フォトウェディングに小物を取り入れるメリットとデメリットとは?

ウェディングスタイルの一つである、写真だけの結婚式「フォトウェディング」。

撮影のバリエーションを豊かにしてくれる、フォトプロップスやサングラスなどの「撮影小物」や、衣裳と合わせてフルコーディネートを楽しむことができる、ベールやヘッドパーツ、アクセサリーなどの「衣裳小物」はフォトウェディングをする上でかかせないアイテムです。

今回は、フォトウェディングで使用する小物の具体例をはじめ、フォトウェディングに小物を取り入れるメリットとデメリットをご紹介します。

フォトウェディングで撮影小物を使うメリット・デメリット

撮影小物 和装 フォトウェディング 折り鶴 折り鶴シャワー 演出 ロケ―ション撮影 前撮り
画像素材:ルクリ

フォトウェディングで使う小物は、「撮影小物」「衣裳小物」の大きく2種類あります。

「撮影小物」とは、撮影に使用する小道具です。まず、撮影小物のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

フォトウェディングで撮影小物を使うメリット

①多種多様な写真が撮れる

撮影小物を使うことで、ワンパターン化した写真だけでなく、多種多様な写真が撮れるためおすすめです。

撮影小物の持ち方、目線のつけ方、撮影小物単品の物撮りなど、一つの撮影小物だけでも、さまざまな写真を残すことができます。

②撮影イメージに近づいた写真が撮れる

「フォトプロップスを使ってこんな写真を撮りたい」などの希望がある場合、同じ撮影小物を使うことで、より撮影イメージに近づいた写真を撮ることができます。

具体的な撮影イメージがある場合には、撮影指示書(※)を作成するのがおすすめです。

※撮影指示書とは、「こんな写真を撮りたい。こんなポーズで撮りたい。」といった、希望のポーズやカット、希望のシチュエーションや、好みの写真の雰囲気、撮影で使用したい小物など、撮影関連の希望をまとめた資料のことです。

③緊張がほどけ、ふたりらしい写真を撮れる

撮影小物には、撮影時の緊張を和ませる効果があります。

撮影に慣れていない新郎新婦がほとんどなため、ふたりの好きなキャラクターのぬいぐるみや思い出の品物(プロポーズでもらった花束をドライフラワーにしたもの)など、思い入れのあるアイテムほどより効果的です。

フォトウェディングで撮影小物を使うデメリット

①準備に時間や費用がかかる

先ほどの撮影小物の具体例でも挙げたように、撮影小物は数多く存在します。

たくさんの撮影小物から、ふたりの希望や好みに合うアイテムを探したり、また、撮影小物を手作り(DIY)したりするなど、想像以上に時間がかかるものです。

購入する・手作りする、いずれの場合にせよ、撮影小物を用意する上で費用はかかります。

フォトスタジオや撮影業者によっては、無料でレンタルできる撮影小物を用意しているところも多いため、レンタルすることも合わせて検討しましょう。

②撮影に関する希望や撮影イメージがある場合、撮影指示書が必要になる

撮影に関する希望や撮影イメージを伝える上で、撮影指示書はかかせません。

撮影指示書は、撮影希望の詳細や、撮影イメージに近いサンプル写真と合わせて、具体的な希望を文章で書き添えておくようにしましょう。

撮影指示書の作成に関しては、次の記事もぜひ参考にしてください。

フォトウェディングで後悔しないための3つのポイント

③優先順位をつけなくてはならない

撮影小物はたくさん用意すればよいわけではありません。

フォトウェディングにも時間に限りはあるため、撮影時間内で希望の写真が撮れるよう、必ず使用したい撮影小物の順番を検討し、優先順位をつけなくてはなりません。

撮影希望、撮影イメージのボリュームを踏まえて、優先順位をつけるようにしましょう。

撮影小物の例:定番・ウェディングスタイル・撮影地別

バリエーション豊かな写真を撮るためにかかせないアイテム・撮影小物にはどんなものがあるのでしょうか。

【定番アイテム】と【ウェディングスタイル別】【撮影地別】でおすすめの撮影小物をご紹介します。

定番別

撮影小物の定番は、フォトプロップスやリングピロー、イニシャルオブジェ(新郎新婦のイニシャルをかたどったオブジェ)、ガーランド、赤い糸で「love」「寿」などの言葉をかたどったアイテムです。

定番化しているアイテムなだけに、フォトスタジオや撮影業者によっては無料でレンタルできるところもあります。

また、100均などで材料を用意し、オリジナリティを出すために手作り(DIY)される方も増えています。

ウェディングスタイル別

洋装

ビーチ 撮影 前撮り 海岸 二人 撮影小物 フォトウェディング
画像素材:ルクリ

ウェディングドレスやカラードレスにおすすめの撮影小物は、ドライフラワーのブーケ、シャボン玉、ウェディングフラッグ(「Best Day Ever」や「ふたりの名前・日付」などを記載した旗やタペストリー)です。

この中でも、ドライフラワーのブーケは、おしゃれさが増すアイテムとして近年花嫁に注目されています。花材や色合いボリューム、生花と組み合わせるなど工夫することで、ウェディングドレスにもカラードレスにも合わせることができ、個性に華を添えてくれるアイテムです。

プロポーズでもらった花束を、ドライフラワーにするという方も増えてきました。

大切な思い出の品をフォトウェディングで使用するのも素敵ですね♡

和装

撮影小物 和装 フォトウェディング 紙風船 演出 ロケ―ション撮影 前撮り
画像素材:ルクリ

白無垢や色打掛におすすめの撮影小物は、扇子、紙風船、折り鶴シャワー、習字です。

昔懐かしい紙風船や折り鶴シャワーは、手に取るだけで自然と笑顔がこぼれるという方も多いようです。

習字については、「夫妻」「結婚しました」「感謝」という言葉をはじめ、「早寝早起き」「思いやり」「減量」など結婚生活の抱負や目標、和歴などをしたためて記念に残す方も増えてきました。

手軽に用意できるため人気があります。

撮影地別

スタジオ撮影(屋内の撮影)

スタジオ撮影には、紙吹雪という意味を持つ「コンフェッティシャワー」やバブルシャワーなどのシャワー演出がおすすめです。

事前に、フォトスタジオや撮影業者に問合せをし、できる演出かどうか確認するようにしましょう。

ロケーション撮影(屋外の撮影)

屋外での撮影は、ロケーションに応じて、おすすめの撮影小物も異なります。

  • ビーチ:麦わら帽子、サングラス、ビーチサンダル、バルーン、結婚指輪
  • 公園:ガーランド、花冠、スニーカー
  • 神社・日本庭園:番傘、お守り、絵馬

撮影の希望イメージにあわせて、お好みの撮影小物を準備するようにしましょう。

フォトウェディングで衣裳小物を使うメリット・デメリット

衣裳小物 ウェディングドレス 洋装 フォトウェディング ベール チャペル撮影 前撮り インスタ映え フォトジェニック
画像素材:ルクリ

「衣裳小物」とは、ベールやヘッドアクセサリー(ヘッドパーツ)、ネックレスやイヤリングなど、婚礼衣裳にはかかせないアイテムです。

衣裳小物のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

フォトウェディングで衣裳小物を使うメリット

①衣裳と合わせてトータルコーディネートを楽しめる

ベール、ヘッドパーツ、アクセサリー、パンプスなど、多数の衣裳小物と組み合わせることで、トータルコーディネートが完成します。

多種多様なアイテムから好みのものを選び、トータルコーディネートを楽しむことができます。

②個性を出せる

衣裳小物は一つ一つのアイテムをとっても、数多くのデザインや素材・種類があります。

自分らしさを演出する上で、個性を出した着こなしができるのは、衣裳小物ならではの特性です。

衣裳小物の組み合わせは無限大なため、個性を出すのには最適なアイテムです♡

③新郎新婦の魅力を最大限に引き出し、コンプレックスを解消できる

人によって長所や短所があるように、新郎新婦によって魅力的なところも異なります。

衣裳小物は、新郎新婦の魅力に華を添え、最大限に良さを引き出してくれるアイテムでもあります。

また、ベールによって小顔効果が期待できたり、パンプスのヒールの高さによって、身長を調整することができたりするため、個人で抱えているコンプレックスを解消させてくれる嬉しいアイテムでもあります♪

フォトウェディングで衣裳小物を使うデメリット

①準備に時間や費用がかかる

先ほどの衣裳小物の具体例でも挙げたように、衣裳小物も数多くのデザインや種類があります。

撮影小物のデメリットと同様に、たくさんの衣裳小物から、ふたりの希望や好みに合うアイテムを探したり、また、衣裳小物を手作り(DIY)したりするなど、想像以上に時間がかかります。

また、購入する・手作りする、いずれの場合にせよ、衣裳小物を用意する上で費用はかかります。

フォトスタジオや撮影業者によっては、ベールやヘッドパーツ、パンプスなどプラン料金に含まれているところも多いため、プラン内容や、オプションアイテムなども合わせて検討するとよいでしょう。

②フォトウェディングの内容に合わせて選ぶ必要がある

フォトウェディングは、スタジオ撮影とロケ―ション撮影から選ぶことができます。

撮影場所や希望の撮影イメージに合わせて衣裳小物を選ぶことも必要です。

たとえば、海での撮影の場合、砂浜はヒールの高いパンプスでは歩きづらいため、ヒールの低いパンプスや、ドレスダウンしてスニーカーやビーチサンダルにする方も多く、撮影場所に合わせた衣裳小物選びも大切になります。

また、ベールの長さと透ける素材を活かしたSNS映えする写真が撮りたいなど、具体的なイメージがある場合、希望の撮影イメージに合わせて、ロングベールを選択するなどが例として挙げられます。

③衣裳小物選びを間違えるとバランスの悪いコーディネートになりかねない

衣裳小物選びにはセンスが問われます。衣裳小物選びを間違えると、ちぐはぐな印象になり、バランスの悪いコーディネートになりかねません。

衣裳小物選びは、レンタル・購入・手作りいずれの場合も、スタイリストやヘアメイクスタッフに相談しながら決めるとよいでしょう。

衣裳小物の例:ウェディングスタイル別(新郎/新婦)

デザインや色などを含め多種多様で、トータルコーディネートが重要なアイテム・衣裳小物にはどんなものがあるのでしょうか。

【洋装】【和装】のウェディングスタイル別にご紹介します。

洋装の衣裳小物の例

衣裳小物 アクセサリー イヤリング ネックレス ピアス 結婚指輪 指輪 リングピロー 洋装 フォトウェディング  物撮り インスタ映え フォトジェニック
画像素材:Adobe Stock

新郎

シャツ、カフス・ネクタイ、ポケットチーフ、グローブ、サスペンダー、アームバンド、シューズ、靴下、ズボン下、帽子など。

シャツ、カフス、ポケットチーフ、サスペンダー、アームバンド、グローブは、小物セットとしてレンタルや販売されていることがほとんどです。

まとめて用意するのも一つですが、一つ一つのアイテムにこだわり、自分らしくタキシードを着こなすのもよいでしょう。

新婦

ベール、アクセサリー(ネックス・イヤリング)、ヘッドアクセサリー(ヘッドドレス)、ブライダルインナー、グローブ、パニエ、シューズ、ストッキングなど。

新婦の衣裳小物に関して詳しく知りたい方は次の記事もぜひ参考にしてください。

結婚式の小物の選び方やおすすめのアイテムを知りたい!

和装の衣裳小物の例

衣裳小物 和装 フォトウェディング 足元ショット 草履 足袋 演出 ロケ―ション撮影 前撮り
画像素材:ルクリ

新郎

袴、角帯、羽織紐、長襦袢、懐剣、白扇(扇子)、草履、足袋など。

新婦

綿帽子、角隠し、伊達襟、半襟、帯揚げ、帯、抱え帯、帯締め、長襦袢、掛下、末広(扇子)、筥迫(はこせこ)、懐剣(かいけん)、かんざし、髪飾り、草履、足袋など。

和装の衣裳小物に関しては、上記の他にも、腰紐、衿芯など細かなアイテムがあります。

このような衣裳小物を持っているという方は少ないため、一般的には、まとめてレンタルされる方が多いです。

まとめ

フォトウェディングで撮影小物や衣裳小物を取り入れるメリット・デメリットについてご紹介しました。

おふたりがフォトウェディングで叶えたいことを軸に検討してみてください。

素敵なフォトウェディングになりますように♡

  • 素敵なチャペルで挙式をしたい!
  • アクセスの良い会場がいい!
  • ゲストも自分たちも満足できる内容で!
  • しっかりした設備やサービスがいい!!

ルクリアモーレが、おふたりの理想の結婚式を叶えます。

通常、結婚式にかかる費用の標準は176万円程度。
ルクリアモーレなら、4つの割引で最大132万円OFF。
選べるチャペルと結婚式場ならではの設備、料理、おもてなし。

準備機関は最短1か月。まずはお気軽にお問い合わせください。