友人のみの結婚報告会をしよう!~演出・会場・服装の決め方~

親族のみの挙式や海外挙式をした方などが、親しい友人たちへ結婚の報告やお披露目をするのが「結婚報告会」。

家族や職場の上司などは招待せず、ゲストは友人のみに限定し、堅苦しくなくアットホームなパーティーを希望して結婚報告会を選ばれる方も多いようです。

今回は、【友人のみに限定した結婚報告会のキホン】を元に、おすすめの演出や、会場の選び方、新郎新婦とゲストの服装の決め方についてご紹介します。

友人のみに限定した結婚報告会のキホン

「結婚報告会」は、親族のみでの挙式や海外挙式など、既に挙式を済ませた新郎新婦が、披露宴の代わりに、友人に結婚の報告をするために開くカジュアルなパーティーのことを指します。

ゲストを友人のみに限定することが多いですが、友人とも交流がある兄弟・姉妹や両親を招待するケースもあります。挙式や披露宴といった仰々しい結婚式には抵抗がある方は、家族も招いて「結婚報告会」で披露目をすることもあります。

「結婚報告会」では、ガーデンウェディングやレストランウェディングなど、新郎新婦をあわせて30名程の少人数で行う、アットホームなパーティースタイルが人気です。

招待客を友人のみに限定した「結婚報告会」では、ゲストへの負担を考慮し、会費制にすることがほとんどです。

食事のスタイル(着席コース、着席ビュッフェ、立食ビュッフェ)に合わせて、10,000円~15,000円の間で、会費を設定することが一般的です。料理・衣裳・演出など、新郎新婦のこだわりによる全体の予算感によっては、ご祝儀制にする方がよい場合もあります。

ゲストへの負担やこだわりたい内容、会場などに合わせて、会費制かご祝儀制かを決めるようにしましょう。

友人のみの結婚報告会 プログラム例

「結婚報告会」の内容は、基本的には披露宴と同じです。

それでは、「結婚報告会」のプログラム例を見ていきましょう。

■2時間程度の立食ビュッフェスタイルで行う場合

  1. 開宴
  2. 新郎新婦あいさつ
  3. 乾杯
  4. 演出
  5. 新郎新婦紹介
  6. 歓談
  7. 新郎あいさつ
  8. おひらき

どんなパーティーにしたいかによって、プログラム内容を考えていきます。

たとえば、ゲストとゆっくり交流できるように歓談をメインにするのか、ゲストが楽しめるような演出やサプライズを取り入れたいなど、パーティー全体のイメージを決めましょう。

会場にウェディングプランナーさんがいる場合は、相談してみるとよいでしょう。

プログラム内容と合わせて重要なことは、司会進行を誰にお願いするかです。

二次会のような、会費制で歓談中心のカジュアルなパーティーがイメージの場合は、友人にお願いするのがおすすめです。

適切な友人が見つからない場合には、プロの司会者を依頼することも検討するとよいでしょう。

ケーキ入刀などの演出

「結婚報告会」でも、ぜひ、結婚式の定番の演出を取り入れましょう♡

挙式を行わずパーティーが中心となる場合も、参列した友人は新郎新婦の幸せな姿を見たいものです。

披露宴で定番の「ケーキ入刀」は、夫婦になって初めての共同作業として、新郎新婦が息を合わせてケーキにナイフを入れるもので、ゲストへの幸せのおすそわけという意味もあります。

ケーキ入刀後、新郎新婦が互いにケーキを食べさせ合う「ファーストバイト」も、ゲストと一緒に盛り上がります!

新郎新婦の愛のキューピットや、感謝を伝えたい友人に向け「サンクスバイト」の演出を取り入れるのもよいでしょう。

他にも、盛り上がる演出を知りたい方は、下記【おすすめの演出】も参考にしてみてください。

新郎新婦紹介

新郎新婦のことをより深く知ってもらえるよう、新郎新婦の生い立ちや、新郎新婦の出会いなどをまとめたプロフィール映像を上映するのもおススメです。

ゲスト全員の自己紹介と新郎新婦へのメッセージを事前に撮影し、当日上映するのも面白いですね。友人に新郎新婦とのエピソードを語ってもらうと、より新郎新婦のことを深く知る機会となり、盛り上がること間違いなしです。

事前にメッセージを撮るのは大変…という方は、当日にインタビュー形式で、新郎新婦との関係や、思い出話・好きなところなど、スピーチしてもらうのも面白いですね!

おすすめの演出

友人のみで「結婚報告会」をするなら、ケーキ入刀以外にも、フォトジェニックで印象的な演出をしたいですよね♡

挙式における、定番の演出といえば「フラワーシャワー」♡

挙式後、退場する新郎新婦を祝福するために行う演出ですが、「結婚報告会」では、新郎新婦の入場シーンや、退場シーンに行ってもいいですね。

フラワーシャワーの他に、ライスシャワー、リボンシャワー、フェザーシャワーなど種類も豊富で、最近ではSNS映えを狙って、コンフェッティシャワーも人気です。

コンフェッティとは、「紙吹雪」のことで、色とりどりの紙を使用したカラフルなものや、金銀をベースにしたキラキラ感があるものなどさまざまです。

また、花嫁からのおすそわけとして行われている「ブーケトス」も、結婚式で代表的な演出のひとつです。

ブーケ以外に、キャンディートスや、ぬいぐるみトス、ブックトスなど、おふたりらしさを感じられるようなアイテムで、インパクトのある演出をされてみてはいかがでしょうか。

ガーデンがある会場なら、「新郎新婦の誓いが天に届き、祝福されますように」という思いを込めて、新郎新婦とゲストが掛け声に合わせて行うバルーンリリースもおすすめです。

また、ガーデンの開放的な空間に食事を並べ、「ビュッフェ」スタイルにされても良いですね。

ガーデンウェディングは、非日常感もあり今でもなお人気ですが、雨天のときの対策や屋外の過ごしやすさなどの配慮も含めて準備しましょう。

また、照明に照らされ、幻想的でファンタジックな空間を演出できる、夜の時間帯に行うナイトガーデンウェディングも人気です。

ナイトウェディングでのおススメは、キャンドルや花火などの演出です。幻想的でロマンチックな雰囲気で過ごすことができます。

ただし、「結婚報告会」でプロカメラマンを依頼する予定がない場合は、夜のパーティーやキャンドルや花火などを使用した演出は、カメラ技術がないと綺麗に写真に残すことが難しいので、プロカメラマンの依頼を検討するとよいでしょう。

最後に、演出の一つとして、ゲストが自由に記念撮影を楽しめる「フォトブース」を作るのもオススメです。

ソファや椅子を設置して、お花やバルーン、ガーランドなどで飾りつけをし、フォトプロップスなどの小道具も用意しておきましょう!おふたりが好きなキャラクターのアイテムなど、こだわりのあるフォトブースにされても素敵ですね。

演出については、会場によってできること・できないことがあるので、希望の演出がある場合には、事前に会場へ問合せしておくとよいでしょう。

おすすめ演出について、もっと詳しく知りたい方は「アガる!ガーデンウエディングでのおすすめ演出」をあわせてご覧ください。

友人のみの結婚報告会 会場の選び方

友人のみの「結婚報告会」では、少人数向けの結婚式プランを取り扱っているレストランやカフェを選ぶことが一般的です。

広いスペースやガーデンを併設している会場では、簡易的な挙式を行えたり、ガーデンビュッフェを楽しめるところもあります。

まずは、「結婚報告会」でやりたいことなど、大枠のプログラムを決めてから、新郎新婦の希望を実現できる会場を探すことで、後悔のない「結婚報告会」を行うことができるでしょう。

会場の立地やゲストの移動の負担も考慮しましょうね。

格式の高いホテルや結婚式場で「結婚報告会」をしたい場合、会費制で行うことはなかなか難しいかもしれません。希望の会場が見つかったら、少人数制のプランの用意があるかなど、詳細を確認してみましょう。

先ほども述べた通り、祝儀制にするか、会費制にするかは選ぶ会場によっても左右されます。

「結婚報告会」をする意図によっては、友人のみの「結婚報告会」から、親族も含めた結婚式への変更も視野に入れて考えるのもよいでしょう。

ルクリアモーレでは、招待したい人数にあわせたプランをご用意しておりますので、ぜひご検討ください。

ルクリアモーレのプランをチェックする>>

友人のみの結婚報告会での新郎新婦・ゲストの服装の決め方

一般的な結婚式が、ゲストに対する新郎新婦のお披露目が目的だとすると、友人のみの「結婚報告会」は、新郎新婦とゲストとの交流が中心となります。

一般的な結婚式において、新郎新婦はメインテーブル(高砂)にいることが多いですが、友人のみの「結婚報告会」では、新郎新婦がゲストとフォトブースで一緒に写真撮影をするなど、新郎新婦が自由に動いて楽しめるのも魅力のひとつです。

つまり、パーティースタイルや会場にあわせて選ぶ衣裳も変わります。ドレスコードを設ける場合は、事前にゲストへ周知するようにしましょう。

友人のみの「結婚報告会」は、カジュアルなレストランウェディングと同じような着こなしが求められます。結婚式の二次会のようなカジュアルさをイメージして用意しましょう♡

ただし、「結婚報告会」といえど、格式の高い会場には、一般的な結婚式同様の着こなしがふさわしいので、注意が必要です。

ゲストの服装

ゲストの服装は大原則として、新郎新婦よりも目立つことのないようにします。また、立食パーティーの場合、服装はもちろん靴選びも考慮するとよいですね。

男性はダークスーツを選びましょう。会場によっては、ノーネクタイでも良いですが、だらしなくならないようなシャツ選びも大切です。

女性は白以外のワンピースを選びましょう。また、露出が多くなりすぎないよう、スカート丈は膝下の長さのもの、首周りや二の腕の露出にも配慮するとよいでしょう。

新郎新婦の服装

新郎は、結婚式と同様タキシードが好ましいです。新婦のドレスの雰囲気と合わせることで、おふたりの統一感が出ます。

小物で遊んでもOKです♡

蝶ネクタイを、ブーケと同じ花材(もしくは色味)の造花で作ったり、チーフに個性のある柄ものを取り入れたりして、遊び心のあるアイテムを選ばれてもいいですね。

タキシードの色は、ホワイト系、シルバー系、ブルー系が中心になりますが、カジュアルな雰囲気を出すのであれば、ジャケットとパンツで違う色を選ばれるのもオシャレです。

新婦は、どんな体型の方にも似合うAラインのドレスがおすすめです。また、移動のしやすいエンパイアラインやスレンダーラインも良いでしょう♡ ヘッドドレスは、ブーケと色味を揃えて統一感を出すのがオススメです。

パンプスのヒールは、ガーデンパーティーや立食の場合、あまり高くない方がいいでしょう。あえてフラットなバレエシューズもキュートです♡

まとめ

「結婚報告会」は友人のみを招いて、披露宴の代わりに結婚報告をするためのパーティーのことで、ゲストに金銭的な負担をかけないよう、会費制で開催するのが一般的です。

歓談や写真撮影を中心に、ウェディングムードを高めるための演出を取り入れるのもポイントです。

レストランやガーデンで開催する場合、動きやすさを優先し、カジュアルな印象になるドレスコードを設定するとよいでしょう。

ただし、会場の格式に合わせ、その場所にふさわしい服装選びを意識することも必要です。

ゲストみんなに楽しんでもらえるように、「結婚報告会」の準備を進めましょう♪

  • 素敵なチャペルで挙式をしたい!
  • アクセスの良い会場がいい!
  • ゲストも自分たちも満足できる内容で!
  • しっかりした設備やサービスがいい!!

ルクリアモーレが、おふたりの理想の結婚式を叶えます。

通常、結婚式にかかる費用の標準は176万円程度。
ルクリアモーレなら、4つの割引で最大132万円OFF。
選べるチャペルと結婚式場ならではの設備、料理、おもてなし。

準備機関は最短1か月。まずはお気軽にお問い合わせください。