ブライダルフェアとはいったい何?フェアの種類と予約方法をご紹介!

ブライダルフェアとはいったい何?フェアの種類と予約方法をご紹介!

ブライダルフェアとは一体どんなフェアでしょう?

ブライダルフェアという言葉は聞いたことがあっても、実際のブライダルフェアのタイプごとの違いや、フェアの中で何ができるかは知らない方もいると思います。

この記事ではブライダルフェアに参加するメリットや、ブライダルフェアのタイプによる違い、ブライダルフェアでチェックすべきポイントなどをご紹介しています。

自分がどんなタイプのブライダルフェアに参加するか決めるために、ぜひ参考にしてください。

Contents

ブライダルフェアとは結婚式場見学や相談ができるイベント

ブライダルフェアとは、結婚式場の見学や結婚式についての相談の場として使えるイベントです。

結婚式を挙げたいと考えているカップルを対象にして、結婚式場が主催しています。

かつては施設の見学やプランナーさんとの相談会がメインでしたが、近頃では試食会や模擬挙式への参列、ドレスの試着会などいろいろな種類のブライダルフェアがあるので、チェックしたい項目に合わせて参加すると、自分たちの結婚式の参考にしやすくて効果的です。

初めてブライダルフェアに参加する時期は、結婚を意識し始めた頃ぐらいがベター。

まずは結婚式場見学会に参加して、結婚式場の設備や式場の内部、装飾などを確認し、結婚式全体のイメージを掴むのがおすすめです。

また1件だけ参加してすぐに結婚式の予約を申し込むよりは、違う結婚式場で3件ほどのブライダルフェアに参加して、結婚式場の設備や装飾などの条件を比べてみると、納得できる結婚式にしやすいです。

自分たちの結婚式場の候補にしている会場でのブライダルフェアには、ぜひ参加して会場の雰囲気や設備を確認してください。

ブライダルフェアに参加するメリット

ブライダルフェアに参加すると、メリットがたくさんあります。

実際に見たり触れたりして確認できる

結婚式の会場を実際に見たり、アイテムに触れたり、料理の試食をしたりすることができることはブライダルフェアの最大のメリットです。

ブライダルフェアの会場は結婚式本番とほぼ変わらない装飾になっていることが多いので、自分たちの挙式や披露宴での飾り付けのイメージが明確になります。

試食もフルコースと同じ料理をワンプレートで提供されることが多いので、ゲストに提供する料理を確認できます。

ブライダルフェアに参加することで、自分たちの叶えたい結婚式がその会場で可能か、想像とどんなギャップがあるかを自分の目で確認して、当日のトラブルを防ぐことが可能です。

結婚式の予算や準備、段取りが理解できる

結婚式をすることが決まったばかりで下調べができていない方でも、ぜひブライダルフェアに参加してみましょう。

ブライダルフェアには、必ずと言っていいほど「ウエディングプランナーとの相談会」が内容に組み込まれているケースがほとんどです。

雑誌やウェブサイトでたくさんの情報を集めるのもいいですが、相談会でウエディングプランナーさんに聞いた方が早く正確に答えてもらえるので、ぜひ直接相談しましょう。

両家が顔合わせをする場所やタイミング、結納などの相談にも乗ってもらえるので、結婚に向けた準備のスケジュールを立てる手助けをしてくれます。

結婚式にちなんだ参加特典がもらえることも!

フェアによっては

  • 予約特典
  • 来場特典
  • 成約特典

といった参加特典がもらえることもあります。

特典の種類も

  • お菓子
  • バスグッズ
  • 電子マネーギフト
  • 商品券
  • エステなどの割引クーポン券
  • ホテルなどの宿泊券
  • ブライダルフェアの記念写真

などさまざまです。

注意したいのは、「成約特典」に惹かれて、あせって式場を決めてしまうこと。

成約特典は予約特典や来場特典よりも豪華なことが多いですが、できるだけ会場の設備や装飾、スタッフの対応などをよく検討して冷静に決められるのが理想です。

結婚式への気持ちを高めながらのデートにもおすすめ

ブライダルフェアでは結婚式の会場を見学しながら、本番さながらの料理の試食やドレスの試着会、演出の体験会などを楽しむことができます。

気になるポイントや分からないことを確認するのも重要ですが、結婚式への気分を高めながらのデートとしても楽しめますよ♡

ブライダルフェアに参加するデメリットはある?

ブライダルフェアに参加することにデメリットはあるのでしょうか?

ブライダルフェアの注意点を2つご紹介します。

冷静になれないまま申し込みをしてしまう

ブライダルフェアの最大のデメリットとして、豪華な成約特典や実際の結婚式場を見られた感動で、冷静になれないまま申し込みをしてしまうことがあります。

「もうほかの会場のブライダルフェアも確認した!」「この会場が本命だからここに決めたかった!」という場合は問題ありませんが、

  • まだ一つの会場しか見ていない
  • 成約特典に惹かれたが、まだ結婚式会場を決める予定はなかった
  • お互いの両親に結婚のあいさつをしていない

などの場合、あとから結婚式の予定時期や会場を変更しなければならないケースも考えられます。

申し込みをキャンセルする場合、ほとんどのケースでキャンセル料がかかりますので、ブライダルフェアに行ってすぐに予約を申し込まず、無料の「仮予約」をして何日かかけて検討するのがおすすめ。

ブライダルフェアで「今日申し込まないと成約特典がつけられない」と伝えられても、「3日間検討したい」のように期間を伝えれば、特典が全くなくなることは少ないです。

ブライダルフェアのプランを再現すると高額になることも

ブライダルフェアで見ることができるのは、会場が設定したプラン内容です。

ブーケや装飾なども自分たちの結婚式でも同じ内容にしようとすると、実は予算オーバーのプランだった!という場合もあります。

そんな時はブライダルフェアで撮影した写真などでイメージを伝えられれば、予算内のプランでもイメージの近いブーケや装飾にしてもらいやすいです。

ブライダルフェアにはどんなタイプがある?

ブライダルフェアは、主に6つのタイプがあります。

  1. 結婚式場見学会
  2. 試食会
  3. モデルによる模擬挙式へ参列
  4. 演出体験会
  5. ドレスの試着会
  6. ウエディングプランナーとの相談会

現在のブライダルフェアでは、1つのタイプだけで進められることはあまりありません。

「②試食会」「③モデルによる模擬挙式へ参列」「④演出体験会」「⑤ドレスの試着会」のいずれかに、「①結婚式場見学会」と「⑥ウエディングプランナーとの相談会」がセットになったブライダルフェアが主流です。

ゲストへのおもてなしとしての料理を試したい場合は②試食会、実際の挙式風景を確認したければ③モデルによる模擬挙式へ参列など、チェックしたいポイントに合うブライダルフェアに参加しましょう。

しかしチェックしたいポイントが多いと、1回のブライダルフェアではすべて確認するのは難しいこともあります。

そのときは別の日に、違うタイプのブライダルフェアにも参加してみましょう。

時間がとりにくいときや仕事帰りに参加したいときは、①結婚式場見学会と⑥ウエディングプランナーとの相談会のみに参加するなど効率重視でブライダルフェアを体験するのもおすすめです。

当サイトを運営するルクリアモーレでは、初めてブライダルフェアに参加する方にも安心のショートステイフェアをご用意しています。

ルクリアモーレトップ

新婦様お一人やお仕事の帰りにも、ぜひお気軽にご参加ください。

初めてでも安心!ショートステイフェア

①結婚式場見学会 【所要時間:1~2時間】

スタッフの案内を受けながら、挙式や披露宴を行う結婚式場を見学できるタイプのブライダルフェア。

結婚式場を選ぶうえで一番重要なのが、この結婚式場見学会です。

ホームページやパンフレットなどで見た写真や動画から受けた印象との違いや、待合室や控室の広さを体感で確認できます。

雨が降ったときの対応も確認できるので、演出に屋外の施設やスペースを使う予定の人は、結婚式当日にどのような影響があるかチェックできます。

また、見ただけでは気づきにくい段差など、バリアフリーについても実際に触れ、移動しながらチェックできるので、ゲストに体の不自由な方がいる場合などは特に念入りに確認しましょう。

 こんな方は要チェック! 
  • 新郎新婦やゲストの中に体の不自由な方がいる
  • 演出などで屋外を使う予定があるので雨の影響が気になる

②試食会 【所要時間:2~3時間】

結婚式場のシェフが手掛けた料理を、実際に食べてチェックすることができます。

フルコースの料理を全て半分の量で試食するハーフコースや、同じくフルコースの料理が一皿で少しずつ提供されるワンプレートの試食会が多いです。

フルコースの試食では別途料金が必要になる会場もありますが、通常よりも安く提供されることが多いです。料理にこだわるならしっかりチェックしたいですね。

ゲストに年配の方が多い場合は、味が濃くないか、硬くて噛むのが大変ではないかなど、ゲストに配慮した料理か意識しながら試食しましょう。

ブライダルフェアの試食の量は一食分?結婚式会場見学で恥をかかないマナー

 こんな方は要チェック! 
  • ゲストへのおもてなしとして、料理に力を入れたい
  • ゲストに年配の方が多い

③モデルによる模擬挙式への参列 【所要時間:2~3時間】

こちらは新郎新婦に扮したモデルさんの挙式へ、ゲストとして参列するスタイル。

挙式全体の流れをチェックできるので、説明を受けた時には気がつかなかった問題点や、想像と違った動きなどのポイントを発見できます。

ゲストからの見え方もわかるので、式を挙げる自分たちが参列者からどう見えるかしっかりチェックしましょう。

 こんな方は要チェック! 
  • 自分たちがゲストからどう見えるかチェックしたい
  • 挙式の流れを実際に見て、想像しにくかったポイントを理解したい

④演出体験会 【所要時間:2~3時間】

結婚式の演出はブーケトスやフラワーシャワーなど、結婚式の定番の演出から最新の演出、会場が得意とする演出などを実際に体験できます。

どんな演出も、壁紙や照明を含めた「会場全体の雰囲気」との調和で印象が少しずつ変わるもの。

音楽を流す時はスピーカーなどの設備や会場の作りによっても聞こえ方が変わりますから、目と耳をしっかり使ってチェックしましょう。

最新・独自の演出は調べても資料や体験談が少ないので、自分で確認できる体験会は貴重なチャンスです。

 こんな方は要チェック! 
  • 最新の演出を取り入れる前に見て確認したい
  • 音楽やライトを使った演出にこだわりたいので、実際の会場でイメージを掴みたい

⑤ドレスの試着会 【所要時間:2~3時間】

ドレスのラインナップの豊富さと内容、レンタル料も、結婚式場やプランによって変わります。

新郎新婦のウエディングドレスとタキシード、新婦のお色直しのドレスや和装までさまざまな衣装が必要になりますが、ラインナップが豊富というだけでは安心できません。

写真で見た衣装と実際に目で見た衣装の印象は違いますし、同じAライン、同じエンパイアラインのドレスでも、1着ずつ着心地は全く違います。

ドレスを着たときの美しさや着心地とお値段のバランスにこだわりたい方は、ぜひ参加しておきたいブライダルフェアです。

専門のスタッフが確認とアドバイスをしてくれるので、自分一人で悩むよりもずっと効率的に、お似合いのドレスが選べます!

何着か着替えている間に少し体力を使いやすいので、体調に気をつけながら参加してください。

 こんな方は要チェック! 
  • ドレスの着心地や着たときの印象を見ておきたい
  • 専門のスタッフの意見を聞きながらドレスを確認したい

⑥ウエディングプランナーとの相談会 【所要時間:1~2時間】

結婚式の準備は、考えることがたくさん。

  • 予算
  • 日程
  • 招待状
  • ドレス選び
  • 挙式会場選び
  • 披露宴会場選び
  • 料理
  • 演出
  • ゲストの送迎
  • 引き出物

などなど、悩みの種は尽きません。

その悩みを解消しようとブライダルフェアに参加しても、新しく気になるポイントや相談したいこと、ブライダルフェアでもチェックできなかったポイントなど、プロに相談したいことはたくさんあります。

しかしほとんどのブライダルフェアの最後には、ウエディングプランナーさんとの相談会が開催されるので安心です。

参加者がたくさんいる相談会でも、個室や仕切りの中で個別に相談をするのでプライバシーの面でも安心して相談できます。

「みんなプロなのは分かっているけど、どうしても男性には相談しにくい」

という場合も、女性のウエディングプランナーさんを指定して相談できることがほとんどなので遠慮せずに頼んでみましょう。

 こんな方は要チェック! 
  • ブライダルフェアでチェックできる内容以外にも確認したいことがある
  • ブライダルフェアで気になったポイントについてその場で相談したい

ブライダルフェアでチェックすべきポイント

ブライダルフェアの種類ごとのチェックポイントをご紹介しましたが、ほかにもどんなブライダルフェアでも絶対に確認すべきポイントをご紹介します。

会場の設備

ブライダルフェアでのチェックポイントの中で、ここが一番大切です。

喫煙するゲストが多いときは、披露宴会場が喫煙か禁煙か、会場内が禁煙の場合は喫煙室があるかチェックしておきましょう。

ほかにも乳幼児のいるゲストに対応できるトイレなどの設備や、バリアフリー対応のスロープなどの設備があるかも必ず確認しましょう。

ブーケや装飾の花の色使いやディテール

ブライダルフェアに参加すると、ブーケや装飾の花なども見られることが多いです。

できるだけ写真を撮り、自分の好みやドレスに合う色使いや、ディテールが確認できる写真を残しましょう。

予算などの都合で違う花を使うことになっても、写真があれば色やディテールのイメージを正確にスタッフさんに伝えることができます。

結婚式場の立地や交通の便が良いか

立地や交通の便の良さは、結婚式場を選ぶのに大切なポイント。

電車やバスなどではアクセスしにくい立地の場合は、送迎バスの手配が必要になることもあります。

車で来場するゲストが多い時は、駐車場の規模も確認しておきましょう。

スタッフの対応もしっかり確認!

結婚式場のスタッフの中でも、より対応が良く、洗練されたスタッフがいる式場ではゲストにも満足してもらいやすいです。

ほかにもウエディングプランナーさんによって、個人的な相性や理想とする結婚式のスタイルが得意かどうかが違うので、自分たちの結婚式の準備にぴったりなプランナーさんを探してください。

ブライダルフェアはほとんどが無料で参加できる!

ブライダルフェアはスタイルもさまざま、所要時間だってフェアによって違います。

そうなると、参加費がかかるのか気になりますよね。

しかしご安心ください。結婚式場見学会とウエディングプランナーさんとの相談会はもちろん、

  • 試食会
  • モデルによる模擬挙式への参列
  • 演出体験会
  • ドレスの試着会

など、ほとんどのブライダルフェアは参加費が無料。

複数のブライダルフェアに参加しても、お金の面で負担になることはありません。

ただし、フルコースの試食会では参加費がかかるケースや他にもホテルが会場で、宿泊体験のあるブライダルフェアは参加費がかかることがあります。

もちろん参加費がかかるブライダルフェアは、申し込む前にスタッフがきちんと伝えてくれますので安心してください。

ブライダルフェアの参加には予約が必要?

ブライダルフェアは飛び入りで参加できるものと、予約が必要になるものに分かれます。

当日予約が可能なこともありますが、大人気のブライダルフェアは1週間前には予約が埋まって締め切ってしまうことも。

結婚式場見学会や相談会は当日予約できることも多いですが、試食会などは食材の準備が必要なので1週間以上前に予約をしておきましょう。

ブライダルフェアで素敵なおもてなしを受けるには早めの予約が有効

ブライダルフェアで受けられるおもてなしの内容は、スタッフがしっかり準備しやすければより良質なものにできます。

以下の3つのポイントを参考に、予約するタイミングやブライダルフェアに参加する日を考えてみましょう。

試食の料理や参加特典のギフトは人数の把握が必須

試食会の時は会場側も席や食材の用意があるので、事前予約は必須です。

それ以外の場合も予約人数が分かっていれば、ブライダルフェア参加特典のギフトを全員分用意できます。

参加する側も早めに予定を立てることができるので、早め早めの予約がおすすめです。

同じ会場、同じ日に開催されるブライダルフェアの特典内容との違いもチェック

ブライダルフェアの特典内容は、フェアごとに違いがあります。

同じ会場の別のフェアの特典と間違えて渡されてしまうケースも稀にあるので、間違い防止のためにも事前に簡単に確認しておきましょう。

平日の夜や日曜の夜、仏滅・赤口の日など、参加者が少ない日はスタッフにも余裕がある

平日の夜や日曜の夜は仕事などの都合もあり、フェアに参加できない人が多いので、フェア全体の参加者は少なくなります。

また仏滅・赤口の日に結婚式を挙げるのは不吉として避ける人が多く、結婚式の検討、準備の段階であるブライダルフェアへの参加も避ける人がいるのでこちらも参加者が少なくなりやすいです。

ブライダルフェアの参加者が少ない時はスタッフも時間に余裕があり、一人ひとりの参加者に時間をかけて対応ができます。

またフェアの内容にもよりますが、ウエディングプランナーさんとの相談もゆっくりできることが多いのは大きなメリットです。

ブライダルフェアの予約方法を画像付きで解説!

当サイトを運営するルクリアモーレでも、もちろんブライダルフェアをご用意しています。

ここでは「初めてでも安心!ショートステイフェア」のご予約の方法を画像つきでご紹介しますので、参考にしながらぜひご予約ください!

Step1. Le Crit Amore(ルクリアモーレ)トップページにアクセス

トップからブライダルフェアのページへ移動

Le Crit Amore(ルクリアモーレ)のトップページにアクセスして、上部メニューからブライダルフェアを選ぶか、こちらのリンクからブライダルフェアのページを開きます。

ブライダルフェア|Le Crit Amore(ルクリアモーレ)

Step2. 参加したいブライダルフェアを選ぶ

ショートステイフェアの予約画面へ移動

下にスクロールして、ブライダルフェア一覧から参加したいブライダルフェアを選んでください。内容を確認して「フェア・相談予約」のボタンをクリック。

ここでは「初めてでも安心!ショートステイフェア」の「フェア・相談予約」をクリックします。

Step3. 希望する会場を選択

ショートステイフェアの会場一覧

すでに会場が決まっている場合は、該当する会場を選び、まだ会場を決めていない場合には気になる会場を選んでください。

Step4. 来館希望日、お名前、ご連絡先などの必要事項を記入

ショートステイフェアの予約入力欄

必須項目をすべて入力したら「確認画面へ>」で内容を確認して、「送信>」をクリックします。これでLe Crit Amore(ルクリアモーレ)でのブライダルフェアの申込みは完了です。

コンシェルジュデスクより折返しのご連絡がありますので、そこで内容を再度ご確認頂いてご予約の確定となります。

ブライダルフェアの服装や持ち物に決まりはあるの?

ブライダルフェアは基本的に、持ち物の指定や決まったドレスコードはありません。

スタッフに確認は必要ですが、カメラで撮影などをしておけば、あとから会場の雰囲気などを見直すことができたり、他の会場との比較検討などに使えます。

またブライダルフェア当日に持っていくと役立つものの例を以下にまとめたので、参考にしてください。

○持っていくと役に立つもの

  • メモ、ペンなどの筆記用具
  • カメラ
  • 見積書などを保管できるカバン、バインダーなど

ブライダルフェアに着ていく服装についてはこちらの記事で詳しくご紹介しているので、合わせてご覧ください。

ブライダルフェアに行くときの服装は結婚式会場によって決まりがあるってホント?

まとめ

ブライダルフェアは、開催されるフェアの種類によってチェックできるポイントが違います。

そのため、結婚式場の検討を始めたばかりという方は最初の検討材料集めとして結婚式場見学会、デートをかねて結婚式場の雰囲気を見たい方は試食会というように、自分が確認したいポイントを整理した上で参加するブライダルフェアを選びましょう。

ブライダルフェアの最大のメリットは、実際の会場で設備やアイテムを見たり触れたりして自分の目で確認できること。

気になるポイントや自分の理想像が分かってくるので、結婚式場の比較基準や譲れないポイントを考えるために、結婚を意識し始めたらぜひ参加してみてください。

Le Crit Amore(ルクリアモーレ)のブライダルフェアでは、今回ご紹介した「初めてでも安心!ショートステイフェア」以外にも、お見積り相談フェアなど複数のブライダルフェアをご用意しています。

ブライダルフェアのページから、ルクリアモーレのブライダルフェアの一覧が見られますのでぜひ参考にしてください。

ブライダルフェア・相談会 | 格安結婚式・挙式 ルクリアモーレ

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!