フォトウエディング

フォトウェディングの相場はいくら?撮影費用を抑えるコツも解説

結婚式はやらないけれど、思い出を写真で残しておきたいという人はフォトウェディングを検討しているでしょう。

フォトウェディングについて調べる中で、

「フォトウェディングに興味があるけれど、費用の相場はどれぐらいなの?」

「フォトウェディングの費用を相場の金額より抑えるためにどうしたらいいの?」

こんな疑問を持たれる方は多いと思います。

当記事では、フォトウェディングの費用相場について解説します。

撮影費用をおさえるコツも紹介するため、フォトウェディングを検討する際の参考にしてみてください。

フォトウェディングの費用相場は10万円前後

フォトウェディングの費用相場は10万円前後です。

フォトウェディングは、主に撮影スタジオで行うスタジオ撮影と、屋外や思い出の場所で行うロケーション撮影に分けられるため、どちらでフォトウェディングの撮影をするかに費用が異なります。

スタジオ撮影とロケーション撮影、それぞれの費用相場と費用の内訳を次の項目でチェックしてみましょう。

スタジオ撮影の費用相場と内訳

画像素材:PIXTA

スタジオ撮影の費用相場は3~10万円です。

写真スタジオの屋内のみでの撮影は、3万円や5万円などリーズナブルなプランもあります。

スタジオ撮影で行うフォトウェディングの費用の内訳には、撮影料金のほかに衣装レンタル料やスタジオ使用料、データやアルバムの作成料などがあります。

スタジオ撮影費用の内訳の例
項目 料金の一例
撮影料 スナップ撮影100カット:約3万円
衣装レンタル料 1着:5万円~
ヘアメイク・着付け料 ・ドレス:2万円~

・和装:3万円~

小物・アクセサリー使用料 1万円~
データ・アルバム作成料 ・データ:3~5万円

・アルバム制作:5~10万円

スタジオ・設備使用料 約1万円

スナップ撮影の平均撮影カット数は50~100カットで、カット数が足りないと感じる場合は50カット1万円から追加することもできます。

また、撮影料や衣装レンタル料、スタジオ使用料など多くの項目がプランに含まれていますが、プランに含まれていない項目をオプションで追加することも可能です。

ロケーション撮影の費用相場と内訳

ロケーション撮影の費用相場は10~25万円です。

ロケーション撮影では、撮影スタジオ指定の屋外スポットや2人の思い出の場所などでウェディングフォトを撮影できますが、撮影場所への出張料や移動料、撮影場所の使用料などが別途必要になるため、スタジオ撮影より費用相場が高くなる傾向があります。

ロケーション撮影費用の内訳の例
項目 料金の一例
撮影料 スナップ撮影100カット:約3万円
衣装レンタル料 1着:5万円~
ヘアメイク・着付け料 ・ドレス:2万円~

・和装:3万円~

小物・アクセサリー使用料 1万円~
データ・アルバム作成料 ・データ:3~5万円

・アルバム制作:5~10万円

ヘアメイクアテンド料

(撮影場所にヘアメイクが同行)

1万円~

 

出張・移動料 1万円~
ロケ地使用料 1万円~

費用の内訳のうち「出張・移動料」は、スタッフ全員が移動するための料金で、撮影するロケ地の数や移動する距離によって変わります。

なお、入場料や使用料がかかる場所で撮影する場合、スタッフ全員分の入場料、使用料が費用として必要になります。そのため、料金の発生する施設で撮影を希望する人は、あらかじめ必要な金額を確認しておきましょう。

状況によって追加料金が発生する場合もある

画像素材:ルクリ

フォトウェディングでは、状況によっては撮影プランの費用に追加料金が発生する場合があります。

フォトウェディングの費用は、撮影カット数や衣装のグレードの違い、データ受け渡しやアルバム制作の有無によっても変わるため、比較的安価な撮影プランでは、カット数が少なくなるほか、選べる衣装の数が少なかったり、データの受け渡しがなかったりする場合があります。

また、比較的安価な撮影プランの場合、カット数の追加や衣装のグレードアップ、データの購入やアルバム制作などをオプションとしてつけることもできますが、追加料金がかかります。

フォトウェディングを10万円以下のプランで契約していたにもかかわらず、オプションをつけたことで当初の予算を超えてしまったという事態を避けるために、利用したいプランの詳細な項目や、オプションの料金を事前に確認しておきましょう。

フォトウェディングの費用を相場よりも抑えるためのコツ

結婚式 料金

画像素材:PIXTA

フォトウェディングを検討している人は、フォトウェディングにかかる費用を相場よりも抑えるためのコツを知っておきましょう。

フォトウェディングをおこなうためにかかる費用を抑えるためのコツには、フォトウェディングをおこなう日程や撮影場所、衣装などのさまざまな項目があるので、チェックしていきましょう♪

 (1)平日に撮影する

平日にフォトウェディングの撮影をすることで、費用を抑えることができます。具体的な費用は撮影スタジオによって異なりますが、土日祝日は平日よりも2万~3万円ほど高くなる傾向があります。

フォトウェディングは基本的に新郎新婦だけでとりおこなうウェディング形式なので、ゲストのスケジュールの都合は気にする必要がありません。フォトウェディングをおこなうための費用を抑えたい人は、新郎新婦2人の間でスケジュールを調整し、平日に撮影することを検討してみましょう。

(2)レンタルする衣装を1着に抑える

フォトウェディングでレンタルする衣装を1着にすることで、費用を抑えることができます。衣装は基本的にレンタルするため、レンタルする衣装の数が増えるほど費用はかさんでいきます。費用を抑えたい人は、厳選した1着だけを選び、撮影してもらいましょう。

また、プランによって選べる衣装のラインナップが異なる場合もあります。衣装のグレードによって追加料金が発生する場合もあるため、申し込む前に衣装の内容を確認しておく必要があります。

フォトウェディングをおこなうための費用を抑えたい人は、できる限りプラン内で決まっている衣装から選ぶようにしましょう。

 (3)着物ではなくドレスを選択する

フォトウェディングの衣装を選ぶ際は、着物ではなくドレスにすることで費用を抑えることができます。着物のような和装は着付けに手間がかかるため、洋装のドレスに比べて割高になるためです。

選ぶ着物やドレスによっても衣装のレンタル料に幅はありますが、最低額として和装プランなら4万円以上、洋装プランなら3万円以上が設定されている傾向があります。

絶対に和装が着たいというこだわりがないのであれば、洋装を選ぶことで費用を抑えることができるでしょう。

 (4)アルバムを自作する

アルバムの制作を撮影スタジオに依頼せず、自作することで費用を抑えることができます。スタジオによってアルバムの制作料金は異なりますが、アルバム制作のみで10万円近くの料金が必要になる場合もあるので、注意が必要です。

たとえば、アルバム制作を撮影スタジオに依頼せず、撮影データのみを購入すれば、アルバムを自作することができ、費用を抑えることができます。

アルバムを自作した場合、紙質は撮影スタジオが制作したアルバムには及ばないかも知れませんが、元の撮影データがあればパソコンやタブレットなどでいつでも劣化していない写真が見られます。写真に傷がついてしまった場合も新しく印刷することができるので、撮影データの購入も検討してみましょう。

(5)撮影をスタジオでおこなう

フォトウェディングはロケーション撮影を行わず、スタジオのみでの撮影を行うことで、費用を抑えることができます。ロケーション撮影ではスタッフの出張料や撮影場所の使用料などが必要になるため、スタジオ撮影よりも費用が高くなるためです。

また、ロケーション撮影の場合は、雨などの天候不順によりリスケジュールしなければならない可能性があります。その際は撮影費用が余分にかかる場合もあるので、ロケーション撮影を検討している人は注意が必要です。

ただし、雨天時の対応はスタジオやプランによって異なります。日程変更を無料で対応しているスタジオもあるので、ロケーション撮影を行う場合は最初に確認しておきましょう。

小物を持ち込むと持ち込み料がかかる場合がある

撮影 小物 風船

画像素材:PIXTA

「アクセサリーなどの小物はレンタルせずに持ち込みをすれば、より安く済ませることができるのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、小物を撮影時に持ち込んだ場合に持ち込み料がかかるスタジオもあります。

持ち込み料が無料か安価な場合であれば、小物は持ち込んだ方が安く済む傾向がありますが、持ち込み料が高額で設定されている場合はレンタルの方が安く済むため、持ち込みを検討している人は注意が必要です。

事前に小物の持ち込み料の有無や金額かを確認してから小物の持ち込みを検討するようにしましょう。

フォトウェディングをおこなう際は先に予算を検討する

和装 結婚式 選ぶ

画像素材:PIXTA

フォトウェディングを行う際は、先に予算を検討してからプランやオプションの追加を決めるようにしましょう。予算を検討せずに撮影場所や着たい衣装、アルバム制作の有無などを選ぶと、最終的な費用が予算を越え、高額になってしまう可能性があるためです。

たとえば、予算を決める前に「あれもしたいし、これも入れたいし……」と迷っていると、スタジオが選び切れなかったり、撮影プランと節約ポイントを上手く組み合わせるのが難しかったりします。

また、予算内に費用が収まるように節約できるポイントと追加したいオプションをバランスよく組み合わせることも大切です。譲れるポイントと譲れないポイントを整理して、納得のいくフォトウェディングを実現していきましょう。

まとめ

フォトウェディングは一般的な挙式とくらべて費用相場を安く抑えられる上、手軽に行えるのが魅力です。

予算などの関係で挙式もお披露目もしないつもりでも、「結婚式にまつわることを何もしなかったら後悔してしまいそう……」という方は是非検討してみてください。

フォトウェディングで後悔しないためには、「これは譲れない!という衣装やシチュエーションを明確にする」ことが大切です。譲れないポイントが明確になっていれば、他の項目で節約したお金でこだわりのポイントをさらにグレードアップできる可能性もあります。

まずは予算を検討して、2人のこだわりに合ったプランやオプションを選んでみましょう。フォトウェディングを利用して、2人の素敵な一瞬を記録してくださいね♡

WEDDING PLACE

式場紹介

全国21会場
ルクリアモーレが理想の結婚式を叶えます。

お近くの会場へ是非お問い合わせください。

  •  
    ナイトウェディングとは? ロマンチックでお得な結婚式
    ナイトウェディングとは? ロマンチックでお得な結婚式
  • 二人だけの海外挙式は格安に抑えたい!
    二人だけの海外挙式は格安に抑えたい!