フォトウエディングだけじゃ物足りない?そんな時は食事会とセットで

フォトウェディングだけじゃ物足りない?そんな時は食事会とセットで

フォトウエディングは費用が安く、「お金をかけるのは難しいけれど、ウエディングの思い出を残したい」というカップルに人気です。

費用が安くスケジュール調整もしやすいフォトウエディングですが、ここでおすすめしたいのが、家族や親しい友人などを招いての食事会も一緒に開くこと。

この記事ではフォトウエディングに食事会を組み合わせるメリットと、注意点についてご紹介します。

フォトウエディングと食事会を組み合わせた時の相場はいくら?

挙式や披露宴をした場合の一般的な結婚式の相場は、300万円を超えます。

結婚したばかりでこれから新生活を始めるカップルにとってかなりの負担です。

一方のフォトウエディングは、10万円前後が相場。

食事会の費用は人数と会場、メニューによってかなり変わってきますが、10万~30万円ほどですので、フォトウエディングの費用と合わせても安く抑えることが可能です。

フォトウエディングの相場や、費用に差が出る要素などはこちらの記事で詳しく解説しています。ぜひあわせて参考にしてください。

フォトウエディングの費用相場がいくらなのか知りたい!

フォトウエディングに食事会を組み合わせ、みんなで喜びを共有しよう

フォトウエディングはスケジュール調整もしやすく、費用も格安に押さえられるコンパクトなウエディングプラン。

その手軽さで人気がある一方で、やはり「撮影だけして、ウエディングはもうおしまい」ではさびしい、という人もいます。

フォトウエディングに食事会をプラスすると、「結婚したこと、ウエディングの衣装を着て思い出を撮影したこと」についての話ができ、喜びや感謝を共有しやすいのが大きなメリット。

フォトウエディングを新郎新婦ふたりで撮影することもできますが、フォトウエディングのあとに食事会をセッティングするのであれば、家族や親族も一緒に撮影するのもおすすめです。

新郎新婦だけでフォトウエディングを行う場合でも、可能なら食事会での写真も撮影しておくと、より華やかなウエディングパーティーとして印象深い思い出が残ります。

フォトウエディングと食事会の会場が違う時は移動時間にも注意して

撮影場所がホテルや結婚式場のケースや、フォトスタジオに食事会場を併設しているケースなら、フォトウエディングが終わったらスムーズに食事会に移れます。

この場合は着替える時間は必要ですが、移動時間はほぼ発生しません。

しかし撮影スタジオと食事会場が違う場合は、フォトウエディングが終わったあとに移動する時間も必要。

着替えや撮影に予定外の時間がかからないよう、きちんと段取りを決めておくことが大切です。

事前に写真のポーズや演出を決めておくなど準備をして、フォトウエディングに使う時間が延びないようにしましょう。

出席者を考えたお店選びが大切!

ホテルでやるかレストランでやるかなど、食事会の会場はゲストの層を考えてセッティングしましょう。

特に小さな子供がいる場合やプライバシーに気を使いたい場合などは、個室などを利用して関係者だけのプライベートな空間とするのが望ましいです。

他にも年配の方が多ければ和食中心のメニューを検討するなど、ゲストに満足してもらえるような内容を考えましょう。

またゲストのアレルギーを確認してお店に対応可能か確認しておくと、新郎新婦もゲストも当日残念な思いをしなくて済みます。

まとめ

フォトウエディングは費用も安く準備も簡単で、そのコンパクトさが大きな魅力。

ウエディングの喜びを家族や親しい友人と分かち合いたい!というカップルに、フォトウエディングと食事会の組み合わせはぴったりです。

家族にはフォトウエディングの撮影にも立ち会ってもらって、食事会ではフォトウエディングの感想を聞いたりしても盛り上がりますよ!

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!