少人数結婚式の流れをチェック!ゲストを飽きさせない演出がカギ

最近は、親族や親しい友人のみを招待して行う「少人数結婚式」を開くカップルが増えています。

堅苦しくなりがちな披露宴とは異なり、人数も少なくアットホームな雰囲気で開催できるのが魅力ですが、当日の流れをどうするべきか戸惑う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、少人数結婚式当日の流れとおすすめの演出を解説します。

1.流れを知る前に……少人数結婚式はこんな人におすすめ!

「家族・親族や親しい友人のみを招待したい」というニーズに応え、30人以下で開催する少人数結婚式に対応したプランを設ける式場が急増中。

実際に少人数結婚式に出席してみて、「私もこんな式を挙げてみたい!」と思ったこともあるのではないでしょうか。

そんな少人数結婚式をおすすめしたいのは例えば以下のような方です。ご自身の理想の結婚式をイメージしながら読んでくださいね♪

(1)両家の親御さんや親族とじっくり話をしながら食事がしたい方

人生でたった一度の結婚式は、これまで育ててくれた親御さんへ感謝の気持ちを伝える絶好の機会ですよね。

食事を楽しみながら、顔を合わせてじっくり話をしたいという方には少人数結婚式がおすすめです。

ゲストも新郎新婦とリラックスしながらたくさん話ができるので、参加者全員にとって思い出の一日になりますね!

(2)アットホームな雰囲気で格式張らない挙式がしたい方

披露宴で不安を感じる原因のひとつは、「会社や仕事の関係者に失礼にあたらないかどうか」「主賓挨拶で場が緊張してしまわないか」など気にするあまり、挙式の雰囲気が堅苦しくなってしまうこと。

アットホームさを大切にしたい方には、参加者ひとりひとりの顔が見える少人数結婚式がおすすめです。

主催側も招待客も過ごしやすい時間になり、満足度も高くなること間違いなし!

(3)少人数ならではの演出がしたい方

少人数結婚式では、「挙式+食事会」という構成が一般的。

少人数だからこそ、新郎新婦ならではのオリジナルな演出が可能です。

例えば、切り分けたウェディングケーキを新郎新婦からゲストへ直接配ったり、お酌をして回ったりと、ゲストひとりひとりと触れ合う時間を持つのはいかがでしょうか。

その他にも、ゲストとの思い出の品をテーブルに置いたり、手作りアイテムを飾ったりと、少人数ならではの温かみある演出が可能です♪

上記に挙げたほか、ハワイやグアムなど海外で挙式をしたいという方も少人数結婚式を選択しています。

2.少人数結婚式の流れは一般的な披露宴と変わらず。目安は3時間

実際に少人数結婚式を挙げるとなれば、まずおさえておきたいのが1日の流れ。

少人数結婚式の一般的な流れは以下の通りです。

■準備

新郎新婦の式場入り。衣装やヘアメイクを準備し、一日の流れを改めておさらいしましょう。

■入場

新郎新婦が入場し、いよいよ挙式スタートです!

■食事会会場への移動

挙式終了後、食事会の会場へ移動し、ゲストが着席します。

■新郎新婦のウェルカムスピーチ(挨拶)・乾杯

ゲストへの歓迎と感謝の挨拶からはじめましょう。新郎新婦それぞれが自分の言葉で感謝の言葉を伝えることで、アットホームな雰囲気が高まります。

■食事・歓談タイム

いよいよ歓談タイム。少人数での会食の場合、全員でひとつのテーブルを囲むスタイルが一般的です。

■演出、余興など

新郎新婦からゲストへ、ウェディングケーキのサーブやお酌をして回ったり、記念写真を撮影したり、オリジナルのムービーを上映したりするなど、ゲストが楽しめる演出を工夫しましょう。

■謝辞(両家代表による挨拶)

両家代表から、ゲストへの感謝の気持ちを伝えます。

■新郎挨拶

改めて、新郎からゲストへ1日の感謝の気持ちを伝えます。式を締める最後のご挨拶になるので、気持ちを引き締めて臨みましょう。

■お開き

新郎新婦からゲストひとりひとりに御礼を伝えながら、ゲストをお見送りします。

基本的に、一般的な披露宴の流れと変わりありません。

所要時間は、食事におよそ2時間、挙式、入退場、挨拶や各種演出などに1時間で合計3時間。

大人数結婚式に比べると人数が少ない分、ゲストひとりひとりと話す時間も大切にできますね。

3. 演出はゲストを飽きさせない工夫を

少人数結婚式をお考えの方のなかには、人数が少ない分「盛り上がりに欠けるのでは?」と心配になっている方もいるかもしれませんね。

演出や余興は、ゲストにちなんだ工夫を凝らすなど、自分たちらしいアイデアを盛り込みましょう。

派手な演出がなくても、おふたりらしい工夫が盛り込まれていれば、温もりある雰囲気になりますよ。

例えば、以下のような演出はいかがでしょうか?

(1)オリジナルのアルバムを用意する

新郎新婦ふたりの生い立ちから出会いまでを振り返る、オリジナルのアルバムがあれば、歓談もより盛り上がります。

当日のゲストとの写真を入れることで、それぞれの思い出を振り返ることもできますよ。

(2)ゲストと一緒に写真撮影する時間を設ける

大切な挙式の時間は、しっかり写真にも残しておきたいですよね。

最近では、楽しげなイラストのプレートが付いた手作りの「フォトプロップス」を準備する方も増えています。

メガネや口ひげ、セリフ付きの吹き出しなどさまざまなフォトプロップスがあれば、挙式中の真剣な表情だけでなく、ユーモアあふれる1枚を残せますね。

これでインスタ映えも間違いなし!

(3)新郎新婦の出会いをムービーにして上映する

親しい人たちにこそ、新郎新婦の出会いをしっかり伝えたいですよね。

時系列で流れがわかるオリジナルムービーを上映するのがおすすめです。

最近では簡単に動画を制作できるツールも増えているので、時間に余裕があれば新郎新婦で力を合わせて制作してみてはいかがでしょうか?

(4)ゲストひとりひとりへの手書きメッセージを添える

大人数の場合、ゲスト全員に別々のメッセージを手書きで準備するのは骨が折れますよね。

少人数だからこそ、普段伝える機会がない感謝の言葉を手書きのメッセージにして席に添えてみてはいかがでしょうか。

(5)2人共通の趣味を披露する

もし新郎新婦に共通の趣味があれば、余興としてゲストに披露するのもおすすめです。

例えば、楽器演奏やペアダンスなど、日頃の練習の成果を発揮してはいかがでしょう。

新郎新婦で事前にしっかり準備する必要があるので、ふたりでよく話し合ってどんな演目にするか考えてみてくださいね。

まとめ

30人以下の少人数結婚式の流れと、ゲストを飽きさせない演出のアイデア例をご紹介してきました。

一般的な披露宴と大きな流れの違いはありませんが、少人数ならではのオリジナルの工夫を盛り込むことで、温かみある挙式ができるのが少人数結婚式の魅力です。

ぜひあなたらしいアイデアを出して、思い出に残る1日を作り上げましょう。

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!