ブライダルフェアの3つの選び方!試食目当てもOK?

結婚式を予定しているカップルであれば、誰もがブライダルフェアの存在は気になるのではないでしょうか。お得な特典がつき、試食もできて、無料で参加できるとなれば、心惹かれますよね。

結婚式予定の方必見!今回は、ブライダルフェアの選び方を中心にご紹介します。

ブライダルフェアの3つの選び方

①結婚情報紙・結婚情報サイトで掲載されているブライダルフェアから選ぶ

ブライダルフェアは、結婚式場の見学や結婚式についての相談の場となるイベントです。

結婚式を検討しているカップルを対象に結婚式場が主催し、試食会や模擬挙式への参列、ドレスの試着会など、さまざまな内容のブライダルフェアがあります。

初めてブライダルフェアに参加する時期は、結婚を意識し始めた頃ぐらい、とも言われています。

ブライダルフェアの種類についての関連記事はコチラ↓

ブライダルフェアとはいったい何?フェアの種類と予約方法をご紹介!

ブライダルフェアとはいったい何?フェアの種類と予約方法をご紹介!

結婚情報誌や結婚情報サイトでは、一年中ブライダルフェアが紹介されています。

ブライダルフェアに行く方の多くが、結婚情報誌や結婚情報サイトに掲載されているブライダルフェアより選んでいます。

ブライダルフェアの内容や情報については、情報元となる出版社や運営会社により個性があるため、複数の情報源からお気に入りのブライダルフェアを見つけるのがおすすめです。

【有名な結婚情報誌】

ゼクシィ リクルートが1993年から発行している結婚情報誌の草分け的存在。毎月下旬に発行。長くテレビCMも放映されており、老若男女問わず知っている方が多い。
25ansウェディング 女性誌「25ans(ヴァンサンカン)」のウェディングバージョン。人気モデルの花嫁姿やブランドドレスの紹介を含み、トレンド感満載で読み応え抜群。シャンプー・トリートメントの付録が付いたものも。
CLASSY.WEDDING 女性誌「CLASSY(クラッシィ)」のウェディングバージョン。「アラサー女子」向けに結婚指輪やドレス、最高のウェディングを実現するための美容情報を発信している。
日本の結婚式 神前式・神社結婚式の専門誌。和婚を体験した先輩カップルの実例レポートやオススメ神社など、幅広い視点で紹介。和婚ならではのしきたりやマナーも掲載されているため、和婚に関する情報を網羅できる。
コンパルウェディング 京阪神の主要書店で発売されているウェディング情報誌。結婚式の段取り、こだわり会場に始まり、結婚式予算かけどころ&削りどころジャッジシートなど、紙媒体ならではの付録も魅力。

【有名な結婚情報サイト】

  • ゼクシィ
  • みんなのウェディング
  • マイナビウェディング
  • Hanayume(ハナユメ)
  • Wedding Park(ウェディングパーク)
  • Le Crit(ルクリ)

結婚式場を検討している最中に、既に結婚式を挙げた友人や、これから結婚式を挙げる友人と、「どこでフェア予約した?」などと話題に上がる機会もあることでしょう。親しい友人が利用している結婚情報誌や結婚情報サイトなら安心感が持てますよね。

でも、友人との会話で結婚式費用の話題は話しづらいですよね。分かりやすい料金プランの提示があり、かつ高評価のブライダルフェアを選びたいですよね。

そんな方におすすめするのは、自分らしさを大事にシンプルウェディングができる「ルクリアモーレ」のブライダルフェアです。今注目の家族だけで挙げる結婚式や、少人数での結婚式といったウェディングニーズにも対応しています。

リーズナブルで高品質な私らしい結婚式なら「ルクリアモーレ」

②エリア名などのお好みのキーワードでネット検索する

有名な結婚情報サイトに頼らず、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに、お好みのキーワードを入力して、検索しながら探すのもよいでしょう。

「ブライダルフェア×(挙式をしたい)エリア名」など、複数のキーワードで検索をすると、会場の公式ホームページが見つかるはずです。

ただし、大手結婚情報サイトのブライダルフェアよりフェアに申し込むケースと、会場の公式ホームページを経由してフェアを申し込むケースでは、フェアの特典をはじめ、プランの内容や、ドレス・挙式の割引額などが違うこともあるため、比較検討した上で、フェア予約するようにしましょう。

③オンラインで参加できるブライダルフェアを探す

今は、「ブライダルフェアに行きたいけど、わざわざ外出はちょっと…」と思われる人も多いはず。

最近では、オンラインで参加できるブライダルフェアも増えています。

オンラインのブライダルフェアであれば、自宅のパソコンやスマートフォンなどから、会場見学や結婚式における相談が気軽にできます。

試食やドレス試着などはできないものの、会場案内・演出案内、ドレスの紹介、相談会など、結婚式場選びで重要となる最低限の情報は得ることができます。

また、対面で参加するブライダルフェアよりも所要時間が短く、気軽に参加することができるのも魅力です。画面上での会話となるため、服装に気遣う必要もありません。

なお、オンラインのブライダルフェアにおいては、【ブライダルフェア】と表現をしていないところもあります。【結婚式×オンライン相談会】など、幅広いキーワードで検索してみるとよいでしょう。

ルクリアモーレでも、オンラインのブライダルフェア相談会に参加することができます。

WEB相談カウンター|来店不要!PCやスマホがあれば自宅でラクラク相談会

ブライダルフェアは、どれくらい参加するもの?

見学する結婚式場は多すぎても迷うし、少なすぎても後悔するかも…と、どれくらいの見学数が適正なのか知りたいですよね。

ブライダルフェアに行った先輩カップルの平均的な会場数は3会場です。

3会場を目安にブライダルフェアを選ぶことで、後悔や失敗の少ない結婚式場選びができるでしょう。

ブライダルフェアの理想的な回数についてはこちらの記事もぜひご覧ください。

ブライダルフェアの参加回数は何回が理想?みんなどのくらい行くの?

ブライダルフェアは全国で何百・何千もの会場で開催されています。

たくさんのブライダルフェアの中から3つほどの会場を選ぶのは大変ですよね。

そんな方に、ブライダルフェアを絞りこむ上でのポイントをご紹介いたします。

<ブライダルフェアを絞り込む6つのポイント>

  • ①結婚式を挙げたいエリア(例:東京駅周辺)
  • ②試食の有無(例:フレンチのハーフコースが食べられる)
  • ③ドレス試着の有無(例:ドレス試着フェアがある)
  • ④演出体験の有無(例:フラワーシャワーの演出体験ができる)
  • ⑤結婚式を検討している会場のタイプ(例:複数の会場タイプより見比べる)
  • ⑥特典(例:電子マネーギフトがもらえる)


6つのポイントの中で「いいね♡」と興味を持ったものは、「あなたのこだわりポイント」です。

こだわりたいポイントは人それぞれであるため、ふたりのこだわりたいポイントを挙げ、話し合いをした上で、ブライダルフェアを選ぶとよいでしょう。

試食目当てのブライダルフェアの参加はOK?

ブライダルフェアの中には、無料で試食ができるものもあり、中には試食を目当てに参加する方もいます。結婚式場の決め手として、会場の雰囲気やドレスの種類などだけではなく、ゲストへのおもてなしの一つとなる料理も大切なポイントになるため、試食が目当てであっても、基本的にはルール違反ではありません。

結婚式場は「今すぐでなくても、将来、結婚式を予定しているカップル」もブライダルフェア参加者の対象となります。結婚式のイメージを膨らませるために、足を運ぶというのは全く問題ないのです。

例えば、無料で試食もできるからと、婚約前にデート感覚で参加するといった場合にも、「将来、結婚式を考えているため見学に来ました」と誠意を持って伝えることで、会場担当者も、親身に相談に乗ってくれることでしょう。

結婚式を検討の方であれば、誰でも参加することができますが、ブライダルフェアに参加する以上、試食だけして、急いで退出するということはせず、会場や他のお客様に迷惑がかからないよう、最低限のマナーは守りましょう。

まとめ

ブライダルフェアは、結婚式情報誌や結婚情報サイト、ネット検索で調べることが基本です。

昨今では、結婚式場に足を運ばなくとも、オンライン相談会で気軽に参加できるところも増えてきました。いそがしくて見学をする時間が取れない方や、遠距離恋愛をしている方などにもおすすめです。

数多くのブライダルフェアより、複数の会場を絞り込むのはとても大変です。

6つのポイントを元に、おふたりのこだわりに合わせて、会場を絞っていくと良いでしょう。

特典内容で決めるのも一つですが、あくまで「結婚式場の下見」であるため、本来の目的を見失わないよう、自分にぴったりな会場を見つけ、憧れのウェディングを叶えましょう♡

  • 素敵なチャペルで挙式をしたい!
  • アクセスの良い会場がいい!
  • ゲストも自分たちも満足できる内容で!
  • しっかりした設備やサービスがいい!!

ルクリアモーレが、おふたりの理想の結婚式を叶えます。

通常、結婚式にかかる費用の標準は176万円程度。
ルクリアモーレなら、4つの割引で最大132万円OFF。
選べるチャペルと結婚式場ならではの設備、料理、おもてなし。

準備機関は最短1か月。まずはお気軽にお問い合わせください。