挙式と披露宴の違いとは?【結婚式の素朴な疑問】

挙式と披露宴の違いとは?【結婚式の素朴な疑問】

結婚を意識した方なら、「結婚式」だけでなく「挙式」や「披露宴」という言葉を聞いたことはありますよね?

結婚式に関する話題では必ずと言っていいほど一緒に聞く言葉です。

でも、実はこれらの違いをあまりよくわかっていない、という方も多いのでは?

今回はそんな方のために挙式と披露宴の違いをまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

挙式と披露宴の違いとは?

結婚式とは?

そもそも結婚式とは「結婚」という婚姻契約をするための「儀式」を指します。

現在では婚姻届けを役所に出すことで婚姻契約自体は事務的にできてしまいますが、それとは別に互いを想い一緒にいるということを誓う「儀式」としての形を残したものが「結婚式」と言えます。

ちなみに「儀式」というだけあって宗教の影響を色濃く受けたものが多く、神前式や仏前式、キリスト教式や人前式といった多くのパターンが存在します。

①神前式

日本古来の神道に基づいたスタイルです。

基本的には神社で行いますが、近年ではホテルや専門の式場に専用の神殿が用意されている場合もあります。

白無垢などの豪華な和装を着ることができるのがポイント。

②仏前式

仏教に基づく結婚式です。

仏様とご先祖様に誓う式で、現世だけでなく来世の縁も誓い合うという点がロマンティックとの評判。

仏壇があれば僧侶を呼んで自宅でも式が可能など、独特ながら魅力も多い式です。

③キリスト教式

宗派によって細かな違いはありますが、ウェディングドレスを着ながらバージンロードを歩き、多くの人に見守られつつ式を挙げられるのが魅力のスタイルです。

宗教色が強く、特にカトリックは条件も厳しめなので、カトリックの信者でなければ式を挙げること自体ができません。

逆にプロテスタントは比較的縛りが緩く、信者でなくとも式を挙げることができるため日本人の場合大半がこのプロテスタント式になります。

④人前式

宗教色がなく、参列した知人、友人の前で愛を誓う儀式となります。

古来の決まったスタイルがないので縛りがほとんどなく、自分たち好みのオリジナル結婚式を作れるのが魅力的な式です。

現実的な面では費用も調整がききやすいという一面もあります。

挙式とは?

挙式とは字のとおり「式」を「挙げる」ことを指す言葉です。

この「式」とは当然結婚式のこと。つまり「結婚式を挙げること」そのものを指す言葉が「挙式」というわけですね。

披露宴とは?

披露宴とは「結婚披露宴」とも言い「結婚」したことを知人に「披露」する「宴」のことです。

豪華な料理を出して知人、友人に二人が結婚したことをお披露目するのが目的の宴会のことで、多くの人に結婚したことを報告する場、ということになります。

昔はこの報告までが終わった時点で婚姻関係が成立したとみなされていたそうです。

挙式と披露宴の違いは?

挙式は結婚式を挙げること、披露宴は結婚式の後の宴会のこと。

このように、言葉の意味を考えてみると「挙式」と「披露宴」は全く別の言葉であることがわかるかと思います。

しかし、全く違う言葉がなぜ混同されるようなことになったのでしょうか?

全く違うのになぜ混同されるの?

上で説明したように、「結婚式」「挙式」「披露宴」は結婚に関する言葉ではあるもののまったく別の言葉です。

関連性をまとめてしまうと、「結婚式」を挙げることを「挙式」といい、その後に行われる結婚を報告する宴会が「披露宴」であるということになります。

時代によって言葉の使い方が変わっていく例があるように、最近ではこの三つの言葉も違う意味で使われることが多くなっています。

どういうことかというと、「挙式」が本来結婚式と呼ばれていた儀式部分を指し、「結婚式」が披露宴と結婚式を全てまとめて呼ぶときの名前として使われているようです。

「結婚式」=「挙式」+「披露宴」

と書くと伝わりやすいでしょうか?

実際にインターネットで検索をかけてみても、ほぼ全てのサイトがこちらの使い方で表記しています。

そのため、現在では「挙式は儀式のこと」という認識で使っても問題はありません。

挙式や披露宴を行う意味

挙式や披露宴が、呼び方が変わったとしても儀式や慣例としてその形を残し続けたのはなぜなのでしょうか?

挙式は二人の関係にけじめをつける、結婚したことに対しての実感を得るといった、契約だけでなく心の中でも一つの区切りをつけることができます。

また、両親に花婿姿、花嫁姿を見せられるといった親孝行の意味合いもあります。

一方、披露宴は親族や友人に結婚をお披露目する、というだけでなくお世話になった人にこれまでの感謝を伝え「これからもよろしくお願いします」という意思を伝えるという意味もあります。一種の区切りをつけるという意味では披露宴もまた、同じ大切な行事といえますね。

まとめ

挙式は婚姻関係を結ぶ儀式のことを、披露宴はその後に結婚を報告する披露宴のことを指します。

冠婚葬祭とは、人生の節目に区切りをつけるものです。結婚式という行事が受け継がれ残り続けた理由は、人生の大切な節目に心機一転して頑張っていく、という大きな区切りを大切にしていたからかもしれませんね。

しかし、昨今では費用や日程など、やむを得ない事情で結婚式自体を諦めてしまう、といったお話を聞くこともあります。

ルクリアモーレはそんな日程や費用の都合などで挙式をあきらめてしまう方やシンプルに結婚式を挙げたい方のためにうまれた、リーズナブルに結婚式が挙げられるサービスです。

そのため、ルクリアモーレでは披露宴を含んだ盛大な結婚式だけでなく、予算や人数に応じた挙式に対応できる幅広いプランをご用意しています。

一生に一度の思い出のために、ぜひルクリアモーレで結婚式を挙げてみてはいかがでしょうか?

最短1ヶ月からの「お急ぎ婚」もOK!