ボタニカルウエディングとは?費用相場とおすすめの演出6選!

結婚式の準備をする中で、「ボタニカルウエディング」という言葉を聞いたことがあると思います。

「ボタニカルウエディングとは一体どんな結婚式なの?」

と気になっている方に向けて、今回の記事ではボタニカルウエディングのスタイルや費用相場、おすすめの演出をご紹介します。

ボタニカルウエディングとは植物や自然をテーマにした結婚式

「ボタニカル(botanical)」は、「植物」という意味です。

ボタニカルウエディングとは、サボテンなどの多肉植物や天然ハーブなどの植物、自然をテーマにした結婚式のこと。

自然の恵みやパワーをもらう、ということで果実や木の実を取り入れることもあります。

ナチュラルでリラックスできること、開放感がボタニカルウエディングの大きな魅力。

特に自然体で、挙式や披露宴を行いたいおふたりにおすすめです。

森林浴や花畑のような雰囲気に、ゲストもリラックスしてもらえますよ。

ボタニカルウエディングの費用相場は通常と変わらない

ボタニカルウエディングの費用は、基本的には通常の結婚式と変わりません。

ただし、選ぶ会場や招待するゲストの人数、演出の内容で費用は変わります。

予算オーバーしてしまいそうな場合は、平日の割引やオフシーズンのキャンペーンなどを利用できるかウエディングプランナーさんに相談してみましょう。

挙式や披露宴でボタニカルウエディングらしい装飾をしよう

ボタニカルウエディングは、挙式会場でも装飾に多肉植物やハーブをたくさん置くと、「自然らしさ」「ナチュラル感」が出ます。

披露宴では植物の描かれた席札やメニュー表を使うのがおすすめです。

ガーデンウエディングも、自然やナチュラル感、植物を取り入れたボタニカルウエディングのひとつ。

緑を多く取り入れたリストレットやショルダーブーケを取り入れると、自然と一体化したような素敵な花嫁さんになれます!

ボタニカルウエディングにおすすめの演出6選!

ゲストに木の招待状や、植物の香りを付けた招待状を送る

木を素材にした招待状、植物の香りを付けた招待状をゲストに送ったりすると、結婚式がはじまる前から「ナチュラルな雰囲気がテーマ」ということが伝わり、ゲストもわくわくしながら結婚式を待つことができます。

ウェルカムボードに緑の植物を飾る

結婚式場の受付に飾るウェルカムボードも、緑をメインにした植物で飾り付けるとボタニカルウエディングらしい雰囲気になります。

植物柄のウェルカムボードや、本物の植物のリースを飾り付けるのも素敵です♡

テーブルに生け花や緑の鉢植えをおいたり丸太を切り出した台を使う

テーブルの上に生け花や小さな鉢植えをおくと、ナチュラルな雰囲気を、より演出できます。

さらに植物を飾るところに丸太を切り出した台をおくと、まるで森の中で食事をしている気分になれますよ。

長テーブルなら視界の邪魔にならないように、ランチョンマットを緑色やナチュラル素材にしてみても素敵です。

席札にも濃い緑色の葉っぱを使って、白いペンで文字を書くととっても印象的。

ゲストは森の中のパーティーへ招待されたような、特別な気分になりわくわくしてくれることでしょう。

 

切り株のウエディングケーキ

ウエディングケーキに茶色い線や木の穴、葉っぱのデザインのデコレーションをするとまるで切り株のようなウエディングケーキになりボタニカル感が出ます。

白いウエディングケーキにミントなどのハーブをたくさん飾って、爽やかな印象にするのも◎です。

ブーケやブートニアの中心に多肉植物を!

「オロスタキス」や「グラプトペタルム」など、多肉植物の中でも本当に花が咲いたような品種はブーケやブートニアに取り入れるととても映えます。

ボタニカルウエディングのブーケには、花のような多肉植物を中心にたくさんの木の実やベリーを取り入れるのがおすすめ。

ブートニアも同じ品種を中心に作ると、夫婦おそろいの植物を身につけた結婚式の思い出としてバッチリです。

プチギフトにも植物や自然のイメージを取り入れよう

ゲストへのプチギフトには、

  • 多肉植物やハーブを植えた小さな鉢植え
  • 植物由来の成分でできたボタニカルキャンドル

などがおすすめです。

男性には鉢植え、女性にはキャンドルなど、贈り分けをしてもいいですね。

ドレスはグリーンのナチュラル系か自然に溶け込むスモーキーピンク

ナチュラルなグリーンやイエロー、やわらかなスモーキー系のピンクやパープルのウエディングドレスは、ボタニカルウエディングの花嫁さんにとても似合います。

ボタニカルウエディングでは多肉植物や観葉植物など、濃い緑の植物を多めに使うことが多いので、淡めの色のドレスを選ぶと会場のイメージとマッチしながら主役らしさを出せますよ。

ヘッドアクセサリーにも生花や観葉植物の葉っぱなどをふんだんに使うと、自然と一体になった妖精のような印象になるのでおすすめです。

新郎の衣装も新婦の衣装に合うように、アイボリーや優しいクリーム系のタキシードににしたり、ブートニアの中に木の実やベリーを混ぜるとナチュラルな雰囲気が出てボタニカルウエディングらしくなります。

こちらの記事でもボタニカルウエディングやガーデンウエディングに合うウエディングドレスの解説をしているので、合わせて参考にしてください。

ガーデンウエディングにおすすめのドレスとは?

まとめ

ボタニカルウエディングの最大の魅力は、ナチュラルな雰囲気の中でリラックスしながら結婚式を挙げられること。

多肉植物やハーブ以外にも、新郎新婦の思い出の花や観葉植物を飾ったりイラストに取り入れて、思い出を振り返りながらゆったりとした時間を過ごすのも素敵ですね。

ゲストにも、当日はナチュラルなグリーン系やイエロー系、淡いピンクのアイテムを身に着けて欲しいとドレスコードを設けると、結婚式当日の一体感が高まるのでおすすめです!

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!