ハワイでの挙式を格安で実現したい!どんな節約方法がある?

ハワイでの挙式を格安で実現したい!どんな節約方法がある?

憧れのハワイ挙式、自分たちもやってみたい!

…とはいうものの、やっぱり気になるのが挙式費用ですよね。

国内で挙げる結婚式に比べて割高なイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、ハワイでの挙式費用はどのくらいかかるのか、さらに格安で挙式を実現するための節約ポイントをお伝えします。

ハワイでの挙式ってどのくらい費用がかかるの?

「人生の門出、一大イベントである結婚式。本当はハワイでのリゾートウェディングに憧れているけれど、どうせ高いから国内で挙式しよう…」と諦めてしまう前に、ハワイ挙式にどのくらい費用がかかるのか知っておきましょう。

そもそもハワイでの挙式って高いの?

ハワイでの挙式自体の費用相場は、

  • 挙式費用 約50万円
  • 衣装代 約15万円
  • ウエディングパーティー 約10万円
  • スタッフへのチップ 各20ドル ×スタッフ人数 7人 = 140ドル≒15,500円

と考えると、概算で約80万円。

ここに新郎新婦2人分の旅費として約50万円ほど加わりますので、

挙式約80万円+旅費2人分約50万円≒約130万円

となります。

衣装のグレードや宿泊場所のこだわりなどで金額は上下しますが、国内での結婚式の費用相場が300万円を超えることを考えると、ハワイでの挙式だからといって驚くほど高額というわけではないです。

リストアップと比較検討

ハワイでの格安挙式を実現するために、まずは希望のプランや衣装、演出など、どのような挙式にしたいのか思いつくまま書き出してみましょう。

やりたいことをまとめてリスト化し、すべて希望を叶えた場合の費用はどのくらいかかるのか、国内挙式とハワイ挙式で比較します。同じハワイ挙式でもプロデュース会社やプランごとに料金を比較してみましょう。

その上で、削る演出項目やグレードを落としても問題ない項目を考え、予算を削って行くのが格安への近道です。

あまり希望の挙式をはっきりさせず、最低金額の料金プランに叶えたい演出などをオプションで追加していくと、ついワクワクしてしまい「せっかくだからこれも!」と歯止めが効かなくなり、最終的な費用がとんでもない額になった…なんてケースも起こりますので、「格安だけど満足できるハワイ挙式」を冷静に目指しましょう。

相場よりも格安でハワイ挙式するためのポイント

(1)オフシーズンに挙式!

GWはもちろんのこと、GWから前後に少しずらした時期にも日本からは旅行の予約が集中しますので、価格が高くなる傾向にあります。

一方、年末年始休暇を過ぎた後の1月などは旅費も安くなるので狙い目です。

またハワイでの雨季が始まる10月や、10月から続く雨季が終わりに差しかかる少し前の2月も、お得になることが多いのでおすすめ。

ちなみに6月は、ハワイの気候(ちょうど乾季ですね)が良いことと日本の暦で祝日がないため旅費が安いことを考えたら狙い目に思えます。

しかし、ハワイの気候が良いタイミングを知っている人は当然この時期にハワイへの旅行を考えますし、ジューンブライドを実現しようとする人も多いので人気が高いタイミングです。

ジューンブライドにしよう!と計画してみたけど、早々に予約が埋まっていた…とならないためにも、本気でハワイでの6月挙式を狙うなら1年弱ぐらい前から結婚式場との打ち合わせを始めましょう。

(2)ゲストの旅費はゲストに負担してもらう

海外挙式の費用の中で、かなりのウエイトを占める旅費。ハワイでの挙式も例外ではありません。

海外で挙式をするのは自分たちの都合だし、だったらゲストの旅費は負担しないといけない?と考えてしまうかも知れませんが、必ずしもそうとは限りません。

特に親族に関して言えば、新郎新婦は全く旅費を負担しないケースも少なくありません。

二人の門出を祝うためだから、と旅費を自分で負担してくれるゲストは多いのです。

もちろんすれ違いを起こさないように、事前に話し合いをしておいてくださいね。

そして旅費を全額自費で負担してもらう場合、ご祝儀は辞退するのが一般的なマナーです。

その場合は招待状にご祝儀を辞退させてもらう旨を記載しておきましょう。

(3)現地のプロデュース会社を利用

結婚式をプロデュースしてくれるプロデュース会社ですが、実は日本国内だけでなく海外の現地にもプロデュース会社があります。

会社が現地にあるので、やり取りは基本的にメールやチャットツールで行います。

顔を合わせての打ち合わせができないことやレスポンスに時間がかかることはデメリットですが、打ち合わせの内容がきっちり文章で残るのは大きなメリットです。

また、現地プロデュース会社の場合、オプション類が全部セットになったパッケージよりも「最低限の挙式パッケージ」が基本形式になっているケースが多く、式の内容に二人のしたいことだけをオーダーして組み込むことができるので無駄が無く、価格を抑えることができます。

(4)アルバムは自作する

結婚式場のプランにアルバム制作費用が入っている場合、費用が10万円程度かかるケースもあります。

データだけもらえればあとは自分たちでオリジナルのアルバムを作れるよ!という方は、プランの中からアルバム制作費を削って写真データのみ購入するようにしましょう。

(5)衣装などの持ち込みも検討しよう

ドレスや小物類は、式場でレンタルや購入をするよりも持ち込みの方が安く済むパターンがあります。

特に知人から譲ってもらったり安く購入したり、レンタルができたり、アウトレットのドレスを安く入手出来た場合にはおすすめです。

しかし持ち込み料は会場によってドレス1着に5万円かかるところから無料のところまであり、金額が全く違いますし、そもそも持ち込みができない会場もあります。

衣装の外部手配を考えている方は、プランの契約前に必ず確認しておきましょう。

結婚式費用を浮かせたい!ウェディングドレスを格安で手配する方法

ハネムーンなどで旅行を兼ねるならハワイでの挙式はお得!

「せっかくハワイで挙式するからには、新婚旅行も兼ねたい!」

と考えているカップルも多いかと思います。

国内で結婚式を行い、その後ハネムーンに行く計画を立てた場合、挙式代+ハネムーン費用がかかります。

しかし、ハワイで挙式を行うことで、挙式とハネムーンを一度に済ませることができますので、全体で見たら費用を安く抑えることが可能です。

先ほど現地プロデュース会社を利用することで費用を抑える方法を紹介しましたが、ハネムーンを兼ねるなら、挙式と旅行の2つがセットになった旅行会社の挙式プランがお得になることもあります。

挙式プランは旅行会社用に簡易的に作られているケースが多く、あまりオプションが選べない点はデメリットですが、挙式の手配に加え、旅行券やホテル、現地のツアーなどハワイに関する手続きをすべて旅行会社との打ち合わせですみますので、準備の手間がかかりません。

そのため挙式は必要最低限で良い、ハワイでのハネムーンを重視したいと考えているカップルに、旅行会社の挙式プランはおすすめです。

まとめ

ハワイでの挙式であっても、混雑時期を避けたり、自分たちで持ち込めるものは持ち込んだりするなどの工夫をすることで、格安で実現可能です。

ハワイでの挙式はお金が高そう…となんとなく諦めてしまうのではなく、「叶えたい希望は具体的に何?」「格安を実現するために、どこの費用ならグレードダウンできる?」この2点を確認しておきましょう。

費用を抑えられるところは抑えて、満足度の高い憧れのハワイ挙式までぜひ繋げてください!

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!