結婚報告会にはどんな服装で出席すればいいの?

家族のみで挙式をしたカップルや海外挙式をしたカップルが、友人などの親しい人を招いて行う結婚報告会。

ゲストとして招待された時に、「一般的な披露宴と同じ服装でいいの?」「結婚報告会の服装にはどんなマナーがあるの?」と悩んでしまう方も多いですよね。

今回は結婚報告会に招待されたときの服装にお悩みの方に向けて、結婚報告会におすすめの服装の選び方をご紹介します。

結婚報告会場の格式で服装を考えるケース

高級感のあるホテルなどでの結婚報告会

高級感のあるホテルやゲストハウスなどで行う結婚報告式に出席するときは、フォーマルな装いがおすすめ。

女性ならネイビーのフォーマルドレスなどを着ると、気品と気づかいが伝わります。

会場が明るい色使いのときはクリーム色のショールなどを羽織ると、格式への気づかいを保ちながら明るい着こなしになるのでおすすめですよ。

男性ならネイビーやグレーのフォーマルスーツが基本。

スリーピースのスーツなら、より格式が高くなってベターです。

レストランなどカジュアルな会場での結婚報告会

カジュアルなレストランの個室などで開かれるアットホームな結婚報告会では、服装にも少しカジュアルさを出しましょう。

女性なら元気なイメージのオレンジやイエローのドレスや、ナチュラルさを意識したグリーンのドレスがカジュアルなレストランとマッチします。

コサージュなどの飾りがついたドレスを選ぶと、結婚報告会らしい華やかさがプラスされるのでおすすめです。

男性ならスーツでOKですが、ネクタイやカフスなどで結婚報告会にマッチする華やかさをプラスするのがおすすめ。

ネイビーに白い水玉の蝶ネクタイや、ピアノやバイオリンなどの楽器型のカフスを使うとおしゃれですよ。

さらにカジュアルなカフェレストランなどでの結婚報告会

カフェレストランなど、さらにカジュアルな結婚報告会場なら女性はパンツドレスでもOK!

カフェにぴったりのスモーキーグリーンなどを選ぶと、カジュアルさやナチュラルな雰囲気とよくマッチします。

男性はスーツで大丈夫ですが、おしゃれなネクタイやカフスに加え、上品な薄い青のシャツや、品のあるストライプのジャケットなどにすると、気楽さが出て新郎新婦にも気づかいが伝わります。

結婚報告会に出席するゲストの顔ぶれで服装を考えるケース

年上の親族や職場の上司など、目上のゲストが多い結婚報告会

フォーマルな服装を選ぶのがベター。

カジュアルなレストランでの結婚報告会でも、ゲストの顔ぶれに合わせてフォーマルな服装を選びましょう。

友人や同僚、家族のみなどの結婚報告会

会場の格式に合わせた服装を選びましょう。

カジュアルなレストランやカフェレストラン、ガーデンパーティーなどではそれに合わせたカジュアルな服装でOK。

友人や家族、親しい親族のみのカジュアルでアットホームな結婚報告会でも、高級レストランやホテルで行う場合はフォーマルな服装にするのがベターです。

結婚報告会でNGな服装は?

真っ白な服装

全身白い服装は、結婚式では新郎新婦だけの服装です。

全身白、全身シルバーなどの服装は主役と勘違いされてしまうので、ゲストは着ないようにしましょう。

真っ黒な服装

全身真っ黒な服は華やかな印象を減らしてしまいますし、人によっては喪服を想像していやな気分になることがあるので避けましょう。

普段のビジネススーツ

普段のビジネススーツは、結婚報告会にふさわしい特別感がありません。

カフスなどの小物、ジャケットやシャツにも気をつかいましょう。

「平服」は「普段着」のことではない!

「平服でお越しください」といわれたとき、どんな服を着ていくか迷ってしまうときがありますよね。

結婚報告会はお祝いの場所なので、普段着はNG。

「会場の格式やゲストの顔ぶれに合わせて、マナーをしっかり守れている」という服装にしましょう。

カジュアルダウンしすぎな服装

普段着のTシャツなど、あまりにもカジュアルすぎる服装は結婚報告会には向きません。

足元もスニーカーなど、カジュアルすぎるのはやはりNG。

「カジュアルな服装で」「スーツやドレスじゃなくていいよ」と言われたとしても、スマートカジュアルを意識するとよいでしょう。

靴は女性なら、パンプスがスマートカジュアルに向きでおすすめ。

ヒールは低めから中くらいまでの高さで、細すぎないものが歩きやすいです。

男性なら革靴の中でも明るいラインの入ったデザインのものがスマートカジュアルに向いた靴です。

アニマル柄や毛皮、フェイクファー

殺生を連想させるので、結婚関係のお祝いの場ではNGとされます。

結婚報告会以外の、一般的な挙式や披露宴でもマナー違反なので気をつけましょう。

まとめ

結婚報告会の服装は、会場の格式とゲストの顔ぶれを考えて選ぶのがポイント。

格式高い会場や目上のゲストが多いときはフォーマルな服装、カジュアルなカフェレストランやガーデンパーティー、友人や親しい親族のみなどの結婚報告会では合わせて「カジュアルだけどキレイめな服装」を選ぶといいでしょう。

それでも迷ってしまうときは、新郎新婦に直接「どんな雰囲気の結婚報告会にしたい?」「どんな服装のゲストが多いかな?」とたずねてみると、自分がどんな服装で参加すればいいか分かるので安心です。

新郎新婦のイメージに沿った結婚報告会に近づけるように、心配りが伝わる服装を選びましょう。

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!