親族のみで行う結婚式に友達を招待していいの?

親族のみで行う結婚式に友達を招待しても良いの?

最近では予算をはじめとしたさまざまな理由から、結婚式のゲストを家族・親族のみに絞り込み、少人数とするケースも少なくありません。

しかし親族のみの結婚式は、友達に晴れ姿を直接見てもらうことができないデメリットもあります。

親族のみで結婚式を行う場合に友達を呼んでもいいものかどうか、また招待する際に気をつけることをお伝えします。

親族のみの結婚式に招待されて喜ぶ友達は多い

親族のみの結婚式とは、文字通り親兄弟や親戚のみ、と新郎新婦の親族だけを招待する結婚式のスタイルです。

予算の都合や、「繋がりの深い人だけで、よそよそしさのない結婚式にしたい」というカップルなど、ゲストの人数を絞りたいときにしばしば選ばれます。

そんな親族のみの結婚式に招待したい友達となれば、家族同然の付き合いだったり、予算の都合を少し押してでも一緒に喜んでほしい、晴れ姿を見てほしいと思っている相手であることがほとんどだと思います。

そのような大切な立ち位置に思われていることを知って、嫌な顔をする人はほとんどいません。

もちろん新郎新婦の間や両親を始めとした親族、招待したい友達などそれぞれに「親族のみの結婚式だけれど友達を○人だけ招待してもよいか」、「親族のみの結婚式だけれど、よかったらあなたを招待してもよいか」と確認を取る必要はありますが、始めから諦めてしまうのはもったいないです。

事前の打診と打ち合わせは必須

基本的に親族のみの招待を想定した結婚式の場合、友達は当然親族ではないので、基本として想定したゲストとは違う外部の人です。

先ほどお伝えしましたが、新郎新婦同士やお互いの親族、最低でも両親とは、友達を招待しても良いか確認しておいた方がよいでしょう。

結婚式当日より前にしておくとよい気配りについて、いくつかご紹介します。

友達への事前の打診

招待したい友達にも、招待状を送る前に電話やメールなど別の手段で「基本的には親族のみの結婚式で外部の人はほとんどいないが、それでも招待状を送っても良いか」と打診しておくのが望ましいです。

事前に何も伝えていないと親族のみの結婚式に極少人数だけの友達枠で呼ばれたとは知らず、当日になって困惑させてしまうかも知れません。

当日より前に顔合わせをすると安心

新郎新婦の友人でも、その友人同士に面識があるとは限りません。

結婚式当日より前に、簡単に食事会をするなどして招待する友人たちの顔合わせとお互いへの紹介をしておくのは良い手段です。

当日になって、知らない人ばかりでやっぱり気まずい…という事態を避けることができます。

もし可能であれば新郎新婦の両親とも顔合わせをしておくとさらに安心ですが、都合が付かない場合でも「どんな繋がりの友達」「どんな性格の友達」ということを両親に伝えておくと良いでしょう。

結婚式当日に気を配ること

招待が決まって、結婚式当日に関する準備になっても気は抜けません。

せっかく参列してもらったのに、気まずい思いや肩身の狭い思いをさせてしまった…というのは避けたいですよね。

当日に楽しんで参列してもらうために抑えておくべきポイントを、ここでは2つご紹介します。

席次への配慮

基本としては、友達の席は友達同士で固めた方がより親切です。

円卓テーブルの場合には友達だけのテーブルを作り、長テーブルの場合には新郎新婦のそばに友達をまとめましょう。

友達のなかでもたくさん話しかけられても苦にならない友達であれば話し好きの親族の近く、逆に大人しくしている方が気楽なタイプの友達であれば同じく静かな親戚や友達の近くに席を配置するなど、性格や事前の打ち合わせによって細かい席次を決めるのが大切です。

気まずくならない演出を考える

親族のみの結婚式の場合、余興などは特に準備しないケースがほとんどです。

しかし、演出がほとんどない場合だと、友達と親族の間で会話や間が持たなかったり、ずっと気を使い通しでお互いに気疲れしてしまうことがあります。

スライドショーなどの演出を使って、会話のきっかけをつくることや、黙っていても不自然ではない場面を作ると良いでしょう。

目立ったりするのが苦ではない友達がいれば、スピーチを打診しても良いですね。

余興などは「同じネタを共有できておらず見ていてもつまらない」「見ているのは良いが参加はしたくない」ということも起きるので、行うなら内容の選定は打ち合わせを挟みつつ慎重に行いましょう。

新郎新婦の友達としての配慮

親族のみの結婚式で、友達は一切呼ばないと新郎新婦が決めている場合もあります。

大切な友達のせっかくの晴れ姿なのに、直接見ることも結婚式の場でお祝いを言うこともできないというのは寂しい気持ちもあるかもしれません。

しかし、結婚式の主役はあくまでも新郎新婦。

二人の意向を尊重し、「もし可能なら呼んでもらえたら嬉しい」「もし嫌でなければ、新婦(新郎)やご両親にも打診してみてほしい」と伝える程度に留めておきましょう。

親族のみの結婚式を行うにはさまざまな理由があるので、どうしても呼んでくれと無理に押し付けるのは絶対にいけません。

まとめ

友達を親族のみの結婚式に招待するのはおかしい…と思い込んで、祝福する機会、祝福してもらう機会を逃してしまうのはとてももったいないことです。

事前に親族のみと決めていたとしても、まずは新郎新婦の間でよく話し合いましょう。

その上で両親や友達ともしっかり打ち合わせをして、主役、ゲスト共に気疲れなどのストレスとは無縁の結婚式にしましょう!

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!