙げるウエディングスタイルです。

子どもは天からの授かりもの。おめでたいことですので、妊娠の事実をオープンにしてウエディングすることは、めずらしくありません。

普通のウエディングを準備していて、準備中に妊娠が発覚し、マタニティウエディングになるケースもあります。

実際に、厚生労働省のデータ(平成22年度「出生に関する統計」概況)によると、妊娠中に結婚したカップルは25.3%。結婚した方全員が挙式しているわけではありませんが、公表していないだけで、4組に1組のカップルは、実はマタニティウエディングをしているかもしれません。

マタニティウエディングに限った話ではありませんが、マタニティウエディングをするかどうかは、一時の思いだけで決めない方がベター。

プランを決めている時は元気でも、ウエディング間近になって、新婦が長時間の挙式・披露宴に耐えられない体調になることも。

また、結婚費用と出産費用と立て続けにお金を使うことになるため、生活プランの見直しも必要になるでしょう。

また、地域や世代、お勤め先によって、マタニティウエディングに対する風当たりがつよいところもあります。

そのため、マタニティウエディングは、挙式と記念撮影のウエディングプランや、親族だけのお食事会ウエディングなど、アットホームでコンパクトなウエディングにするのもおすすめです。

新郎と新婦、両親も交えて、よく相談してから、マタニティウエディングをするかどうかを決めて、最適なプランを検討しましょう。

マタニティウエディングの挙式タイミング!妊娠何ヶ月ならOK?

一般的に安定期と呼ばれるのは、妊娠5ヶ月(妊娠16週)以降です。そして、お腹がそれほど目立たない時期は7ヶ月頃までといわれています。

つまり、マタニティウエディングの挙式タイミングとしては、妊娠5ヶ月後〜7ヶ月頃までが理想的といえるでしょう。

妊娠初期は、ほとんど普通のウエディングと変わらないので、あまり気にする必要はありませんが、つわりがひどくなる可能性がある上、無理をすると流産するリスクが高い時期ですので、気をつけましょう。

また、妊娠8ヶ月を過ぎると、お腹が前に飛び出して動きにくかったり、バストサイズが変わってドレスがあわなくなったり、すぐにトイレに行きたくなったり、とウエディングが難しくなることも。

タイミングがあわなければ、子どもが生まれてからのウエディングを検討した方がよいでしょう。ただし、乳幼児の子育てで忙しくなって睡眠不足で肌荒れ、出産直後は新婦の体型が戻らず、ドレスが思うように着られないというケースも。また、挙式の会場には子ども用の施設が必要になるため、挙式の準備やタイミングの調整が難しい面もあります。

ルクリアモーレではお子さまと一緒に家族としての誓いを立てられるファミリープランを用意していますので、親子で結婚式を挙げたい方はぜひお問い合わせください。

ファミリーウエディング ― ルクリアモーレ

マタニティウエディングで知っておきたい段取り

マタニティウエディングの準備スケジュール

マタニティウエディングは、ほとんどは親族だけか、親族を中心とした親しい者だけのウエディングになることも多いため、あまり準備期間はかかりません。

むしろ、準備に時間をかけすぎると、挙式できるタイミングを逃します。

一般的に、妊娠に気づくのは妊娠1ヶ月(4週)〜2ヶ月(8週)くらい。

普通の挙式・披露宴をするウエディングが半年くらい準備にかけるとして、そろそろ臨月間近になり、新婦の体型や体調がどうなっているか、予測はかなり難しいものでしょう。

そのため、マタニティウエディングの準備スケジュールとしては、妊娠5ヶ月後の安定期に入ってからスタートし、7ヶ月頃までに挙げられるよう、1ヶ月くらいを目安にウエディングの準備をするのがベターです。

対面での打ち合わせが少なくてOKなところを選ぶと、体調が不安定なときにも安心です。

◯マタニティウエディングの1ヶ月の準備スケジュール例

[1ヶ月〜3週間前]

  • ドレス選びをする(ヘアメイクやアクセサリー小物など)
  • 式場とウエディングプランを決める(料理や引き出物、ブーケ、装飾、BGMなど)
  • ゲストをリストアップして招待状を送る

[2週間前〜]

  • ゲストの出欠確認をする
  • 席次表をつくる

[1週間前〜前日]

  • ドレスなど、ウエディングプランの最終チェックをする

親族だけでも招待状は送るべき?

ゲストは親しい人たちだけでも、招待状を送った方がよいでしょう。

ゲストの現住所の確認になり、ご祝儀を多めにいただいて何かお送りしたくなったときに困りません。

マタニティウエディングの式場探し

実のところ、マタニティウエディングを断る式場は、まずありません。

マタニティウエディングをPRしていない式場もあるので、選んでよいか不安になるかもしれませんが、きちんと伝えればちゃんとした配慮をしてもらえます。

しかし、マタニティウエディングプランがあるところの方が、確実に融通はききます。休憩できるスペースの確保はもちろん、香りの強い料理は提供しない、妊婦が避けるべき飲食物を提供しない、など身重の新婦を気遣ってくれるでしょう。

また、マタニティウエディングでは「ドレスを決めてから、式場を選ぶのがベスト」と言われるくらい、式場探しにドレス選びがかかわってきます。

マタニティウエディングで式場を探すなら、ウエディングドレスの着数豊富で、サイズ調整ができるところを選ぶと失敗しませんよ。もちろん、マタニティ専用のドレスを用意してもよいのですが、体型の変化に合わせてサイズ調整した方がフィットするので安心です。

マタニティウエディング ― ルクリアモーレ

マタニティウエディングのドレス選び

マタニティウエディングでは胸元に切り返しがあるエンパイアラインのドレスがおすすめ。お腹が目立ちにくく、負担のかからない軽さの物がおおいのです。

また、着られなくなったときのためにサブのドレスを用意すること、マタニティ専用のインナーをつけること、フラットシューズ必須など、選び方のポイントはいろいろあります。

マタニティウエディングのドレス選びについて詳しく知りたい方は、次の記事をあわせてご覧ください。

マタニティウエディングのドレスはどう選ぶ?

まとめ

赤ちゃんがお腹にいるときに挙げる「マタニティウエディング」のタイミングは、安定期に入った妊娠5ヶ月から、お腹がそれほど目立たない時期は7ヶ月頃までがベスト。

式場探しは、マタニティウエディングのプランがあり、ドレスの種類が豊富で、サイズ調整などが行き届いたところを選ぶと安心ですよ。

ドレス選びは、胸元に切り返しがあるエンパイアラインの軽いドレスを選ぶと失敗しません。サブのドレスを用意したり、マタニティ専用のインナーをつけたり、フラットシューズを履いたり、マタニティウエディングならではのスペシャル感を楽しんで♡

ゲストに心配をかけず、心から祝福されるマタニティウエディングを目指しましょう。

当サイトと同じく株式会社エスクリが運営している「得ナビウェディング」では、直前割でお得に結婚式を挙げられるキャンペーンを実施中です。妊娠がわかり、なるべく早く結婚式を挙げたいと考えている方はぜひ一度お問い合わせください。

得ナビウエディングの詳細をチェックする

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!